給湯器を付け替えようと思うんだけど、エコキュートってどうなの?

光熱費ダウンは狙える?

 

 

昔から、お風呂やキッチンで使用するお湯を沸かすのはガスが主流でした。

しかし、現代ではガス以外の選択肢があるのをご存知ですか。

その代表ともいえるのが「エコキュート」です。

そもそもエコキュートがどんなものなのか、
メリットやデメリットも気になってきますよね。

 

ここではエコキュートの特徴や、
エコキュートとガスではどちらがお得なのかなど、
エコキュートという選択肢について考えていきます。

 

エコキュートとは?特徴はコレ!

Original update by:acworks

 

エコキュートとは「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」のことを指します。

要するに、ガスではなく電気で沸かす給湯器のことです。

ただ電気を利用してお湯を沸かすのでは、
ガス代の代わりに電気代がかかるという結末に至るだけで、
特にお得感は感じられません。

しかしエコキュートの特徴は、
環境に配慮して再生可能な「空気の熱」を利用して、
効率よくお湯を沸かすところにあります。

従来の給湯器とは全く違う方式でお湯を沸かし、
高効率を実現したのがエコキュートのシステムなのです。

 

エアコンはヒートポンプを使って屋内、屋外の間で熱を移動させ、
冷房や暖房を行っています。

エコキュートの「ヒートポンプユニット」も同じように、
屋外の空気から熱を集め、その熱を「お湯を沸かす」という働きに活用します。

もちろん、電気のエネルギーも必要になりますが、
ヒートポンプ式のため、少ない電気で高効率な運転が可能なのです。

その秘密は、空気の熱エネルギーと電気を、
上手に組み合わせているところにあります。

高効率で省エネであり、
環境にも配慮しているのがエコキュートなのです。

 

エコキュートとガスの違いとは?比較をするとどっちがお得?

スポンサードリンク

 

では、エコキュートと従来のガスの給湯器では、
どちらがお得なのでしょうか。

全体的なコストパフォーマンスで比較してみましょう。

給湯器でお湯を利用するにあたり、最低限必要な費用は、
初期費用、メンテナンス費用、そして月々の光熱費です。

〇初期費用

  • ガス ・・・ 40万円~60万円
  • エコキュート ・・・ 70万円~100万円

 

初期費用では圧倒的にガスの方が手軽なのが分かります。

エコキュートは最新のシステムなので、
導入には費用がかかるといえるでしょう。

〇メンテナンス費用

  • ガス ・・・ 2万円~4万円
  • エコキュート ・・・ 6万円~8万円

 

こちらもエコキュートの方がメンテナンス費用を上回る結果になります。

しかし、基本的にはどちらもメンテナンスフリーの場合が多いので、
最初の取り付けが終われば問題ありません。

どちらも故障や不具合の内容や頻度によっては、費用も変わってきます。

ですので、一概にどっちが高い、安いとは言えません。

〇月々の光熱費

  • ガス ・・・ 6,000円~
  • エコキュート ・・・ 1,000円~

 

都市ガスを利用して、
ガス給湯器を使用した場合の月平均の光熱費は6,000円程度

エコキュートの場合は、
ガス給湯器の5分の1と言われているので1,000円代で済むといえます。

エコキュートは深夜の安い時間帯の電力を利用して、お湯を作ります。

ランニングコストはエコキュートの方がお得です。

 

結果、初期費用の面では、ガス給湯器の方が低額で導入できます。

エコキュートを導入するとなると、ちょっと悩んでしまうかもしれませんね。

しかし月々のランニングコストを考えると、
ガス給湯器の5分の1で済むエコキュートは圧倒的にお得だといえますね。

 

また今までは、電気代とガス代両方の基本料金を払うのが普通でしたが、
エコキュートを導入しオール電化にすると、
この基本料金が電気代だけになりガスの分が浮くことになります。

月々の家計の負担を減らすのであれば、
「エコキュートの導入は損ではない」といえるでしょう。

 

エコキュートの導入で重要なポイントとは?

Original update by:あけぼの

 

エコキュートを導入する場合、様々な機能性や設置スペースなど、
導入前に知っておきたいポイントがあります。

〇住んでいる地域

実はエコキュートは住んでいる地域によっては、
標準の機器では不可になる場合があります。

空気の熱でお湯を沸かすエコキュートは、
外気温が低い日が多い寒冷地では効率が落ちてしまいます。

また潮風が当たりやすい場所に設置する場合は、
サビなどの影響を受けにくい仕様にする必要があります。

設置場所に合わせて適したものを選ぶ必要があるのです。

それによってコストが上がることも考えられるので、よく検討しましょう。

〇家族の人数

エコキュート導入にあたって、家族の人数も大きく左右されます。

家族の人数や生活スタイルによって使う湯量が異なります。

また、将来の家族構成を踏まえ、家族が増えたりする場合なども想定して、
適切な容量を選ぶ必要があるのです。

エコキュートの貯湯タンクの容量は、
200L・300L・370L・460L・550L」と大きく分けて5つあります。

ご家族で利用される場合は、
370L以上のタンク容量を選ぶことがほとんどです。

〇必要な機能を見極める

エコキュートを使ったお湯の使用目的で1番多いのはお風呂になりますが、
この使い勝手も家庭によって様々です。

自動風呂給湯タイプや給湯専用タイプ、床暖房と連動する多機能タイプなど、
必要な機能によっていくつかの種類が用意されています。

使わない機能が入っているのは無駄になりますし、
使った方が効率が良い機能もあるでしょう。

必要な機能から適した種類を選ぶ必要があります。

〇設置スペースの確保

エコキュートを導入する場合、ヒートポンプと貯湯タンクの、
2つのユニットを設置するスペースが必要になります。

また、貯湯タンクユニットは、
性能を充分に発揮させるため、周囲に空間の確保が必要です。

合わせるとかなりのスペースが必要になります。

新築の場合は設置スペースを要望に合わせて確保することができますが、
既築の場合設置スペースに制約が出てきます。

事前に搬入経路・配管距離・設置場所スペースを確認して、
設置可能な形を選ぶことが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

エコキュートは再生可能な「空気の熱」を利用して、
効率よくお湯を沸かすシステムです。

従来のガスで沸かす給湯器とは異なる方法で、
お湯を沸かすことで注目されています。

 

エコキュートとガス給湯器を比較すると…

  • エコキュートは初期費用が高い
  • エコキュートは月々の光熱費がガスに比べて5分の1になる
  • エコキュートは設置スペースや機能性の見極めが必要になる

 

家庭によってはガス給湯器の方がお得な場合もあるので、
ここで書いたようなポイントを踏まえてよく検討する必要があります。