太陽光発電に寿命ってあるの?平均寿命はどれくらい?

太陽光発電システムに起こりやすいトラブルとは?

故障を防いで長持ちさせる秘訣とは?

 

 

太陽光発電の設置を検討する場合、
注意しなければならないのはソーラーパネルの平均寿命です。

一度設置をすれば永遠に売電が可能かと言うと、
そのような事はありません。

定期的にメンテナンスが必要ですし、
老朽化によって発電効率は年々下がってしまいます。

ひどい環境下では、
数年で太陽光パネルが駄目になってしまうケースもあります。

導入時のシミュレーション検討を間違えると、
メンテナンス費用や廃棄費用によって赤字になる可能性もあります。

 

ここでは太陽光発電の平均寿命と、
故障を防いで長持ちさせる秘訣についてまとめました。

導入を検討されている場合は、参考にしてみてください。

 

太陽光発電の平均寿命はどれくらい?

Original update by : 写真AC

 

残念ながら、太陽光発電はまだ販売年数が浅く、
平均寿命は何年といえるようなデータが、
まだ充分に出そろっていないのが現状です。

太陽光発電協会に問い合わせて確認をした所、
こちらでも「明確な回答はできない」との返答でした。

ですが、発電協会の表示ガイドラインでは、
太陽電池パネルの耐久年数は「平均して20年以上」
と表記するように規定されているため、
パネルの寿命は20年ほどが平均と言えるでしょう。

 

太陽光発電は、太陽電池パネルの他に、
パワーコンディショナー、分電盤、電力メーターなどを、
配線でつないだシステムです。

そのどこかに不具合が発生するとシステムは機能しなくなります。

パワーコンディショナーは、太陽電池パネルの寿命よりも短く、
10~15年なので注意が必要です。

売電用の電力メーターは10年で交換の義務がありますが、
契約している電力会社によっては、
無料で交換してくれるので確認してみましょう。

 

太陽光発電のメーカーによって寿命に差はあるの?

スポンサードリンク

 

メーカーによって寿命の差はあまりありません。

平均寿命と同じで、まだはっきりとはわかっていないというのが答えです。

寿命の差はあまりなくても、メーカーによる違いはあります。

 

メーカーによる違いは主に以下の2つです。

  1. 採用する太陽電池パネルの種類
  2. 保証期間の差

 

1.採用する太陽電池パネルの種類

太陽電池パネルの種類によって、
出力量の低下率に差があることがわかっています。
(産業技術総合研究所による出力劣化特性評価の実証実験)

太陽電池パネルの種類は大きく分けて、
シリコン系と化合物系があります。

代表的なものをあげると以下の表のようになります。

シリコン系 化合物系
単結晶シリコン CIS
多結晶シリコン CdTe
アモルファス
ヘテロ接合型
(HIT)

 

実証実験の結果から結論を言うと、
CISが最も経年劣化が少なく、アモルファスが最も経年劣化が大きい
ということになります。

単結晶、多結晶、ヘテロ接合型(HIT)には大きな差は出ていません。

なお、CdTeは実験対象には含まれていません。

2.保証期間の差

メーカー保証期間は10~25年と、その長さに差があります。

太陽電池パネルの保証には、製品そのものの保証(=製品保証)と、
電気の出力量を担保するための保証(=出力保証)の2種類があります。

なお、製品保証は機器保証ともいいます。

 

それでは、売れ筋メーカーの採用する、
主力の太陽電池パネルの種類と、保証期間を見ていきましょう(※)。

東芝

  • 発電効率が売りのアメリカサンパワー社の単結晶シリコンパネルを採用
    無料保証は製品保証・出力保証ともに10年
  • 有料の「パワフル保証」あり
    製品保証が15年、出力保証も15年もしくは20年に延長できる
  • 無料・有料ともに保証の申し込みが必要

シャープ

  • 以前は多結晶シリコンパネル中心だったが単結晶シリコンパネルも発売
  • 無料保証は製品保証・出力保証ともに10年
  • 有料の「まるごと15年保証」は製品保証も出力保証も15年
  • 無料で利用できるWebモニタリングサービスあり
  • 無料・有料ともに保証の申し込みが必要

京セラ

  • 国産の多結晶シリコンパネルにこだわる
  • 無料保証は製品保証10年、出力保証20年に自然災害保証10年が付いてくる
  • 有料の「トリプル保証」は製品保証15年、出力保証20年に自然災害保証15年が付いてくる
  • 有料保証を付けたい場合は申し込みが必要

パナソニック

  • 傘下の三洋電機が開発したハイブリッドパネル、ヘテロ接合型(HIT)を採用
  • 無料保証で製品保証・出力保証ともに25年
  • 保証の申し込みが必要

ソーラーフロンティア

  • 「実発電量」が売りの国産のCISパネルを採用
  • 無料保証は製品保証10年、出力保証20年
  • 有料の「15年ワイド保証」あり。製品保証が15年に延長される
  • 無料・有料ともに保証の申し込みが必要

 

このように、メーカーによって採用する太陽電池パネルの種類や、
保証の長さに違いがあるので、選ぶ際のポイントにして下さい。

2017年5月現在の内容となります。

 

太陽光発電で起こりやすいトラブルとは?

Original update by :  写真AC

 

太陽光発電で起こりやすいトラブルは、
メーカー保証によって解決できることもあれば、
メーカー保証では解決できないトラブルも発生しています。

〇メーカー保証対象となるケース

  • 初期不良によるトラブル

〇メーカー保証対象とならないケース

  • 太陽電池パネルの反射光が原因のご近所トラブル
  • 雪によるトラブル
  • 設置後に雨漏り

 

保証期間内で、施工にも取り扱いにも問題がなかったのに、
起こってしまった初期不良によるトラブルは、
メーカー保証で対処できるので心配ありません。

困るのはメーカー保証対象とならないトラブルです。

〇メーカー保証対象とならないケース

太陽電池パネルの反射光が原因のご近所トラブル

これは、パネルに当たった太陽の光の反射光が隣の家の窓などに入り、
隣の家の住人とトラブルになるケースです。

光は反射の法則に従って、入射角と等しい角度で反射します。

太陽の動きも決まっているので、
シミュレーションで確認することが出来ます。

雪によるトラブル

雪によるトラブルで最も多いのが、
太陽電池パネルからの落雪被害です。

これは太陽電池パネルに積もった雪が、
車や倉庫、隣の家の庭木、あるいは人の頭上に落下して、
被害が出るというトラブルです。

パネルの表面はガラスで、傾斜もあるとさらに滑りやすくなり、
少量の積雪でも屋根から落下する際に破壊力を持つ場合があります。

都市部であっても、
落雪によるトラブルが発生する可能性がある、ということです。

その他に、雪の重みによる建物の損傷トラブルや、
雪がパネルの上に積もって太陽光がパネルに届かずに、
発電しなくなるというトラブルもあります。

設置後に雨漏り

これは太陽電池パネルを屋根に設置後に、
雨漏りしてしまうというトラブルです。

パネルを屋根に固定して設置する際には、
屋根に穴をあける必要があるため、
施工業者の施工ミスによって起きます。

信頼できる施工業者に適正価格での設置を依頼すれば、
メーカーの設置基準が守られ、雨漏りのリスクを避けられるだけでなく、
製品不良や出力不良があった際に保証が受けやすくなります。

 

ここまで太陽光発電で起こりやすいトラブルについて見てきました。

トラブルは対策をすることで避けられますが、
太陽光発電システムにも寿命があるので、
経年劣化による故障を避けらることはできません。

ですが、遅らせることは出来ます。

 

太陽光発電の故障を予防する方法とは?

太陽光発電の寿命を延ばすために故障を予防する方法があります。

 

ポイントは3つあるので、ぜひ覚えておいて下さい。

  1. 信頼できる販売業者・施工業者を選ぶ
  2. 発電量をこまめにチェックする
  3. 専門家に定期点検してもらう

 

1.信頼できる販売業者・施工業者を選ぶ

製品に問題がなくても施工業者の工事に問題があると、
故障やトラブルの原因となります。

また、販売業者に問題があると、
買い手のニーズに合わない製品をすすめられたり、
技術不足の施工業者を紹介されたりするおそれもあります。

工事費が極端に安い業者や、
契約を急がせたり、長時間拘束したりするなど、
強引な販売を行う業者には注意しましょう。

2.発電量をこまめにチェックする

発電量をこまめにチェックしていれば異変に気付きやすくなり、
早い段階で対処すれば故障を防げます。

天候や日照時間に違いはないのに、発電量が極端に落ちた場合は、
早めにメーカーや販売店の相談窓口に相談しましょう。

3.専門家に定期点検してもらう

太陽光発電は複数の機械や装置を配線でつなげたシステムですが、
特に太陽電池パネルの故障は素人には気付きにくいものです。

特に異変や問題がなくても専門家に定期点検を頼みましょう。

 

まとめ

太陽光発電の平均寿命はデータが足りず、
まだはっきりとはわかっていませんが、
太陽電池パネルの平均寿命は20年以上と言われています。

太陽光発電の故障を防いで長持ちさせる秘訣は、
繰り返しになりますが、

  • 信頼できる販売業者・施工業者を選ぶ
  • 発電量をこまめにチェックする
  • 専門家に定期点検してもらう

 

という3つです。

太陽光発電に投資してどれくらいの利益が得られるかは、
すべてあなた次第です。