太陽光発電を導入したはいいけれど、災害保険には入った方がいいの?

災害って実際にはどんな種類があるのか知りたい。

 

 

太陽光発電は太陽の光を集めないといけないので、
基本的に外に取り付けるものです。

外にあるということは、様々な災害にあう可能性も高いですよね。

もし大きな災害にあってしまったら、やはり災害保険が有効なのでしょうか。

損をしない為に保険に入るべきなのか悩むところです。

 

ここでは太陽光発電に起きる可能性のある災害の種類や、
災害保険の必要性についてまとめてみました。

 

太陽光発電に起こりうる災害の種類は?

Original update by:ALP

 

太陽光発電を導入したことによって起こりうる災害には、
どのような種類があるのでしょうか。

ここ近年で特に多いと思われる災害を見ていきましょう。

〇地震

日本は地震大国なので、
大きいものから小さいものまで地震に見舞われることがあります。

太陽光発電を屋根に設置している場合は性質上、
どうしても屋根は重くなります。

そこで起こりうる災害としては、
太陽光パネルが原因で家屋が倒壊するという事例です。

今のところハッキリと分かる事例は出ていませんが、
出ないとは言い切れませんよね。

一説によると、太陽光パネルを設置する際に、
屋根に架台を取り付けますが、ちょうど「枠」を設置するような形になり、
むしろ屋根の補強になっている可能性もあると言われています。

しかし、それも可能性の話です。

〇雷・落雷

屋根という高い場所に太陽光パネルを導入することで、
雷や落雷を心配する人は多いです。

今のところ太陽光パネルや太陽電池に直接、
雷が落ちたというケースは少ないです。

それでも落雷の懸念、リスクが全くないという訳ではありません。

近年に頻発する「爆弾低気圧」や「竜巻」などで、
災害になる可能性はゼロではないのです。

〇台風

日本に接近する台風の数は年々増え、
その勢力も強力になっているように感じます。

太陽光発電を屋根に設置するためには、
建築基準法により強風に対する備えがされています。

沖縄などの台風が直撃する地域では、
専用の架台などが用意されています。

それでも、絶対に安全という保障はないので、
備えは必要と考えるのが普通です。

〇火災

下記のような理由から、
太陽光発電システムによる火災が発生しています。

  • 経年劣化、初期不良、取り付け不良による出火
  • パネルと屋根の間に落ち葉や枝などが溜まっていた
  • 鳥が巣を作っていた
  • 鳥などの小動物がケーブルをかじった
  • 配線がモジュール架台等の金属部に触れたことによる放電

 

工事期間中に起こったケースや、
出火の直接的な原因が太陽光発電システムでない場合もあります。

ですが、人為的ミスやメンテナンスを、
きちんと行っていれば防げる火災も少なくありません。

 

どんな災害保険に入れば安心なの?

スポンサードリンク


太陽光発電システムを導入した時に、
最も注意しなければいけないリスクは火災です。

屋根に取り付けられている太陽光発電システムは、
建物にかかっている火災保険の補償範囲です。

ですから太陽光発電システム単体で保険に入る必要はありません。

しかし、火災保険の契約後に太陽光発電システムを付けた場合は、
建物に設定している保険金額を増やしておかないと、
補償額が足りなくなる恐れがあります。

 

多くの場合、太陽光発電システムには、
10年以上のメーカー災害補償が付いています。

主な保証は以下の通りです。

  • 製造上の不良による機械の故障などに対応する「機器保証
  • 一定の発電量を下回った時に無償で機器の交換をしてもらえる「出力保証

 

メーカーによっては保証料を追加することで期間を延ばせたり、
保証を手厚くできる場合があります。

しかし火災補償が手厚いメーカー保証は少ないのが現実です。

〇メーカーの災害補償よりも火災保険?

太陽光発電システムの中でもリスクの高い火災が、
もし起こってしまった時に損をしない為には、
火災保険にしっかり入っていることが重要です。

そもそも災害のリスクを考えれば、
太陽光発電システムだけではなく建物全体での備えが必要です。

太陽光発電のメーカー保証は、
購入時から10年」といった一定期間に限定されます。

10年以降に災害にあったとしても、
何の保証もないのでは不安になりますよね。

まずは火災保険の内容を見直した上で、
メーカーの災害補償で保障する必要があるかどうかを検討してみましょう。

 

災害保険に入らないとどんなリスクがあるの?

Original update by:のぶた

 

災害保険に入らないという場合のリスクを考えていきましょう。

太陽光発電は野外に設置する設備です。

あられ、ひょう、落雷、台風による暴風や暴雨、盗難
場合によっては水害や火災、飛来物など…。

上記のようなさまざまなリスクを抱えています。

住宅用の太陽光発電システムであれば、
通常、自宅の屋根に設置するので目が届きやすく、
盗難や水災といったリスクは考慮しなくても良いかもしれません。

しかし、10kW以上の産業用で、
夜間無人になる工場や倉庫などの屋上、野立てで設置する場合には、
さらに多くのリスクを抱えることになります。

 

また高額なローンを組み、
産業用太陽光発電に乗り出している人にとっては、
自然災害などによって発電量が減ることや、
突然のシステム故障は命取りになりかねない大きなリスクです。

日本で生活している以上、台風も地震も噴火も津波も、
あるいは火災や落雷、洪水すべてにおいて、
「絶対に起こらない」とは言い切れません。

 

太陽光発電は10年かけて元を取って、
次の10年で投資資金を2倍にする長期の投資であると考えられています。

これらの外的なリスクについても検討しておく必要があるでしょう。

それを安心・安全に使うために設けられているのが災害保険なのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

太陽光発電システムが野外に設置されるものである以上、
想像範囲を超えた災害に見舞われることはゼロではないと考えましょう。

災害保険が必要なポイントは…

  • 最も確率が高いと言われる火災保険を中心に考える
  • 家庭用よりも産業用の太陽光発電の方がリスクが高い
  • 10年、20年という長い目で活用すると考えた場合は災害保険を検討することも大切

 

災害保険に入っておけば良かった、と後で後悔しない為にも、
何が必要で何が足りないのかをよく検討しておきたいものです。