オール電化のマンションのメリットとデメリットは?

電気代や使い勝手はどうなの?

 

 

最近は、新しい物件の中にオール電化の物件が増えてきました。

一戸建てでもマンションでも同じように普及していますよね。

しかし初めてオール電化住宅に住む人にとっては、
あまり馴染みのないものです。

実際の使い勝手や電気代などが気になるところですね。

 

そこで、オール電化マンションの使い勝手を調べてみました。

オール電化マンションのメリット・デメリットと一緒に見ていきましょう。

 

オール電化のマンションのメリットとは?

Original update by:acworks

 

オール電化マンションとは、
光熱費をすべて電力に一本化したマンションのことです。

そんなオール電化マンションのメリットを見ていきましょう。

〇光熱費を電力に一本化できる

1番多く言われているのは、光熱費を電力に一本化することで、
光熱費の節約ができるというものです。

その裏には、今までガスと電気の両方で支払っていた基本使用料が、
一本化することで電気代のみになります。

そして夜間の電気料金が割安になる、
オール電化プランを利用することで電気代が安くなります。

オール電化にするには初期費用がかかると言われていますが、
新築マンションであればガス配管工事が不要になるので、
建築コストも抑えることができます。

〇安全性の高さ

年配の方や小さい子供がいる家にとって、
メリットになるのが安全性の高さです。

オール電化マンションでは火を使わないので、
火災やガス漏れの心配がなくなります。

また一酸化炭素を発生させないので、
換気が不要で室内の空気をクリーンに保てます。

夏場のガスコンロの使用がなくなるので、
熱気がこもるのも避けられます。

災害時には復旧が早いのも特徴で、
ガスに比べると電気の方が復旧が早い
というデータがありますので、もしもの時にも安心です。

 

オール電化のマンションのデメリットとは?

スポンサードリンク

 

オール電化マンションにはメリットが多くありますが、
もちろんデメリットもあります。

どちらも知っておくことが重要です。

〇停電時にライフラインが停止する

オール電化マンションの1番怖いところは、
停電が起きた時にライフラインがすべて停止してしまうことです。

復旧が早いとはいいますが、復旧するまでは電気が全く使えません。

ガスが使えない分、ガスに頼ることができなくなります。

そしてガスを使わないのでガス代はかかりませんが、
その分電気代に負担がかかります。

〇電気代の値上がりに影響を受ける

また、電気代が値上がりした場合など、
電気料金が上がるなどの影響を受けることになります。

夜間の電気代が安いのが特徴のオール電化ですが、
逆に言えば昼間の電気代は割高になります。

昼間に電気を使う時間の方が多い場合は、
光熱費が高くなってしまう可能性があります。

またオール電化からガスへの乗り換えは難しいので、
慎重に検討しましょう。

 

電気代はどのくらいかかる?

Original update by:LEE MAO

 

実際にオール電化マンションに住んだ場合、
電気代はどのくらいになるでしょうか。

オール電化はガスを使わないので、光熱費=電気代となります。

しかし、ガスでまかなっていた分のエネルギー消費分を、
電気でまかなわなければならなくなります。

オール電化住宅のIHクッキングヒーター、給湯器、エアコン、床暖房と、
ガス併用一般住宅の都市ガスのファンヒータ、ガス給湯器、
ガスコンロとを比較してみると、以下のようになります。

エネルギー消費する主な項目 一般家庭 オール電化
 冷房 261 261
 照明・動力他 3,945 3,945
 暖房 2,993 782
 給湯 3,014 804
 キッチン 675 473

 

こうして見ていくと、家の中のエネルギー消費量は、
照明やその他電化製品の動力を筆頭に、
暖房、給湯器が消費が大きいのが分かります。

給湯にエネルギーがかかるのは、意外な一面です。

一方で調理におけるIHクッキングヒーターの比重は、
実はそれほど大きくありません。

 

オール電化で暮らす時の注意点は?

オール電化マンションでの生活と、
従来のガスを併用した住宅での生活を比べると、
使い勝手には特に大きな変化はありません。

そうなると、やはり気になるのは、
電気代をどれだけ抑えられるか」、という部分です。

住む人の生活習慣によっては、
あまり節約にならないパターンもあるのです。

特に昼間の電気代は割高になるので、
昼の時間帯に料理や洗濯などの家事が多い場合は、
オール電化のメリットを活かすことができません。

 

ポイントは…

  • どれだけ深夜などの割安な電機料金をフル活用できるか
  • どれだけエネルギー効率の良い電化製品を使用するか
  • 季節に応じて給湯器のセッティングを調整する
  • 時間帯ごとの電力量単価を踏まえて、タイマー機能などを設定する

 

このように、工夫次第では、
電力消費量が増えても電気代を抑えることはできます。

オール電化マンションに引っ越しを決める前に、家族の生活習慣を見直し、
オール電化に住むのに適しているかなどの条件も含めて判断しましょう。

 

ガス併用物件と比較すると何が違う?

オール電化マンションとガス併用物件と比較した場合、
どんなところが違うのかも知っておきましょう。

大きく分けると、以下の観点での違いがあります。

  • 光熱費
  • 安全性
  • ライフライン

 

〇光熱費

光熱費については、電気代に一元化されるオール電化に対して、
ガス併用は電気代とガス代のそれぞれの基本使用料がかかります。

またオール電化には、夜間大幅に電気代が安くなる割引があります。

ガス併用の場合は、光熱費がガス代にも分散されるので、
電気代に負担がかかることはありません。

〇安全性

安全性は、火を使わないオール電化が圧倒的に安全性が高いです。

子供やお年寄りがいる家でも安心して使うことができます。

ガス併用の場合、あやまって火災が起こる危険性や、
ガス漏れによる一酸化炭素中毒の危険性があります。

オール電化は、熱気で室内の温度を上げることもなく、
空気がクリーンなのも特徴です。

〇ライフライン

最後にライフラインですが、
オール電化の場合は停電したら何もできません。

ガスと併用の場合は、電気がなくてもガスは利用することができます。

しかし、電気温水器のような貯水タンクを利用している場合は、
タンク内のお湯や水を使うことができます。

災害などでガスも電気も使えなくなった場合は、
ガスに比べて電気の方が復旧が早いといわれています。

 

まとめ

いかがでしたか?

オール電化とガス併用には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

熱源の変更は容易にはできないので、
ライフスタイルや嗜好、生活の優先順位を考慮してしっかり選びましょう。

 

オール電化マンションのデメリットは…

  • 電気を使う時間を間違えると、電気代が高くなることがある
  • 停電してしまうと、ライフラインが止まってしまう
  • 電気料金の値上がりに、多大な影響を受ける

 

またIHクッキングヒーターは安全性の高い電磁調理器ですが、
使える調理器具に制限があるため、
今まで持っていた器具が使えないケースもあります。

様々なケースを考えた上で、後悔のない選択をしたいものです。