給湯器を付け替えたいんだけど、エコキュートとエネファームって何?

これらのメリットやデメリットは?この二つの違いは何?

どちらの方がおススメなの?

 

 

新築時にはもちろん、
古くなった給湯器を新しく付け替えたいと思い調べた時に、
まず考えるのはエコキュートやエネファームの導入でしょう。

しかし、それによるメリットやデメリットが何なのか、
どちらを選んだらいいのかを詳しく教えてくれる業者は多くありません。

今回は、その二つについてなるべく分かりやすく、
違いを並べて比較検討ができるようにまとめました。

 

エコキュートとはどんなもの?

Original update by : 写真AC

 

エコキュートとは簡単に言うと、
空中にある大気熱と電気エネルギーを利用した、貯湯給湯が出来る給湯器のことです。

大気熱を取り込むのには自然冷媒と呼ばれる二酸化炭素が必要ですが、
このエコキュートは、他のフロン系冷媒とは違い、
オゾン層にダメージを与えないものを使用しています。

大気熱を持った自然冷媒が、エコキュートによって圧縮されてさらに高温になり、
その熱で作った湯を貯湯タンクに貯める、というシステムになっています。

大気熱と電気エネルギーを使って湯を沸かすと、
電気エネルギーだけを使って湯を沸かす場合に比べて、
電気消費量が1/3となり非常に効率が良くなっています。

 

エネファームとはどんなもの?

スポンサードリンク


エネファームとは家庭用燃料電池の名前ですが、
そのシステムは「水素と酸素から電気・熱を作ること」です。

都市ガス、LPガスなどから取り出した水素と、空気中の酸素を化学反応させて発電、
さらにその発電によって生まれた熱で湯を作ります。

発電所で作られた電気を家庭に送る場合、発電の熱は利用できなかったり、
送電の際に電力の一部は失われてしまったりと無駄がありますが、
家庭での自家発電ならエネルギーを無駄なくフル活用できます。

一般的には、朝に発電を開始し、同時に湯も作り始めます。

日中に貯湯タンクに湯が溜まっておき、
夜に家族が風呂に入る頃には湯は満タンになっています。

湯を使い過ぎた場合は、バックアップ用の熱源機が稼働するため、
湯切れを心配する必要はありません。

それでは、この二つの機器の違いが何なのか、次でご紹介します。

 

エコキュートとエネファームを比較すると何が違う?

Original update by : 写真AC

 

エコキュートとエネファームの違いを見て比較するために、
まずはメリットとデメリットをまとめてみました。

エコキュートのメリット

  • 割安な深夜電力を使うため、電気代を節約できる
  • 一般的な灯油代やガス代と比べても、給湯費用が安い
  • オール電化を導入することで、電気代全体が割引される制度が利用できる

エネファームのメリット

  • 発電した電気を自家消費する分だけ、電気代を節約できる
  • エネファーム導入によって補助金がもらえる
  • ガス会社によるが、ガス料金が割引される制度を利用できる
  • エネルギー効率が良いため、エコで環境に優しい
  • 自立切換ボックスを別途購入し設置すれば、停電時にも電気を使える
  • 床暖房、浴室暖房乾燥機などにも使える

エコキュートのデメリット

  • 貯湯タンク内の容量以上に湯を使ってしまうと、湯切れしてしまう
  • ライフラインを電気一本に絞ることになるため、非常時のことを考えると不安がある

エネファームのデメリット

  • 初期費用など、かかる費用が高額
  • 電力会社との契約をしないため、電力が余っても売電はできない

 

また、導入にともなう負担金額はそれぞれ、

  • エコキュート ・・・ 50~80万円
  • エネファーム ・・・ 200万円前後

となっています。

また、機器やシステムの違いだけではなく、生活スタイル家族構成によっても
光熱費などが変わってくるため、そちらもご紹介します。

 

例えば大家族だと、電気代が高くなる日中にも必ず家族の誰かが家に居たり、
夏場は風呂やシャワー代が、冬場は床暖房を広範囲で長時間使うために
電気代がかさむことになります。

そういった大家族の場合、
エネファームを導入することで大きな省エネ効果が出て、節約やエコに繋がります。

しかし、そもそも節約や省エネに気を使っている家庭がエネファームを導入すると、
かえって発電に必要なガス消費量が増えてしまします。

また、元々オール電化を導入した電気派であるか、
ガス派であるかの違いも出てきます。

オール電化の家ならば、
当然電気にライフラインを絞るエコキュートとは非常に相性が良く、
そうでないならエコキュートに導入するメリットが減ってしまいます。

 

このように、エコキュートとエネファームを見比べると違いは明確にありますが、
二つを比較し「どちらの方がいい」とは一概に言うことはできません。

 

まとめ

いかがでしたか?

エコキュートとエネファームはどちらも地球に優しく、混同されることもありますが、
以下のように全く違うシステムになっています。

  • エコキュートは電気、エネファームはガスが熱源となる
  • エコキュートには自家発電システムは無いが、エネファームには自家発電システムはある
  • エコキュートの方が費用は安いが、
    生活スタイルなどによってはエネファームの方がより多くの節約になる

 

ただ、この二つを比較して選ぶのではなく、
まずは家庭の生活スタイルや家族構成、エネルギーの使用量などを、
しっかりと見直すことが大事です。

それにより、エコキュートを使うかエネファームを選ぶかは自ずと決まってきます。

ぜひこの記事を参考にして、環境に良く経済的な生活を目指してください。