突然の災害に備えて、電気を蓄えておきたい。

太陽光発電ができない夜間もお得に電気を使うために、
太陽光発電と蓄電池を組み合わせて設置したい。

蓄電池で何ができるの?

 

 

家の新築に合わせて、もしくは万が一の緊急時に備えて、
家庭に蓄電池の導入を検討される方が増えています。

しかし、電池と言っても安い買い物ではありません。

「失敗した!」と後悔しないためにも、
そもそも蓄電池とはいったいどのような電池のことなのか、と言うことから、
蓄電池の仕組みやどんな種類があるのかを見てみましょう。

 

蓄電池ってどんなもの?

 

Original update by : イラストAC

 

蓄電池とは、繰り返し電気貯めることが出来る電池のことを言います。

スマートフォンに使われている電池も蓄電池です。

その他にも携帯ゲーム機やノートパソコンなど、
「充電」して使える機器にはすべて蓄電池が使用されています。

 

家庭に設置する蓄電池も同じです。

何も無いときに電気を貯めておくことで、
突然の災害や停電が起きても、最低限の電気が使えるのです。

通常時の電気のため方は、蓄電池と家庭用コンセントを繋いで電気を貯めたり(充電)
家庭で太陽光発電が出来る場合は、そこで発電した電力を蓄電池に貯めることもできます。

 

ここで注意しておきたいのが、
太陽光発電単体だけでは、電気は貯められないという点です。

ソーラーパネルで発電された電気は常に家庭で使われるか、
電力会社に売られていってしまいます。

夜間は太陽光発電の電気を使用できないのです。

太陽光発電と蓄電池がセットになることで初めて電気を蓄えることができます。

 

電気を蓄える仕組みとは?

スポンサードリンク


では、蓄電池はどのようにして電気を蓄えているのでしょうか。
スマートフォンに使われている蓄電池を例に挙げてみます。

私たちはスマートフォンの電池が切れそうになると、
「充電器」とスマートフォンを接続して充電を行います。

このように蓄電池と電源を繋ぐことで、
蓄電池に電流を流して、充電をおこなっているのです。

 

蓄電池は、2種類の金属と電解液と呼ばれる液体の3つで構成されています。

ここに電流が流れることによって、化学反応が起こり電気を蓄えています。

また、専用の「充電器」さえあれば、
自動車のバッテリーも家庭用の電源で充電することが可能です。

 

電気を蓄えて使用できる!

Original update by : 写真AC

 

家庭に蓄電池を設置した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

停電や災害時の緊急用電源

電灯や冷蔵庫などの生活に必要な電化製品は、
蓄電池だけで半日程、利用することが可能となります。

太陽光発電と併用

太陽光で発電した電力は、家で使用するか売電するかのどちらかになり、
夜間まで電力を残しておくことが出来ません。

しかし、蓄電池と太陽光発電を併用することで、
昼間に発電した電力を夜間にも使うことが出来るようになります。

蓄電池は太陽光発電とセットで設置する必要はなく、
蓄電池だけでもお得に電気が使えるようになります。

その方法とは、
電気料金の安い夜間に充電し、貯めた電力を昼間に使用することです。

電気使用量は、夜間から早朝にかけて減少するため、
少しでも電力使用量が昼間に集中しないように「夜間の電気料金を下げる」
というプランが電力会社によって施行されています。

このプランと蓄電池を合わせて使用することで、
夜間の安い電気代で、昼間も電気を使うことが出来るようになります。

 

蓄電池の種類は3種類

一般的に身近にある蓄電池は主に下記の3種類です。

それぞれどんなところで使われているかも合わせて紹介します。

鉛蓄電池

鉛蓄電池は、主に車のバッテリーに使われています。

車種によっても異なりますが、家庭用の小さなシュレッダー程度の大きさで、
中には液体が入っているのがわかります。

このバッテリーは見た目の割に非常に重く、軽いものでも約13kgもあります。

リチウムイオン蓄電池

リチウムイオン蓄電池は家庭用の蓄電池として普及しています。

主に使用されている機器は、スマートフォンの電池パックや、
ゲーム機・パソコンのバッテリーに使われています。

小型でありながら大きな電力が得られ、寿命が長いことが特徴です。

また、家に設置する蓄電池として使用されているものの多くは、
このリチウムイオン蓄電池です。

ニッケル・水素蓄電池

ニッケル・水素蓄電池という名前は聞いたことがなくても、
エネループ」という名称は多くの人が耳にしたことがあるでしょう。

見た目はアルカリ電池と同じ形をしていますが、充電可能な蓄電池です。

また、電動自転車のバッテリーとしても使用されています。

まとめ

蓄電池とは、充電して繰り返して使える電池のことで、
スマートフォン・パソコン・ゲーム機など、
身近なところでもたくさん使われていました。

さらに家庭用蓄電池として家に設置することで、

  • 災害時に非常用電源になる
  • 太陽光発電の電力が貯められる
  • 夜間に充電した電力を昼間に使えてお得

 

というメリットもあります。

蓄電池はこの先、大きな成長が望まれている分野です。

家の状況、生活スタイルに合わせて蓄電池を有効活用しましょう。