外壁の省エネリフォームにはどのようなものがある?

本当に効果があるの?

省エネリフォームをする時の注意点は?

 

 

ITを活用することで、
エネルギーを効率よく省エネしてくれるスマートハウス

スマートハウスを採用するにあたり、
とても大切なのが「住宅の断熱化」です。

隙間だらけの家でエアコンを利用しても、
それはザルに水を注ぐようなもので、
エネルギーの無駄遣いになってしまうからです。

 

今回は、スマートハウスの外壁の、
省エネリフォームとはどのようなものなのか
また、そのメリットやデメリットをご紹介していきます。

外壁の省エネリフォームに関心のある方は、
是非、参考にして下さい。

 

スマートハウスの外壁の省エネリフォームとは?

Original update by : 写真AC

誰でも夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいと思うものですが、
そのためにエアコンをガンガン使うのでは、
環境に負荷が掛かってしまいます。

省エネリフォームとは、
家の中における暑さ寒さなどの快適性を向上させ、
冷暖房で消費するエネルギーを少なくすることを目的として
実施するリフォーム
のことを呼びます。

 

普通のリフォームとは、
高気密・高断熱・日射の遮蔽」の点で違いがあり、
外壁の場合は次の2つ方法があります。

  • 外張り断熱
  • 充填(じゅうてん)断熱

〇外張り断熱

外張り断熱とは、建物の外側全体に、
発泡樹脂系の断熱ボードを張る工法を言います。

断熱材で切れ目なく包みこむことで、夏は外気の影響を受けにくく、
冬は屋内が一度暖まると冷えにくくなります。

また、湿気の侵入も防いで結露の発生を抑制できるので、
建物の耐久性も高くなります。

〇充填断熱

充填断熱は内断熱とも呼ばれており、
柱と柱の間に断熱材をはめ込む工法です。

木造住宅が多い日本では、この充填断熱が主流です。

充填断熱に使用される断熱材は、
空気や水蒸気を通しやすい繊維系の断熱材が使われています。

壁の内側の空間を利用するため、
支持材などで新たに断熱用のスペースをつくる必要がなく、
外張り断熱より低コストになるケースがほとんどです

 

スマートハウスの外壁の省エネリフォームの効果は?

外壁を省エネリフォームにすると、
どのような効果があるのでしょうか。

目に見える効果として次の5つが挙げられます。

1.省コストの実現

今までよりも冷暖房の効きが良くなるため、
光熱費の削減に繋がります。

2.快適性の向上

住宅の断熱性・気密性が高まるため、
家の中の上下の温度差や各部屋の温度差、
季節による温度差が小さくなり、家全体が快適な環境になります。

3.環境負荷の低減

エネルギー使用によるCO2の排出量が減り
環境への負荷が減ります。

4.健康的な住まいの実現

断熱性・気密性が高まることにより、
湿気を好むカビやダニの発生も抑えられます。

5.耐久性の向上

結露による木材の腐食を防ぐことが出来るので、
住宅の耐久性が増し、長持ちします。

 

省エネリフォームを行えば、
暖冷房機器の設定温度を下げることが出来、
年間の暖冷房費が最大で約30%ダウンできるという試算もあるのです。

また、健康面での効果も医療費の抑制に繋がります。

住宅の耐久性が増せば、
次のリフォームまでの期間が長くなりますから、家計にも優しいですね。

 

スマートハウスの外壁の省エネリフォームのメリットデメリットは?

Original update by : 写真AC

 

外壁を省エネリフォームすることで、上の項で挙げたような効果以外にも、
次のようなメリットがありますが、デメリットもあります。

順に見ていきましょう。

〇メリット

各種減税制度が利用できる

省エネリフォームを対象とした所得税額の控除には、
投資型減税」「ローン型減税」「住宅ローン控除 制度」の3つがあります。

これらのうちの1つが適用されます。

他にも固定資産税からの減税もあります。

補助金制度が利用できる

外壁を断熱改修は、エコリフォームの補助対象となっていますので、
申請して受理されれば補助金を受け取ることが出来ます。

遮音性が高い

省エネリフォームをすると、家全体の気密性が高まるので、
外からの騒音を低減できます。

また、家の中の音も外へ漏れにくくなります。

〇デメリット

普通のリフォームよりもコストが高い

断熱材を厚くする必要があるため、
全体のコストがどうしても高くなってしまいます。

外壁だけリフォームしても効果が限られる

省エネリフォームは、外壁だけリフォームしても
充分な効果が期待できない場合があります。

床・壁・天井・窓やドアの開口部など、
家全体の断熱性をバランス良く向上させていくことが重要になるのです。

特に気密性については、部分的に気密性を高めると、
かえって結露などが起こりやすくなってしまう場合があるので、
注意が必要となってきます。

 

スマートハウスの外壁の省エネリフォーム導入時の注意点は?

では、外壁の省エネリフォームを導入する時には、
どのような点に注意すればよいのでしょうか。

特に次の3つの点について注意しましょう。

  1. どのようなリフォームにしたいのか、自分の希望を明確にする
  2. 複数の業者から見積もりを取る
  3. 減税や補助金の制度をよく理解する

1.どのようなリフォームにしたいのか、自分の希望を明確にする

省エネリフォームは一般的なリフォームよりも、
高価な材質を利用するためコストが掛かります。

全てを完璧にすることが難しい場合は、
予算の範囲内で優先順位を決めましょう。

2.複数の業者から見積もりを取る

リフォーム業界には残念なことに、
詐欺まがいの行為をする悪質な業者が存在します。

複数の業者から見積もりを取って、
比較しながら業者を選ぶようにするといいでしょう。

スマートハウスとの連携になりますので、
太陽光発電や蓄電池などの知識が豊富な業者が良いですね。

3.減税や補助金の制度をよく理解する

省エネリフォームの減税制度や補助金制度には、
条件や期限が細かく設定されています。

自分が行うリフォームが該当するのかどうか
事前に確認してください。

優良な施工会社であれば、
減税制度や補助金制度のことも勉強しているはずですので、
業者と相談しながら手続きを進めていきましょう。

 

業者選びに失敗さえしなければ、
予算内で満足できる省エネリフォームが出来るはずです。

複数の業者を比較するのは面倒ですが、
このひと手間が成功のカギとなります。

一括見積もりサイトなどを、上手に活用してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スマートハウスの省エネ効果を活かすには、
器である家の外壁を断熱仕様にすることが大切です。

外壁の省エネリフォームには、
外張り断熱」と「充填断熱」の2種類ありますが、
日本での主流は充填断熱になります。

 

壁を省エネリフォームすると冷暖房の使用が控えられ、
次のような効果があります。

  • 省コストの実現
  • 快適性の向上
  • 環境負荷の低減
  • 健康的な住まいの実現
  • 耐久性の向上

 

また、条件や期限はありますが、
減税制度や補助金制度も利用できるというメリットもあります。

 

しかし、省エネリフォームは外壁だけに施してもあまり意味はありません。

床・壁・天井・窓やドアなど、家全体の断熱性を、
バランス良く向上させていくことが重要となります。

 

外壁を省エネリフォームする際には、
複数の業者から見積もりを取り、比較しながら選ぶことがコツとなります。

太陽光発電や蓄電池などのスマートハウスの知識や、
補助金制度などの知識が豊富な業者を選ぶと良いですね。

一括見積もりサイトなどを活用すれば、
簡単に複数の業者から見積もりを取ることが出来ます。