今から太陽光発電を導入しても損をしない、業者に騙されない方法は?

私は不動産投資家で、自宅の一軒家と所有するマンションに太陽光発電の導入を検討しました。

石橋を何度も叩いて渡る性格なので、今までの投資でも成功をしてきたと思います。今回の太陽光発電の設置においても書籍やインターネット、先に導入をしていた知人の話しなどを何度も聞いてリサーチしました
ここでは、その私の経験に基づく太陽光発電で失敗しない方法について説明しています。

太陽光発電メリットデメリット



心の奥底では、太陽光発電はもう儲からない・・・と思っていませんか?

確かに売電価格の下落や国からの助成金停止という状況を聞くと、儲からないと思ってしまうかもしれません。

実際に営業マンの言う事を鵜呑みにして、損をしている方もいます。
(このように情報を調べて、本当に損をしないのか?儲かるのか?を冷静に見極めようとしているあなたはすでに次元が違うのですが・・・)

しかし、損しかしない投資はありえません。かならず儲かる抜け道があります。

投資なのでかならずリスクが付きまといます。
そのリスクを最小限にし、損をしない方法について紹介していきます。

太陽光発電で損する事もある?デメリットは?

太陽光発電の売電ばかりに注目されていて、「儲かるもの」というイメージが独り歩きしているように感じます。

もちろんメリットもありますが、当然、太陽光発電にはデメリットもあります

悪徳業者ほど、太陽光発電のデメリットをきちんと説明しない傾向にあります。

そこで、悪徳業者に騙されない為にもまずは太陽光発電のデメリットについて紹介していきます。デメリットと合わせて、私自身が注意している対策も紹介するので導入するかの判断材料に使ってください

夜は発電が出来ない

発電量が不安定

メンテナンス費用がかかる【保証期間外の場合】

積雪や鳥の糞などで発電量が減る

設置費用として100万円以上はかかる

台風や塩害などの自然災害の影響を受ける

反射光で近隣に迷惑をかける事がある

景観が乱れる

太陽光発電の重みが家屋に加わる

電磁波の影響に注意が必要

屋根の大きさで設置できるパネルが決まる

ずさんな工事によって雨漏りリスクがある

業者が倒産して保証が受けられなくなる

売電価格が下がる

出力抑制による売電量の減少

売電中止になるリスクがある

シミュレーションが甘いと赤字となる


夜は発電が出来ない

太陽光発電は、日が沈んだ後は発電出来ません
非常時のバックアップ電源として利用する場合も、日中のみの使用になります。

夜も太陽光で作った電気を使いたいと思ったら、蓄電池を導入する必要があります。

発電量が不安定

雨の日や曇りの日は、全く発電しないことはありませんが、晴れの日と比較すると、次のように発電量は落ちてしまいます

・雨の日・・・・晴天の1/5~1/20の発電量
・曇りの日・・・晴天の1/3~1/10の発電量

また、季節による変動も大きいため、毎月決まった金額の収入が得られるわけではありません。

【対策】

太陽光発電は、時間や天候、季節によって日射量が変わるため、まずはNEDOのデータベースを利用して自分の地域の日射量を確認し、発電量をシミュレーションすることが大切です。

通常、業者が出してくれるシミュレーションが実際の発電量を大きく下回ることはほぼありませんが、日射量データを無視して、365日晴天であることを前提に試算するような悪徳業者もいますので気をつけましょう

メンテナンス費用がかかる【保証期間外の場合】

太陽光発電はメンテナンスがほとんど必要ないと言われていますが、それはパネル部分の事です。

パネルの寿命が約30年に対して、最も壊れやすいパワコンは10年前後で寿命を迎えると言われています。
ほとんどのメーカーが保証期間を10年としているため、その期間が過ぎたら修理費などのメンテナンス費用が掛かってきます。

【対策】

周辺機器ごとに寿命を調べてメンテナンス費用を含んだシミュレーションをしておき、修理費を積み立てておきましょう

積雪や鳥の糞などで発電量が減る

積雪や鳥の糞など、パネルを覆うものがあると発電量は落ちてしまいます

特に鳥の糞や落ち葉によって一部分のみ長時間遮光してしまうと、その部分が発熱して破損することもあります。

また、南面に新しく高い建物が建ったり、木が成長してパネルに影が掛かってしまうと、当初予定していた発電量を確保できなくなります。

【対策】

発電を阻害する影は出来るだけ取り除きましょう
しかし屋根の上に上るのは大変危険です。自分で対応することが難しい場合は業者に依頼した方が良いですね。

また、周囲に空き地や古い家屋がある場合、将来高い建物が建つ可能性があります。
土地の用途を事前に調べておきましょう。

設置費用として100万円以上はかかる

太陽光パネルの本体価格は随分と下がりましたが、周辺機器や設置工事費を含めた総額で考えると、100万円以上掛かることが多く、まだまだ高額です。

【対策】

工事費などはパネルの枚数にかかわらず掛かってきますので、費用対効果を追求するのなら、規模を大きくしたり、一つ一つの機器の価格を安くしてもらう交渉が必要です。

補助金が出る自治体もありますので、事前に調べておきましょう。
また、見積もりは1社だけでなく、複数の業者から相見積もり比較することが大切です。

台風や塩害などの自然災害の影響を受ける

太陽光発電システムは屋外に設置するため、どうしても自然災害の影響を受けてしまいます

太陽光パネルは、15mの高さで風速60m/秒の強風に耐えられるように設計されています。
非常に強い台風でも風速54m/秒なので、施工に問題がない限り風で飛んでいてしまう事はありません。
しかし、物が飛んできてぶつかった場合は、故障することもあります。
台風の他にも、塩害、竜巻、雹など、最近の異常気象を考えると、心配は尽きません。

【対策】

全ての自然災害に適用されるわけではありませんが、「自然災害補償」でカバーできる災害もあります。
対象となる災害が頻発する地域にお住まいなら、加入を検討しましょう。

反射光で近隣に迷惑をかける事がある

ソーラーパネルに当った反射光が近隣住民に迷惑を掛けてしまう事があります。
実際に反射光が原因で裁判になった事例もありますので、設置する時は細心の注意を払う必要があります。

【対策】

設置をする際に、角度や向きに注意をするようにしましょう。
また、相手側の窓にフィルムなどを取り付けるなど、誠意を見せることも大切です。

景観が乱れる

太陽光パネルは黒っぽい色をしていますので、屋根の色とマッチしない場合、景観が乱れてしまいます。
全く気にしない方もおられますが、注文住宅などで屋根の色にもこだわった方には、気になる点ではないでしょうか。

【対策】

新築住宅に設置する場合は、屋根一体型で目立たないタイプのパネルが販売されているので、検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電の重みが家屋に加わる

太陽光パネルは全部で300kg~400kgくらいの重量になります。

新築住宅なら問題はありませんが、古い住宅の場合、屋根の構造がこの重さに耐えられないケースがあります。
その場合、屋根の葺き替えや補強工事をしなければならず、初期費用がさらに高額になってしまいます。

【対策】

業者の訪問時に荷重に耐えられるか計算してもらい、耐えられない場合の補強工事がどのくらい掛かるのか、その分も含めて元を取るまでに何年掛かるのかをしっかり確認する必要があります。

電磁波の影響に注意が必要

電磁波が体に害を及ぼすという証拠はありませんが、「電磁波過敏症」と呼ばれる体調不良を起こす人もいます。

太陽光発電システムからの電磁波は、
・ソーラーパネル … 83ミリガウス(20cm離れた位置で計測)
・パワーコンディショナー … 75ミリガウス(30cm離れた場所で計測)

一方、家の中にある家電は、
・電子レンジ … 80ミリガウス(50cm離れた位置で計測)
・ホットカーペット … 300ミリガウス(0cmの距離で計測)

いつも使っている家電の方がより大量の電磁波を発しています。
ですから、太陽光発電の電磁波だけを気にするのもどうかと思います。

【対策】

それでも気になる方は、パワコンを置く場所を考えたり、モニターなどは有線にしましょう。

屋根の大きさで設置できるパネルが決まる

屋根面積が狭かったり、屋根の形状が複雑な場合、設置できるパネルの数が少なくなるため、発電量も少なくなってしまいます。

【対策】

パネルの枚数が少なくても、パワコンや工事費などは普通に掛かりますので、採算が取れないと判断したら導入は見送るべきです。

ずさんな工事によって雨漏りリスクがある

太陽光発電は屋根に穴を空けて設置するため、経験の少ない業者だと防水シートに傷を付けてしまい、最悪の場合、雨漏りが起こってしまう事があります

また、ずさんな工事を行う事によって価格を下げる悪徳業者も増えています。
雨漏りは徐々に家屋に浸食するため、気が付いた時には被害が大きくなっていることもあります。

【対策】

経験豊富で信頼できる業者に依頼しましょう。
また、施工保険に加入しているかどうかの確認も必要です。

業者が倒産して保証が受けられなくなる

太陽光発電は設置して終わりではありません。
販売店とは10年20年とお付き合いをしていく大切なパートナーです。
販売店が倒産してしまうと、工事に瑕疵があった場合に保証が受けられませんし、メンテナンスもしてもらえなくなります。

もっと深刻なのは、太陽光発電のメーカーが倒産してしまう事です。
保証期間内に故障しても無償で修理してもらえませんし、部品も入手できなくなります。

【対策】

業者を選ぶ時は、経営状況や経歴をきちんとチェックしましょう。
また、安いことも大切ですが、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう

売電価格が下がる

売電価格は下がっていく一方で、今後上昇することは無いでしょう。
10年間固定買取制度もいつ無くなるか分かりません。

【対策】

儲かるか儲からないかシミュレーションしてみて、儲からないのなら、導入しなくても良いでしょう
儲かるのなら、売電価格下がる前、早めの導入がおススメです。

出力抑制による売電量の減少

出力抑制とは、電気の供給が需要を大きく上回った際に、電力会社側が太陽光発電の電気を買い取らなくてもよくなる制度です。

抑制された期間は余剰電力を売電に回すことが出来ません。

【対策】

全ての太陽光発電が一斉に制御されるわけではなく、大規模な発電所から制御されます。
一般家庭の場合は心配する必要はありません
それでも心配なら、蓄電池と併用すると良いでしょう。

売電中止になるリスクがある

2014年9月末から、九州電力・関西電力・北海道電力・東北電力・四国電力の5社が、「再生可能エネルギー」の新規買取を中止すると発表しました。
(今ではごく限られた条件を除いて買取しています。)
そのこともあって、電力会社の都合で売電が中止になるのでは?というリスクが付きまとうようになりました。

【対策】

買取中止の対象となったのはいずれも10kW以上の設備で、一般家庭はほとんど当てはまりません
心配する必要は無いでしょう。

シミュレーションが甘いと赤字となる

甘めのシミュレーション結果を出して、無理やり販売しようとする悪徳業者がいます。
当然シミュレーション通りに発電せず、赤字になることもあります。

【対策】

業者の見積もりは甘いシミュレーションであると認識をしておきましょう
複数の業者に見積もりを取り、出されるデータを比べてみましょう。


このように太陽光発電はデメリットもあるので、しっかりとした対策をとる事が重要です。

事前にシミュレーションをして、儲からないと判断できるのであれば無理に導入する必要はありません。

儲かる場合だけ、導入をすればいいのです

太陽光発電は得?メリットはあるの?

次に、太陽光発電のメリットについて紹介します。

光熱費を抑える事ができる

余った電気は売電できる

雨の日や曇りの日でも発電できる

非常用電源として災害時に使用できる

2階のエアコン代が節約できる

蓄電池と併用するとさらにお得

家族の節電意識が高くなる

環境に対する意識が高まり社会貢献に繋がる


光熱費を抑える事ができる

日中は太陽光で発電した電力を使用するのでその分の電気代が安くなります

どのくらいの節約になるのかは、在宅率やエアコンの使用率などで大きく変わってくるので、「一概に○○円安くなる!」と断言はできませんが、一世帯当たりの総電気使用量や日中の発電電力から、平均をシミュレーションすると以下となります。

一般的な家庭の平均の年間電気代・・・約163,900円(約13,700円/月)

日中の発生する年間電気代・・・・・・約49,300円(約4,100円/月)

毎月の電気代が13,000円くらいなら、約4,000円の節約となります。

余った電気は売電できる

10kW未満の家庭用太陽光発電システムの場合、自宅で使って余った分を電力会社に売ることが出来ます

電力会社から買う時の価格よりも高い単価で売ることが出来るので、日中に電気の使用量が少ない家庭ほど売電収入は多くなります。

5kWのシステムで発電量の70%を売電した場合、売電量は3,802kWh。
売電単価が28円だとすると、年間の売電収入は106,456円になります。

月平均にすると約8,900円です。

電気代の節約と合わせれば、毎月の電気代はほぼ無料という事になります

雨の日や曇りの日でも発電できる

太陽光発電での発電量は天候に左右されますが、雨や曇りの日でも発電量が0ということはありません

晴れの日よりも少ないですが発電はされます。

最近は雨の日にも効率よく発電するパネルも販売されており、日射量の少ない地域で導入されていますよ。

非常用電源として災害時に使用できる

災害時でも昼間であれば電気が使えます

非常時にはパワーコンディショナーを自立運転モードに切り替えれば、最大1500Wまで電気を使用出来ます。

いざという時に、照明やテレビ・ラジオの視聴、携帯電話の充電等に利用できるので安心です。

2階のエアコン代が節約できる

ソーラーパネルを設置した真下の部屋は、夏場は直射日光をパネルが遮ってくれるため、部屋の温度の上昇が抑えられます。

反対に冬場は放射冷却が抑制されるため、部屋を暖かく保つことが出来ます。

蓄電池と併用するとさらにお得

太陽光発電と蓄電池は非常に相性が良く、蓄電池と併用することで次のような使用方法が考えられます。

・日中発電した電気を蓄電して夜使用する

深夜の安い電気を蓄電して使用し、日中発電した電気は極力売電する

売電価格が下がっても自己防衛として活用できます。

家族の節電意識が高くなる

モニターに電気の発電量、使用量が表示され「見える化」することで、家族の節電意識が高まります

電気使用量が下がれば、さらに節約効果が高まります。

環境に対する意識が高まり社会貢献に繋がる

エネルギー自給率の低い日本は海外からの化石燃料に頼っていますが、環境に大きな負荷を掛けています。

二酸化炭素を排出しないクリーンな太陽光発電は、環境に対する意識を高め、社会貢献に繋がるのです。


色々なメリットがありますが、太陽光発電を導入するにあたっての一番のメリットは「売電で毎月収入が得られる事」「光熱費の削減が出来る事」が大きいのですね。

結局2017年の太陽光発電導入は損なのか?得なのか?

結論、2017年度の太陽光発電はまだまだ得です。

ただし、全員が儲かる分けではありません!
得をする方、損をする方がいらっしゃるので、その点についても紹介していきます。

まずは、どうしてまだ得なのかを説明します。

以下が近年の売電価格の推移です。

残念ながらこの表のように売電価格は年々下落しており、導入当社の48円が最高額で年々下がって行く事が決められています。
これだけを見ると損をするとしか感じられなくなります。


平成22年(2010年)

48円(税込)

平成23年(2011年)

42円(税込)

平成24年(2012年)

42円(税込)

平成25年(2013年)

38円(税込)

平成26年(2014年)

37円(税込)

平成27年(2015年)

35円または33円(税込)

平成28年(2016年)

32円または31円(税込)

平成29年(2017年)

30円または28円(税込)

では、このような状況でもなぜ、まだ得になるのでしょうか?
その理由は3つあります。

太陽光発電の設備が安くなっている

太陽光発電が普及し始めたころは、設備一式で1kWあたり64万円もしていました。
ですが、今では1kWあたり41万円ほどまで製品価格が安くなっています。
(新設の場合は35万円ほどまで下がっています。)

10年間で240万円の売電をしたとします。(1年間で24万円の売電)
3kWの太陽光発電を150万円ほどで導入出来たとすると、90万円も得をする事になります。
(150万円は一般的な価格で、業者によっては増減します。)

今では、技術革新や大量生産によって製造コストが下がっています。
また、太陽光発電に参入する業者も増えており、コスト競争が激しく低価格で設置ができるようになっているのです。

一見すると売電価格は下がっているので太陽光発電の導入は損のようですが、実は、製品費用も安くなっているのでしっかりと見積もりをとれば、まだまだ確実に利益は出せます

太陽光発電の変換効率が改善されている

太陽光を電気に変換する効率は年々改善されており、1990年代は10%程度であった変換効率が
2017年では20%を超える太陽光発電が登場するまでに改善されています。

売電価格は下がっていても、発電効率は上がっているのです。

モジュール変換効率とセル変換効率に注意!

モジュール変換効率とは、パネルを単位とした変換効率です。一方で、セル変換効率とは太陽光パネルを構成する一つのセルを単位とした効率です。

セルの変換効率が良くても、パネル全体では効率が上がらないという事があるので注意が必要です。

特に、私たちのような一般家庭に太陽光発電を導入する場合は、モジュール変換効率が重要ですので、セル変換効率が高いという表示には注意をしてください

地域の助成金制度が整っている

国の助成金制度はなくなってしまいましたが、地域の助成金制度はまだ残っています。


地域 助成金額(1kWあたり)
長野県 2.5万円
愛知県 2.5万円
鹿児島県 3万円
香川県 5万円
鹿児島県 1.5万円
沖縄県 5万円(一律)


※助成金は市町村によって変動します

このように、助成金を利用する事でさらにお得にソーラーの導入ができるので、これもまだ得になる条件といえます。


このように、売電価格が下がってもソーラーの製品価格や地域の助成金制度があるため、まだ太陽光発電を導入してもメリットがあるという事が分かります。

ただ、全員が得をするわけではありません

損をしないためには、絶対に抑えなければいけない注意点があります。
次はそのポイントについて説明します。

2015年12月に政府の太陽光発電事業者への減税措置打ち切りの報道がありました。
これは法人税に対する内容なので、家庭用として太陽光発電の導入を検討している方には大きな問題はありません。
法人として太陽光発電事業を今後営もうと考えている方は、シミュレーションをする際に税金を含めてメリットがあるのかを注意深く検討する必要があります。

太陽光発電で損をしないためにチェックするポイント

太陽光発電で損をしない、ちゃんと儲かる仕組みを構築するためには以下のチェックポイントを必ずチェックしてください。

1. 屋根の形状

2. 太陽光発電に適した生活のライフスタイル

3. 日射時間と発電量

4. 太陽光発電の設備費用

1. 太陽光発電の設置に適した屋根の形状か?

太陽光発電を設置するには、屋根の面積や太陽光発電設備の重量に耐えられる形状でなければなりません。
また、日の光を十分に受ける事ができる向きに設置が出来るかも、損をしないための重要なポイントになります。

ここは素人では判断がつかないので、実際に業者に見積もりをとってもらうときに判断します。

屋根の形状によって向き不向きがある事を理解しておき、業者と打ち合わせをするときに問題がないのか聞きましょう。

2. 昼間に電気代を使用しない生活スタイルか?

太陽光発電なので、日中にしか発電ができません。
日中に冷房や暖房で電気を消費してしまうと売電ができず、結果として損をしてしまいます。

3. 十分な発電量を確保する事ができるのか?

太陽光発電は、太陽のエネルギーをソーラーパネルで電気エネルギーに変換して売電を行います。
気象庁が発表している数年間の日射量の統計を確認するか、忙しくて調べる時間が取れない方は業者の営業マンに統計データを出すように依頼をしましょう。

4. 太陽光発電設備の導入価格はいくらになるのか?

1kWあたり40から50万円ほどが今の一般的な設置費用です。(工事費など全て含んだ価格)
家庭用の場合は3から4kWの発電量が得られる太陽光発電を導入するのが一般的なので120万円から200万円ほどかかるものと見ておくといいでしょう。

業者に依頼した発電量のシミュレーションと、設備費用を見比べて何年で回収ができるのか?を必ずチェックしましょう。

このときに注意していただきたいのは、業者の営業マンが提示する見積もりは甘いです。
得をするように見せてくるケースが多いと言えます。

騙されないように、見積もり提示価格の9割ほどが実際の売電価格だと思って、設備費用と比較検討を行いましょう


太陽光発電業者の営業マンが絶対に教えてくれない、業者に騙されない方法

さらに、私が実際に行って180万円の太陽光発電設備が117万円、63万円も値引くことに成功したコツについて紹介します。

まずは無料の太陽光発電業者に見積を出してもらいましょう。

このときにおすすめなのが無料の一括見積です。

無料の一括見積に依頼をすることで・・・

見積もり手続きを何度もしなくていいので、時間・手間・費用がかからない

競争原理が働き設備導入費用が安くなるので、この一括見積をするだけで損をするリスクを低減できる

自宅に太陽光発電を導入する場合の相場観が分かり、だまされる可能性が低くなる



最初の無料一括見積におすすめなのがここです。

太陽光発電一括無料見積もりが出来るタイナビ

タイナビの特徴

  • 100万人以上の利用実績
  • 郵便番号と家のタイプを入力するだけの簡単超スピーディー見積もり
  • スマホからでも1分ほどで見積もり依頼可能
  • パナソニックや東芝などの大手メーカー製品なので安心
  • しつこい営業行為は一切禁止なのでさらに安心

>>タイナビの公式HPはこちら


ここで終わってしまうと、普通の比較です。それこそ他の太陽光に関するサイトと同じでしょう。

業者に騙されて損をする可能性はまだあります。

私は投資では絶対に失敗したくないタイプです。

絶対に騙されなくする方法はここから

さらに他の一括見積もりを行い、一番安く信頼できる業者を競わせるという方法です。

実は、1つの一括見積もりサイトだけだとデメリットがあります。

  • 一つの比較サイト内では、業者間である程度相場観ができているので、本気で値引きをしようとしない
  • 他の業者ではできないオリジナルサービスの提案をしてこない


つまり、業者はまだ高い料金を提案している可能性があるのです。
この部分も一切の妥協をしないため、もう一つ比較サイトを利用する事をおすすめします。

さらに比較をするのにおすすめのグリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビの特徴

  • 最大で100万円安くなるケースもあり
  • 1分でできる簡単見積もり
  • 顧客満足度93%
  • 全国で5万件以上の施工実績で安心

>>グリーンエネルギーナビの公式HPはこちら



私の他に、成功している投資仲間はみんな複数の一括見積サイトを利用して、業者に競争をさせていますね。
100万円以上値引きに成功した方もいるので、損をしたくないならおすすめです

2017年太陽光発電は損?得?|まとめ

結論、2017年の太陽光発電の設置はまだまだ利益を出せます

ただし・・・

ポイントを抑えずに、営業マンのいう事を鵜呑みにすると損をする

損をしない為には、10年間の発電量による価格と設備の価格を比較する

営業マンが提示する見込み収益は0.9をかけてリスクヘッジをする

見積もりは1サイトだけでは業者が本気で値引きやサービスを提供してこない

そのため、2サイト以上の一括見積もりを利用するのが絶対に損をしたくない方におすすめの方法



最後に・・・太陽光発電は不動産と同じで不労所得です。
あなたが何もしなくても、毎月数万円のお金が入ってきます。

注意しなければいけないのは、全員が成功するわけではない事です。
実際に私も、所有する物件のいくつかは見積もり比較を行った結果、導入を断念しました。

勢いで太陽光発電の導入を決めるのでなく、しっかりと比較検討を行い、勝てると証拠がそろった段階で施工の決断をする事が、失敗しない方法です。

何もしなくても勝手にお金が入ってくる不労所得はやぱり快感ですよ!

よりリスクを減らすなら複数の一括見積もりサイトの利用がおすすめです!

【編集後追記】太陽光発電はいつ導入すると得?

私の考えや対策に多くの反響をいただいており、感謝します。
その中で質問の多かった内容について、編集後追記として紹介していきます。

太陽光発電の導入にあたり参考にしていただければ幸いです。

(あくまで、儲かるならやる、儲からないならやらないというスタンスをおすすめします)

これから太陽光発電を導入するのなら、2017年度中(2018年3月まで)がお得だと考えます。
なぜなら、売電価格が今後下がることが分かっているからです。

2017年度の売電価格は、28円、30円。

2018年度は、26円、28円、2019年度は24円、26円。

2円ずつ下がっています

買電価格は平均で24円ですから、差額が出ている間しか儲からないのです。

ソーラーパネルの価格も下がっているので、もう少し設置費用が下がってから、と考える方もいるかもしれませんが、10年買取制度もいつまで続くか分かりません。
また、地方自治体の補助金もいつ打ち切られるか分かりません。

ですから、早ければ早い方がお得となるのです。

ただし法人の場合は、法人税減税措置が打ち切りになったため、必ずしもお得とは限りません。また、技術進歩によってさらに設備費や導入費が安くなる可能性もあります。

大事なのは、業者のシミュレーションを冷静に判断するという事です

太陽光発電の設置費用の目安とは?

太陽光発電は白物家電と違い一つ一つオーダーメイドになります。
屋根の形状や角度によって載せられるパネルの枚数も違うため、お隣と同じ値段で導入することは出来ません。

太陽光発電の設置費用はkW単価で見ていきます。
kW単価は、次の計算式で求められます。

太陽光発電の導入のためにかかるコストの総額 ÷ 発電容量

総額200万円で発電容量が5kWだった場合、kW単価は、200万円÷5=40万円 となります。

kW単価は年々下がる傾向にあり、2017年は30~40万円前後となっています。
ただし、kW単価が安ければ良いという訳ではありません。
その分性能が落ちることも考えられます。

メーカーごとの特徴をよく調べ、納得のいくものを選びましょう。

太陽光発電の売電中止とは?

売電中止は大きく報道されたこともあり、かなりのインパクトを与えました。
しかし、この言葉だけが独り歩きしてしまい、内容をよく理解しないまま太陽光発電を拒否する方が増えたのはとても残念なことです。

ここで売電中止について整理しておきたいと思います。

売電中止の影響を受ける人とは?

既に太陽光発電を導入している方ではなく、「これから始めようとしている方との契約を見送る」という発表でした。“新規”受け入れを中止したのです。

また、全ての契約を対象としているのは沖縄地区だけで、それ以外の地区では次のようになります。

・10~50kW以上の規模の大きい「産業用」太陽光発電の導入を検討している方が対象。

・10kW未満の「住宅用」の太陽光発電は対象外。

売電中止を行う電力とは?

売電中止を行ったのは、沖縄、九州、関西、北海道、四国、東北の6つの電力会社です。
それ以外の電力会社は中止していません。


全てを対象に中止

沖縄

10kW以上を中止

九州・関西・北海道・四国

50kW以上を中止

東北

中止していない

東京、中部、北陸

売電中止によって損をする人とは?

中止エリアに、これから新規に大規模設備を設置しようとしている方です。

自宅に10kW未満の設備を考えている方は、沖縄以外でしたらどのエリアに設置しても問題はありません。

売電中止は回避できる?

今後沖縄に設置しようとする方は諦めるしかありません。

北海道、関西、四国、東北電力の管轄エリアに大規模設備を考えている方は、売電中止エリア以外の場所に太陽光発電設備を設置することを検討するか、または、10kW以下の小規模な設備にすれば、回避できます。

太陽光発電業者の選び方とは?

太陽光発電で確実に収益を得るには、業者選びが非常に大切になってきます。
正確なシミュレーションを出して、きちんとした施工をしてくれる業者を選ぶには、「複数の業者から見積もりをとること」です。

1社だけで決めてしまうと、そこがどんなに信頼のおける業者でも、価格競争は起こりません。
また、売電シミュレーションの数字も複数のデータを比較することで、より正確な数値が把握できます

その上で、次のポイントを意識してみて下さい。

経営状態が良いか

導入実績はどれくらいあるのか、職人の経験は豊富か

取り扱いメーカーの正規資格を持っているか、施工保険に加入しているか

現地調査を行った上で見積もりや設計図面を提案してくれるか

デメリット部分もきちんと教えてくれるか

経営状態が良いか

どんなに良心的なアドバイスをくれても、購入後倒産してしまっては、その後のメンテナンスなどに影響が出てきます。

その業者の事務所を訪問して、活気があるかどうか目で見て確かめることをお勧めします。

導入実績はどれくらいあるのか、職人の経験は豊富か

いくら販売価格に満足できても、施工に問題があってはいけません。

太陽光発電は、屋根の素材や形状によって施工が異なってきますので、経験豊富な職人お任せできるのか、確認しましょう。

販売と施工が別の業者よりも、自社施工の業者を選んだほうが安心です。

取り扱いメーカーの正規資格を持っているか、施工保険に加入しているか

メーカーの正規資格を持っていない業者が設置した場合、何か不具合が出た時にメーカー保証が受けられません。

正規資格を持っているのか必ず確認しましょう。

また、どんなに優秀な職人でもミスをすることはあります。業者が施工保険に入っていればスムーズに修理してもらえますので、その点も確認しましょう。

現地調査を行った上で見積もりや設計図面を提案してくれるか

太陽光発電は、屋根の面積だけで発電量を予測することは出来ません。

屋根の角度や近隣に影を作るものがないかなど、現地を見て初めて見積もりや設計図面が出来るのです。

現地調査を行わない業者は論外です。

デメリット部分もきちんと教えてくれるか

分からない点があったら、どんな些細なことでも質問してみましょう。
太陽光発電はメリットも多いですが、デメリットもあります。
その点をぼかして説明する業者は信用できません。

複数の見積もり一括サイトを利用して、複数の業者に問い合わせれば、上記の事が見えてきます。

何もしなくても勝手にお金が入ってくる不労所得はやぱり快感ですよ!

よりリスクを減らすなら複数の一括見積もりサイトの利用がおすすめです!