IHという言葉を聞く機会が多くなったけれど…

IHってどういう意味!?

IHについて詳しく知りたい!

 

 

最近の賃貸物件の中には「IH対応」というものが増えてきました。

今まで、ガスでの調理が当たり前だった人にとって、
IHに対する不安があるのは当たり前です。

IHクッキングヒーターとガスコンロでは、
使い勝手はどう違うのでしょうか。

そもそもIHの仕組みから知っておきたいという人も多いでしょう。

 

ここではIHクッキングヒーターのメリット・デメリットや、
ガスと比べた場合の使い勝手などをまとめてみました。

 

IHとはどういう意味?

Original update by : cheetah

 

まず、IHの意味を考えてみましょう。

IHとはインダクション・ヒーティングの略で、
電磁誘導加熱という意味です。

 

電磁調理器は、電気コンロなどと同じように、
電力により加熱を行うものを指します。

燃焼を伴わないので室内の空気を汚すことなく、
また、火事対策を簡略化できると言われています。

 

また、安定した加熱管理制御を簡単に行うことができるので、
液体の加熱に適しています。

反面、鍋釜などをガラストップから遠ざけてしまうと、
温度検出できず加熱を停止させてしまいます。

温度を調整するときは、
渦巻き状のコイルに流す電流を変えています。

一般的には加熱しすぎないように、
サーモスタット」という機能がついています。

熱しすぎると温度センサーが反応して機能が働く仕組みなのです。

 

IH対応の調理器具は電気を通す材質であり、
鉄や鉄の合金など、磁石にくっつく材質を使います。

アルミやガラス、セラミック等は、
磁石につかないためIH非対応です。

IHには使う調理器具を選ぶという点も大きな変化点といえますね。

 

IHクッキングヒーターの仕組みは?

スポンサードリンク

 

IHクッキングヒーターの電磁誘導加熱は、
コイルに電流を流して磁力線を発生させ、
その上に調理器具を置いて接することで電流を伝えます。

その結果、調理器具全体を加熱する仕組みになっています。

 

IH調理器の中には、渦巻状のコイルが入っています。

ここに高周波の電流を流すと、「電磁誘導の法則」にしたがって、
コイルの周辺に磁力線が発生します。

磁力線が金属でできたなべ底を通過する時に、
鍋の内部に無数の「渦電流」を発生させ、
渦電流が流れる時、鍋底の電気抵抗で熱が発生する仕組みです。

この熱で鍋の中身が温まるので、調理ができます。

温度の調整は、コイルに流す電流の強さを変えることで行います。

 

最近のIH調理器では、温度センサーで、
鍋底の温度を測定して自動的に電流を調整するものがほとんどです。

鍋底が反っていたり、底が平らでない鍋では、
センサーが動作しにくいので過熱する可能性があります。

 

IH調理器そのものは発熱しませんが、鍋自体は熱くなります。

また、鍋からIH調理器に熱が伝わって、
使用後の電磁調理器は熱くなっています。

 

IHクッキングヒーターのメリットとデメリットとは?

Original update by : arisato1122

 

IHクッキングヒーターには、「良い部分」も「悪い部分」もあります。

どちらも知っておくことで、決断する時のヒントになるでしょう。

〇メリット

IHクッキングヒーターのメリットには以下の通りです。

  • 火が発生しないことで、安全性に優れている
  • 鍋がない時はガラスの平面なので掃除がしやすい
  • ガスを使わないことで光熱費の削減が可能
  • CO2が発生しないので地球環境に優しい

 

メリットの中でも最も優れているのは、やはり安全性です。

火が発生しないので、消し忘れによる火事の心配が少なくなります。

子供やお年寄りでも安全に使うことができるのは嬉しいですね。

また火を使わないということは、
黒ずみや取れにくい汚れが付きにくいのです。

調理をしている時でも、手軽に汚れをふき取ることができます。

光熱費を電気代に一括することができるので、
光熱費も抑えることができます。

室内の空気もクリーンなままなので、環境にも優しいですね。

〇デメリット

IHクッキングヒーターのデメリットには以下の通りです。

  • 調理器具をIH対応に買い替える必要がある
  • 火力が弱いので、火力を必要とする料理が不得手
  • 火の危険性を子供に知らせることができない
  • 電磁波が強い

 

デメリットの中でも気になるのが「電磁波が強い」という部分です。

電力を利用しているので、電磁調理器には磁場が発生しています。

基本的に電化製品は電磁波を生み出していますが、
電磁調理器は中でも最強です。

最も大きなデメリットだと言えるでしょう。

電磁波が気になる人は、影響もしっかり考慮して選ぶことが大切です。

特に、妊婦さんは、電磁波が赤ちゃんにまで影響するので要注意です。

 

その他には今まで使っていた鍋が使えなくなるので、
買い替えが必要になってしまうことや、
安全性が高いが故に、子供に教えるべき、
火の危険を伝えにくいということが言われています。

 

ガスコンロと比較して使い勝手は?

IHクッキングヒーターとガスコンロ、実際に使い勝手はどうなのでしょうか。

ガスコンロと比較して使い勝手を見ていきましょう。

〇火力について

ガスは炎が見えるので火力を調整することが可能です。

火力の強弱で食材の加熱加減も分かるので、
中華料理などに向いています。

一方でIHクッキングヒーターは炎が出ないので、
火加減が分からないという意見が多いです。

慣れれば使いにくいということはないのですが、
使い始めは違和感を感じるでしょう。

〇安全性について

IHクッキングヒーターは、
消し忘れによる火事などの心配が減少します。

センサーで管理されているので、
加熱しすぎている場合は自動で停止するのです。

ガスの時にあったガス漏れや、
袖のもらい火などの心配もなくなるのは嬉しいですね。

〇得意分野について

IHは過熱部に接した部分を温めるのに対し、
ガスコンロは炎がなべ底を包みながら鍋全体を熱するのに長けています。

その為、それぞれ得意な料理が違います。

ガスコンロの場合は、鍋全体を使いながら、
素早く水気を飛ばして調理する炒め物が得意です。

IHクッキングヒーターの場合は、
とろ火で長時間調理する煮込み料理が得意です。

コンビニのアルミ鍋のなべ焼きうどんなどは、
ガスコンロでないとできません。

IHクッキングヒーターには、
鍋を支えるための「ごとく」がありません。

見た目にもスッキリしていてお手入れも楽なので、
使い勝手が良いといえるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

IHとは電磁誘導加熱という意味です。

IHクッキングヒーターはコイルに電流を流して磁力線を発生させ、
調理器具を置いて接することで電流を伝え熱します。

 

メリット・デメリットからみる使い勝手は…

  • 火が出ない分、安全ではあるが火加減が難しい
  • 不得意な料理はあるが、光熱費の削減ができる
  • 見た目はガラスの平らな板なので、スッキリしていて掃除が簡単

 

どんなものにもメリット・デメリットは混在します。

あなたの生活習慣や使い勝手に合わせ、
IHクッキングヒーターを選択してみましょう。