天気によって発電量が変わるのは分かるけど、場所や気候にも左右されるの?

日当たりが悪いと設置は無理なの?

 

 

太陽光発電は、天候によって大きく発電量が左右されます。

日本では地域によって気候の差が大きく、
設置に向く場所と向かない場所があります。

しかし災害対策などから太陽光発電を設置したい、
と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

では、場所や気候的に難しいとされる地域の場合、
太陽光発電の設置はできないのでしょうか。

また気候の変化に合わせて、なにか対策はできないのでしょうか。

あきらめる前に、ぜひ参考にして欲しい情報をまとめました。

 

なぜ太陽光発電の発電量は天候によって左右される?

Original update by : 写真AC

 

太陽光発電は、日照量や日照時間、気温によって発電量が変化します。

なぜなら太陽光によって発電する仕組みであるため、
天候や気温によってその発電量が左右されてしまうのです。

〇全国各地の発電量は?

実際に全国各地で集計された太陽光発電による発電量を見てみると、
北に行くほど発電量は少なく、南に行くほど多くなる傾向にあります。

また雨の多い太平洋側に比べると、
雨の少ない内陸側は発電量が多い傾向にあります。

 

しかし雪が多い北海道は、梅雨がなく、
夏場も涼しいため温度による発電のロスがありません。

一方南部に位置する九州は発電量の多い地域ですが、
沖縄は一年を通して気温が高いため、発電量のロスが生じやすい地域です。

年間を通し、発電量が最も多いのが山梨県や長野県であり、
少ない地域は青森県や秋田県となっていますが、
同じ県でも地域によって日照量には違いがあります。

 

このようなデータから、発電量に地域による差はありますが、
太陽光発電に向いていない地域というものはないといえます。

なぜなら、雨や曇りが多い地域では日照時間が短く、
寒い地域では積雪によってパネルが覆われると日照量が減ってしまいます。

さらに暑い地域では、逆に電気変換の効率が落ちてしまいます。

夏よりも冬の方が日照時間は長く、
気温も低い方が太陽光発電には有利なのです。

 

そのためどの地域であっても、
発電量は多い時期と少ない時期があるといえます。

また同じ地域であっても、
山沿いや海沿いといった場所によっても発電量に違いはあります。

〇パネルの乱反射も発電量に影響する

そして意外と見落とされやすいのが、
パネルの乱反射による発電量の低下です。

太陽光を設置している家が多数あり、
パネル同士が乱反射すると発電量が低下します。

農地などにパネルを設置している地域などでは注意が必要です。

 

しかし最近では、少ない日照量でも発電が可能なパネルも出てきており、
そのため地域差は少なくなりつつあるといえます。

では一般的に太陽光発電にはあまり向かないと言われる地域でも、
太陽光発電を設置することは可能なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

太陽光発電の設置にベストな方角や角度は?

スポンサードリンク


太陽光発電の発電量は気候によって差が出ます。

ですが、気候や気象条件が悪くても、
方角や設置角度によって発電量をカバーすることが可能です。

〇ベストな方角と角度

一般社団法人太陽光発電協会によると、
日射量は、真南で傾斜角度が30°のときに最大となります。

この方位角、傾斜で設置することが必要となります。

もちろん真南に設置できない場合もありますが、
その場合は南東・南西が最大値に近くなります。

東向き、西向きはそれより少し下がり、
北東・北西、北向きと発電量は下がっていきます。

ただし北向きでも、7割程度の発電量は確保できます。

〇その他の注意点

そのほか問題とされるのは、
山や樹木、ビル、電柱などによって影がパネルにかかる場合です。

このときにも日照量は低下してしまいますので、
パネルの設置時には注意が必要となります。

 

太陽光発電を設置する際に、チェックしておきたいポイントは?

Original update by : 写真AC

 

太陽光発電のパネルの設置の際、気候や温度に左右されないためにも、
以下のことをチェックし、設置場所を決めることが必要です。

  • 日照量
  • 日照時間
  • 太陽光パネルの温度(発電量に適した温度)
  • 太陽光パネルの性能
  • 周囲のパネル設置状況、日影条件
  • 台風などの強風の影響など

 

地域により、場所によっては積雪量や風の影響などに違いがあります。

真南であっても、風の影響でパネルが破損する可能性もあるので、
地域の気象条件や気候などに詳しい業者に相談することが大切です。

 

発電量を年間を通して安定させるためにはどうすればいい?

気候や天候によって、太陽光発電は発電量に差が出るため、
発電した電気を蓄電する方法が効果的です。

ですが発電した電気は、そのままではためる事が出来ません。

そのため、太陽光発電によって発電した電気は、
そのまま使用する以外には方法がありません。

 

いわゆる電化住宅では、電気の安い夜間にお湯を沸かし、
日中に使う電気は太陽光発電によって発電した電気を使用します。

そのため、日中の電気代は割高に設定されています。

しかし災害時など電気が必要な場合、太陽光発電も稼働できないため、
電化住宅では何もできなくなってしまいます。

 

これを解決する方法として、
蓄電池の設置、そして電気自動車の利用があります。

蓄電池があれば、日中発電した電気を貯めておくことが出来るので、
梅雨時期など発電量の少ない時期をカバーすることができます。

ただしここで忘れてはいけないのが、
蓄電池の設置は「ダブル発電」とされ、売電の価格が下がることです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

気候や天気により、太陽光発電の発電量は左右されるため、
地域によっても発電量には違いがあります。

年間を通してトータルでみれば、それほど地域差はありません。

ですがやはり発電量が少ない時期などは、
価格の高い昼の時間帯に電気が必要となってくるため、
電気代が割高になってしまいます。

 

太陽光発電で発電した電気は、
基本的に貯めておくことは出来ません。

しかし蓄電池や電気自動車があれば、
発電した電気を貯めておくことが可能となります。

 

ただ、太陽光発電の発電が10kW未満で蓄電池を設置すると、
ダブル発電となり売電価格が下がってしまいます。

ですので導入の際には注意が必要です。

太陽光発電の初期費用を売電によってまかなう計画を立てている場合は、
その計画を修正する必要も出てきます。

 

しかし蓄電池は、災害用の対策にも有効活用できます。

ですのでトータルにみてどちらがお得なのか、
メリットやデメリットについてもよく考えた上で、導入を考えるようにしたいですね。