生活を共にしている家族のリズムがバラバラだから…

お風呂は追い焚きにできる給湯器にしたい!

 

 

生活する家で使用する電気用品は、
生活のサイクルや家族の人数で変わってきます。

また、子供がいれば、
子供の成長に合わせて変化があるでしょう。

そんな節目に引越しを考える人の中には、
オール電化住宅という候補も出てきますよね。

オール電化住宅にした場合、
給湯器の追い焚き機能はどのようになっているのでしょうか。

 

ここでは給湯器の追い焚き機能を中心として、
その仕組みや注意点などをまとめていきます。

 

給湯器の追い炊き機能の仕組みとは?

Original update by : FJ

 

お風呂で使っている給湯システムのひとつとして、
追い焚き機能」というものがあります。

追い焚きとは、お風呂のお湯が冷めてしまった時に、
お湯を再び温めてくれる機能です。

 

追い焚き機能付きの給湯器には、
おおまかに以下の2つに分かれます。

  • お風呂の追い焚きとキッチンや洗面所でのお湯の使用を同時にできるタイプ
  • 一度に両方できないタイプ

 

利便性を考えると、同時に使用できるタイプが良いでしょう。

 

暑いお湯を足して全体を温める「足し湯」とは異なります。

足し湯によってお風呂のお湯全体を温める方法を、
給湯方式」といいます。

最近では、給湯方式に循環方式を足した機能もあり、
「追い炊き機能付き給湯器」として紹介されていることもあります。

循環用のポンプが入っていて強制的に水を吸い込んで、
温めたお湯を吐き出すという仕組みです。

2重配管になっており内側の管で水を吸い、
外側の管でお湯を吐き出しています。

 

追い炊きにはどんな種類がある?各機能の特徴とは?

スポンサードリンク

 

お風呂のお湯を再び温める機能である「追い焚き」には、
基本的に「循環釜直結方式」「給湯方式」の2種類があります。

〇循環釜直結方式

循環釜直結方式とは、
浴槽と風呂釜を配管でつないでお湯を循環させるシステムです。

さらに循環釜直結方式には、
自然循環方式」と「強制循環方式」があります。

自然循環方式は、浴槽内の上下2つに循環口があり、
下の口から冷たい水を吸い込み、風呂釜内で温めて、
上の口からお湯を出します。

〇強制循環方式

強制循環方式の場合は浴槽内の循環口は1つです。

1つの口からお湯を吸い込み、
ポンプで強制的にお湯を循環させるシステム
です。

循環口にフィルターを付けて、
汚れやゴミなどを吸い込まないようにしています。

また、強制循環方式には、
全自動タイプ」と「自動タイプ」があります。

〇その他

上記とは別に、
給湯器の自動保温機能というものも利用できます。

自動保温機能は、設定したお湯の温度を保つために、
自動で細かく追い焚きする機能です。

設定温度よりも温度が下がったら、すぐに温め直してくれます。

自動的に温めてくれるので、
一定の温度を長時間保ち続けることができるのです。

また、自動保温の時間は自由にカスタマイズできます。

2時間に設定すれば、その間だけ、
自動的に保温機能が作動する仕組みです。

 

結果、無駄な光熱費を使わずに済みます。

自動保温機能だけにするか、それとも多機能型にするのか、
ライフスタイルや家族人数を踏まえた上で考えましょう。

 

追い炊き機能を使う際の注意点は?

Original update by : いらすとや

 

なにかと便利な追い焚き機能ですが、
導入を考えた時には注意が必要となります。

追い焚き機能を使う際の主な注意点を見ていきましょう。

〇メンテナンスが必要

お風呂を追い焚きして使うということは、
同じお湯を使いまわすということになります。

その場合、最も気を付けたいのは「お湯の雑菌」です。

人が浴槽に浸かれば、少なからず雑菌が入り込むことになります。

基本的にお湯の温度は40℃前後になるので、
雑菌の繁殖にはちょうど良い環境なのです。

ですから追い焚きした浴槽は、必ず掃除をしてください。

特に忘れてはいけないのがパイプ部分の掃除です。

少なくとも月に1回のペースで定期的に行うことが大切です。

〇寒冷地における注意点

寒冷地は気温の低下により、予想外のことが起こります。

その一つが水道管の破裂です。

追い焚き機能の付いた浴槽に関しても、
寒冷地では特に気を付けてほしいことがあります。

それは、凍結を防ぐために、普段から、
浴槽には水を張っておくということです。

循環口の少し上あたりまででよいので、
浴槽をカラにしないことがポイントになります。

水を張ることによって、
給湯器側のポンプで水を循環させることになります。

その結果、配管の凍結を防ぐことになるのです。

この点を忘れてしまうと、
凍結によって配管が破損する可能性があります。

〇入浴剤についての注意点

入浴の際に、入浴剤を好んで使用する人も多いでしょう。

入浴剤には無機系酸化チタンが含まれている場合があります。

すると、これが研磨剤となって、
給湯器内部を劣化させる恐れがあるのです。

にごり湯系のものを使う時には、
追い焚きを使わないのが無難です。

また、バスソルト系も金属部分を腐食させるので、
追い焚き機能がある浴槽では避けた方が良いでしょう。

ゆずやお酒を入れる場合には、
細菌が繁殖しやすくなるので念入りな清掃が必要です。

 

追い炊き以外での保温方法は?

お風呂の温度を保つために、追い焚き以外の方法はあるのでしょうか。

昔ながらの方法、最新保温グッズまでご紹介します。

〇お風呂にフタをする

お風呂の保温にフタは必要不可欠なアイテムです。

フタをするかしないかで、お湯の温度は大きく変わってきます。

フタには主に…

  • 組み合わせふた
  • シャッターふた
  • 折りたたみふた

などがあります。

それぞれに良し悪しはありますが、
自宅のお風呂に合わせて選んでみましょう。

〇内フタを使用する

フタは欠かさずしているという家庭でも、
基本的には1種類のフタしか使っていません。

内フタを利用すると更に保温効果が高まります。

内フタとは、メインのフタの下に敷く保温シートのことです。

アルミで出来ているものが多く、遠赤外線を反射しているので、
外に熱を逃さないような仕組みになっています。

〇保温グッズを使用する

追い焚き機能がないお風呂に、
ピッタリの保温グッズも登場しています。

例えば、お風呂に加熱ヒーターを入れて温める、
保温ヒーター」もそのひとつです。

価格はちょっと高めですが、かなりの保温効果を実感できます。

 

他にもエアポンプ式で水を巡回させて温めるアイテムや、
保温機能・湯沸かし機能・温度調整機能がついている
バス用保温クリーナーなど様々です。

余裕があれば、こういった保温グッズを一緒に使うのも一つの方法です。

 

まとめ

いかがでしたか?

給湯器の追い焚き機能は、
冷めてしまったお湯を再び沸かし直してくれるシステムです。

今はガス給湯器以外にも、
電気を使った電気給湯器も目にするようになりました。

 

追い焚き機能を使う場合のポイントは…

  • お湯を沸かし直すタイプと、お湯を足して全体を温めるタイプがある
  • 同じお湯を使いまわすので、雑菌の繁殖に注意する
  • 保温グッズとの併用で更に効率がアップする

 

追い焚き機能にも種類ができて、選べる時代になりました。

家族の習慣や人数などによって、
無駄のない給湯システムを選びたいものです。