エネファームってどんな仕組み?

何がお得なの?メリットやデメリットを知りたい!

 

 

テレビCMで一躍、知名度を上げたエネファーム

環境問題に取り組む姿勢が強くなった現代に、
エコとして活躍しそうなアイテムです。

ではエネファームとは実際にどのようなシステムなのでしょうか。

エネファームの特徴やメリット・デメリットを知ることで、
いろいろと見えてくるものがあります。

 

更にはエネファームの導入方法や、
どのくらいお得になるのかも気になりますね。

これからエネファーム導入を考えている人に必見の内容になっています。

 

エネファームとは?特徴や仕組みは?

Original update by:Green Planet

 

エネファームは「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の愛称です。

〇コージェネとは・・・
本来取り出そうとする動力エネルギーや電力エネルギーと同時に、
その時、発生する熱エネルギーも取り出して、総合エネルギー効率を高めようとする発想のこと。

 

もっと具体的にいうと、エネファームは、
家庭で使う電気とお湯を一緒に作り出すシステムです。

エネファームで生産したエコナ電気とお湯は、
且つ駅のように家中に送り出され暮らしに活かされます。

電気は照明や家電製品に利用できますし、
お湯はキッチンやお風呂に使えますね。

更に、ガス温水床暖房やミストサウナなどと組み合わせれば、
暮らしをもっと豊かにすることができます。

 

この仕組みの大元は「水の電気分解の応用」です。

水に電気を通すと「水素」と「酸素」に分解されます。

しかし燃料電池は逆に、
「水素」と「酸素」を化学反応させて電気をつくります。

石油や天然ガスなどを燃やして電気をつくる、
従来の発電システムとは異なる動きです。

化学反応を利用する発電効率の高いシステムであると同時に、
地球環境に優しいエコでクリーンなシステムであるのが特徴です。

 

エネファームのメリットデメリットは?

スポンサードリンク

 

エネファームにはメリットもデメリットもあります。

両方を知ることで、導入時にどちらが大きいかで判断する基準にもなりますね。

〇メリット

エネファームの最大のメリットは、
エネルギーを高効率で利用できることと、省エネで環境に優しいことです。

普段、発電所から受け取っている電気は、
実をいうとかなり低抗率だと言われています。

その理由は以下の通り。

  • 発電中に夏として外に逃げてしまう
  • 発電所から各家庭に電気を届けるまでに、一部の電気が失われてしまう

 

しかしエネファームの場合は…

  • 発電時の熱を利用してお湯を作ることができる
  • 家のすぐそばにエネファームがあるので送電によるロスはない

 

ということが言えます。

これで効率よくエネルギーを利用できるので、
有限である資源を無駄なく使うことができます。

 

次に言えるのが、光熱費の節約ができることです。

エネファームは都市ガスを使って発電します。

その結果、電力会社から購入する電力が減り、
電気代を抑えることができます。

もちろんガスの使用量は増えますが、
エネファームを使用している家庭向けに、
お得なガス料金メニューが用意されています。

上手に利用すれば電気代もガス代も合わせて、
光熱費を節約することが可能と言えます。

〇デメリット

エネファームのデメリットの一つは設置の導入費用が高いことです。

エネファームは国からの補助金交付対象機器なので、
補助金が付きますが、それでも導入時にはかなりの出費になります。

システム自体の費用で300万円
そこに工事費が入ってくるのでプラス50万円といったところでしょうか。

350万円ともなると、さすがに頭を悩ませてしまいます。

更に同じように発電をする、太陽光発電に比べると発電量は落ちます。

使い方によっては、初期費用の元がとれなくなる可能性があります。

 

こういったシステムでは必ず付きものですが、メンテナンスが必要です。

エネファームが故障した時だけでなく、
2年~3年に一度の定期メンテナンスが必要です。

無償でメンテナンスしてくれるメーカーもありますが、
多くの場合、メンテナンスは別の話になるのです。

そうなると導入時の費用だけでなく、エネファームを使用している限り、
メンテナンス費用も必要という結果になります。

 

エネファームの導入方法は?

Original update by:akizou

 

エネファームを導入する際は、
取扱い店舗に足を運ぶか、電話やメールで問い合わせます。

まずはパンフレットなどの取り寄せから始まるとは思いますが、
ここでは導入を決めてからの流れを見ていきます。

〇導入からの流れ

  1. 電話やメールで不明点などを確認した上で、導入の旨を伝えます。
  2. 家の近くの東京瓦斯ライフバルが自宅にやってきます。
    設置状況の確認、見積もりの提示などを行い、
    希望によっては「光熱費シミュレーション」を行うことができます。
  3. エネファームの設置が決定すると、工事日の相談を行います。
    お互いの希望や工事工程などを確認し、期間なども頭に入れておきましょう。
  4. 契約となります。
    契約書を交わし、重要事項の説明があるので、同意するなどのサインが必要です。
  5. 実際の工事に入ります。
    設置工事、および電気工事を行います。

〇設定条件

エネファームを導入するにはいくつかの条件があります。

循環のための水道水を利用していること

まず、循環のための水道水を利用していることは必須条件になります。

そして、設置可能エリアは東京ガス供給エリア内に限定されます。

一部の地域が供給エリアになっている市区町村があります。

設置スペースが確保できること

1階屋外の自己所有宅地内に、
設置スペースが確保できることも大切です。

設置場所に植木や、倉庫などがある場合は、
移動や整地などをすることになります。

搬入作業経路を確保していること

そして機器の設置、撤去時の、
搬入作業の際の経路を確保していることも重要です。

近隣の家に迷惑がかからないかも、
トラブル防止の観点からよく確認しておきましょう。

 

エネファームで実際に得している人はいる?

エネファームを導入したことで、どのくらいお得感が出るのでしょうか。

エネファームを購入すると、基本的に10年間の保障がついてきます。

これは使用開始から10年間は、
無償修理サービス、無償定期点検サービスがつくというものです。

つまり、10年間は少なくとも安心して使い続けることができるということですね。

 

それを踏まえて実際にお得なのかを考えていくと…

まずエネファームを導入することで、電気代が大きく減ってきます。

これは電気を使う量が減ったのではなく、
エネファームが自宅で発電をすることによって、
電力会社から買う電気の量がおよそ半分になった効果です。

エネファームを使うと、ガス代が約6000円高くなるのですが、
光熱費全体としては約64,000円お得になる
という結果が出ています。

 

エネファームを活用することで、
年間の光熱量は「お得になる」と考えて良いでしょう。

太陽光発電やオール電化と組み合わせれば、
さらにお得になる可能性もあります。

〇ネックは初期費用

とはいっても、やはり初期費用が高いのがネックになっています。

エネファームは本体価格が高く、
その設置コストを毎月の光熱費削減分で回収するのは大変です。

エネファームの平均相場は350万円です。

国の補助金が130万円ですので、
実質は220万円ですが、それでも高額ですよね。

そして保障されている10年を過ぎた時には、
メンテナンス費用も加算されます。

地球環境にはいいと思いますが、
経済的なメリットはほとんどないと考える人がいるのも事実です。

 

まとめ

いかがでしたか?

エネファームは水の電気分解の応用を利用して、
「水素」と「酸素」を化学反応させて電気をつくります。

効率よく電気を発電するので、家庭の中のあらゆるシーンで活用できます。

 

エネファームのポイントは…

  • 電気を作り出すので電気代が大幅に削減できる
  • しかしガスを使用するので、ガス代は今までよりもアップしてしまう
  • 地球環境に優しい電力を供給することが可能

 

反面、初期費用が高いことから、
設置コストを毎月の光熱費削減分で回収するのは難しそうです。

メリットとデメリットを良く考えたうえで、導入を判断していきたいですね。