新電力にしたら電気料金は安くなる?

どうやって新電力を選べばいいの?

新電力に変えて不都合は出ないの?

 

 

2016年の電力自由化に伴って、新電力会社がたくさん出てきました。

「電気代が安くなります」と謳われていますが、
実際に新電力にしたら本当に電気料金は下がるのでしょうか?

突然停電になるなどのリスクはあるのでしょうか?

電気は生活をする上で必ず必要になるので、
もし突然使えなくなると大変な事になります。

 

そこで今回は、電力会社選びの参考となるように、

  • 新電力とは一体何なのか
  • メリット・デメリットにはどんなものがあるのか
  • 新電力会社への乗り換え方法

 

についてまとめました。

 

新電力とは?

 

Original update by : イラストAC(Yakko AC)

 

新電力の正式名称は「特定規模電気事業者(PPS)」と言います。

今までは地域電力会社(東京電力、関西電力、中部電力など)からのみ、
一般家庭への電気の供給が許されていました。

しかし2016年に始まった電力自由化によって、
地域電力会社以外からも電気を買うことが可能になりました。

これによって、元々の供給元である地域電力会社と、
新規で参入していた会社を分けるために、
「新電力」という名称がつけられました。

大手携帯会社の電気や、東京ガス、関西ガス、
といったところも「新電力」となります。

 

2016年から突如出てきた「新電力」ですが、
電気と関係のない会社がどのようにして電力を生み出しているのか?
と疑問に思う方もいるでしょう。

発電設備を持っていない会社は、
他の会社や工場から余剰電力を買うことで、
一般家庭に供給する電力を集めています。

もちろん自社内で、工場から出るエネルギーから発電できる設備や、
再生可能エネルギーの設備を備えている新電力会社もあります。

 

しかし、新電力会社のすべてが、
一般家庭向けの電力を売っているわけではないため、
発電設備を持たない会社はそこから安く電力を購入しているのです。

また、この方法の他にも、
電力会社から電力を購入するなどといった様々な方法で、
新電力会社は電力を集めることが出来ます。

 

電力自由化が始まる前は、
地域によって電力を購入できる会社が固定されていたため、
1社のみが独占しているという状況でした。

しかし電力自由化によって、
多くの会社が新電力会社として参入してきたことにより、
価格競争が行われ、私達消費者にとっては、
電気料金がより安価になることが期待されています。

 

新電力のメリットやデメリットとは?

スポンサードリンク

 

新電力に乗り換えることで、
どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

メリット

  • 電気料金が安くなる
  • エコな電気を購入できる
  • 電気の質が落ちない

 

新電力に乗り換える一番のメリットは、
今よりも電気料金が安くなるということです。

現在、新電力会社は電気を買ってもらうために、
多くのプランや特典を用意しています。

乗り換えるだけでも電気料金が5%ほど安くなる場合があり、

場所によっては20%も安くなる可能性があるのです。

 

ただし、乗り換えれば必ず安くなるわけではありません。

新電力会社にはオール電化住宅用のプランがほとんどありません。

オール電化用のプランは、
電力会社がオール電化を普及させるために割安な料金設定にされていました。

新電力会社はそれに対抗できないため、
オール電化プランに代替するものがほとんどないのです。

 

例えば、東京でのオール電化住宅の電気代を比べてみましょう。

東京電力のオール電化プランを使用すれば、
約15,000円だった電気代が、新電力に変更すると下記の様になります。

  • 東京ガス・・・約21,000円
  • ENEOSでんき・・・約25,000円

 

このように、5,000円以上も割高になってしまうのです。

このように地域や住宅の状態によって、
必ずしも料金が安くなるわけではないので、
乗り換えを決める前には必ず料金比較シミュレーションをしましょう。

 

他にも、新電力会社では太陽光や風力発電と言った、
再生可能エネルギーを使用して発電を行っている会社もあります。

原子力発電に対して反対意見がある方や、
火力発電に依存していることの不安や地球環境を考えて、
今後再生可能エネルギーの発展に助力したいと考えている人は、
こういった電気の発生元にも拘って購入することが出来ます。

デメリット

  • 電気料金が高くなる可能性もある
  • 紙の請求書が有料

 

電気料金高くなる可能性がある

各家庭の人数や電気の使用状況によって、
最適なプランは異なります。

例えば、日中はほとんど家にいないにもかかわらず、
日中の電気料金が安いプランを選んでしまうと節電効果はほぼありません。

よく調べずに新電力への乗り換えをしてしまうと、
「以前のプランの方がお得だった!」という事態になる可能性もありますので、
かならず料金シミュレーションを行いましょう。

料金シミュレーションは、
無料のシミュレーターを使うと簡単に調べる事ができます。

紙の請求書が有料

新電力会社は電気使用量、料金を、
インターネットのみで確認できる会社が多いです。

検針票が別途欲しい場合は、有料での発行か、
会員画面から印刷しなければならない事があるので注意が必要です。

 

上記のように、新電力にはメリット・デメリットがあります。

周囲が新電力に切り替えていないのに、
自分が先だって新電力に乗り換えることに、
やはり不安を覚える人も多くいるかと思います。

特に、新電力への切り替えを検討している方達は、
「停電」、「新電力会社の倒産」が大きな不安要素になっています。

しかし、このような電力が不足してしまうという問題に関しては、
大手電力会社からのバックアップが義務付けられていることや、
新電力に変えても送電線は変わらないため、
新電力を購入している家庭だけが停電するといったことはありません。

通常の生活に支障をきたすような事はないので、
その点は安心をする事ができます。

 

失敗しない電力会社選びのポイントとは?

Original update by : イラストAC(きのこ)

 

どの電力会社を選んでも送られてくる電気は以前と変わりません。

再生可能エネルギーを利用して発電する会社を選んだとしても、
家に届く電力は同じ送電線を利用して送電されます。

その為、電気の質が変わる事はなく、
電力会社によって「家電の電力消費量が変わった!」ということにはなりません。

 

そのため、新電力会社を選ぶときに最も最も大切な事は、

  • 電気料金が今よりも安くなるところ
  • セット割引の有無
  • 契約内容の確認

 

以上3点になります。

順番に詳しく見ていきましょう。

電気料金が今よりも安くなるところ

当たり前の用ですが、これが最も重要なポイントです。

この時に気を付ける点は、電気料金のみで比較しないことです。

繰り返しになりますが、
各家庭にあったプランを選択した時の料金を比較することが大切です。

現在電力会社からは様々なプランが提案されています。

自分の家が何人家族で、毎月どれだけの電力を消費しているのかを把握し、
プランごとに比較して今よりも電気料金が安くなるところを探しましょう。

セット割引の有無

新電力会社には、なにかとセットで使用することで安くなる場合があります。

例えば、ガスと電気をセットで契約することで電気料金を割引してくれる、
携帯電話と電気をセットにすると、月々の携帯代が安くなる、

といった特典が付いています。

現在契約しているガス会社や通信会社に、
そういったサービスがないか調べてみましょう。

もちろん上記以外にも、セット割を行っている会社はたくさんあります。

契約内容の確認

プランによっては、特定の時期以内に解約をすると、
違約金がかかる場合があります。

その他にも不安要素になるような契約内容が無いかをしっかりと確認しましょう。

 

電力会社を変更する手順や流れとは?

電力会社の変更は至って簡単に可能です。

1.検針票を用意する

まずは、現在契約している電力会社から届く「検針票」を用意しましょう。

この検針票には電力会社を変更するのに必要な情報が載せてあるため、
必ず必要となります。

2.申し込みをする

次に、新電力会社へ申し込みを行います。

会社によってインターネットで加入出来たり、
店頭での申し込みであったりと様々あります。

店頭で申し込む場合は、必ず検針票を持参しましょう。

元々入っていた電力会社への解約手続きは、
新しく入った電力会社が行ってくれるため不要です。

加入手続きが終了すればそこで終了です。

3.スマートメーターの取り付け(必要な場合のみ)

ただし、自宅の電力メーターがスマートメーターでない場合は
取り付けが必要になります。

スマートメーターとは、
電力会社との通信が可能なデジタル電力メーターです。

通信が可能になったことにより検針作業の必要がなくなり、
電力使用量が数値化されるため、電力会社によっては、
会員ページで電気の使用量をグラフ化するサービスがある場合もあります。

このスマートメーターへの付け替えは、無料で行ってもらえます。

また工事期間は停電することもありません。

 

以上のように、新電力への乗り換えは非常に簡単に行うことが出来ます。

 

まとめ

新電力とは、電力自由化によって、
新しく電力を買うことが出来るようになった会社のことを指します。

これまで地域電力会社が市場を独占していましたが、
新電力の参入によって電気料金が安くなることが期待されます。

 

そんな電気料金の安くなる新電力ですが、
現在契約している電力会社から新電力に変更しても、
送電網が変わることはありません。

また、大手電力会社からのバックアップが義務付けられているため、
新電力に変更した家だけが突然停電になる、といったことは発生しません。

 

ただし、注意すべき点は、新電力会社にすると、
必ずしも電気料金が下がるわけではないということです。

各家庭に適切なプランを選択してみると、
地域電力会社の方が安いということもあるので、
まずはインターネットで電気料金のシミュレーションを行いましょう。

 

新電力会社への変更は非常に簡単で、工事の必要もありません。

そのため、乗り換えに時間がかかるからと焦る必要もないため、
じっくりと比較して、自分の家にあった電力会社を選択しましょう。