電気温水器の仕組みは?

電気温水器のメリットデメリットは?

光熱費を抑える使い方は?

 

 

給湯器には主に、
ガスでお湯を沸かす物と、電気でお夜を沸かす物があります。

安全面やエコである事、
そしてオール電化住宅が浸透してきて光熱費が安くなる事もあり、
ガス給湯器より電気温水器にしようと考えている人が増えています。

しかし、電気温水器は、
深夜電気代が安い時間帯にお湯を沸かすので、
電気代が安くなるということは知っていても、
詳しい仕組みは分かりにくいですよね。

 

そこで今回は、電気温水器をより上手く使って、
少しでも電気代を安くするために、
電気温水器の仕組みやメリットデメリット
そして光熱費を抑える上手な使い方について調べまとめました。

 

電気温水器の仕組みは?

Original update by : いしだひでヲ

電気温水器の仕組み

電気温水器は、
電気料金の安い深夜の時間帯に電気でお湯を沸かして、
タンク内に設置したヒーターで湯を温めて貯蔵しておく、
といった給湯システムです。

ヒーターはタンク内の上層と下層に組み込まれており、
タンク内のお湯を温める時には下層部のヒーターを使用し、
昼間お湯が不足してきた時には上層部のヒーターでお湯を沸き足します。

 

タンク内のお湯はいつも満水状態で、
温度の違いで上部は60~90度の熱いお湯、
混合層、下部は水の3層になっています。

タンクの下から給水された冷たい水は下層部のヒーターで温められ、
「お湯は冷たい水より軽く上部に移動する」
という特性を活用して上まで移動し、90度近くまで温められます。

 

湯水の温度差が20度以上になると、
比重の差により「混合層」と言うお湯と水の中間層が出来ます。

電気温水器の供給口は上部にあるので、
お湯の使用時には上部の熱いお湯が出ます。

すると使用したお湯の分だけ、下部から水が足されます。

しかし、混合層が仕切りの働きをしているので、
お湯と水が混ざる事はありません。

混合層の中ではお湯と水はゆっくりと混ざっていきますが、
上部の高温のお湯と下部の水はそのままの状態で保たれます。

 

電気温水器のメリットデメリットは?

スポンサードリンク

 

どんな物にも良い面悪い面がある様に、
電気温水器にもメリットとデメリットがあります。

では、電気温水器のメリットとデメリットとは、
どのような事でしょうか?見ていきましょう。

電気温水器のメリット

  • 電気料金の安い深夜電力を使ってお湯を沸かすので、光熱費が安い。
  • ガスや火を使わないので、ガス漏れや不燃焼などの危険がなく安全である為、
    高齢者だけの家庭や子供のいる家庭でも安心して使える。
  • 災害などで水道が止まった時、
    タンク内に貯めてあるお湯を非常用として使うことが出来る。
  • 構造がシンプルなので故障しにくい。
  • 燃焼系の給湯器に比べ劣化が少なく寿命が長い。
  • 煙や炎が出ないので屋内に設置しても排気の必要がない。
  • 運転音が静かなので深夜や早朝でも気兼ねせずに使うことが出来る。

 

電気温水器のデメリット

  • 使えるお湯の量に制限がある。
  • タンク内のお湯がなくなると、深夜お湯を沸かすまでお湯が使えない。
  • お湯をタンクに貯めるため、大型の機器を設置しなければならず、
    設置スペースが必要となる。
  • 基礎工事が必要となり、コストがかかる。

 

電気温水器には、
このようにメリットもあればデメリットもあります。

電気温水器の購入を考えている方は、
メリットデメリットどちらの点も良く考慮し、
家族構成や居住環境などと照らし合わせて決めると良いでしょう。

 

電気温水器の光熱費はどのくらい?

Original update by : 工藤隆蔵

 

では、電気温水器を使用した時の光熱費は、
どのくらいになるのでしょうか?

家族構成やお湯を使う頻度、量によっても変わってきますが、
一般的な4人家族の場合では、、
電気温水器のひと月の光熱費は目安として、4000円ほどです。

同じ家族構成で、ガス給湯器を使った場合の光熱費は、
5000円ほどになります。

 

そこで、電気温水器の稼働時間が、
深夜の電気料金の安い時間帯だという事は、
コスト削減に大きく関係していると言えます。

また、電気温水器のリモコン操作機能を上手く使い、
お湯を使う時は節電・節約に気を付ける事によっても、
光熱費はさらに安くなります。

 

光熱費を抑える上手な使い方は?

電気温水器以外でも、
家庭で使用する電気機器はたくさんあるのでそれだけ電気代もかかります。

特に最近はオール電化住宅などが浸透してきているので、
節電できるところはうまく節電して光熱費を安く抑えたいですよね。

光熱費を抑える電気温水器の使い方を調べましたので見ていきましょう。

光熱費を抑える電気温水器の上手い使い方

フルオートタイプではなくセミオートタイプか給湯専用タイプにする

フルオートタイプは、
全部自動運転で行ってくれるのでとても便利です。

しかし、お風呂に入らない時間も、
保温機能でずっと通電している状態なので、
その間も電気代がかかります。

セミオートや給湯専用タイプは、
お湯はりを行った後は電源がオフ状態になっているので、
保温に使う無駄な電気代を使わなくて済みます。

家族の人数が少なければ、使わない時間は電源を切っておくようにする

入浴する人数が少ないと、お風呂の空き時間も長くなります。

その間は電源を切っておくと、無駄な電気を使わなくて済みます。

お風呂は出来るだけ続けて入るようにする

入浴時間がバラバラだと余計に光熱費がかかります。

その上入浴時間の間が空くと、その間にお湯は冷めてしまい、
入る度にお湯を温めなおさなければなりません。

そこで、なるべく浴室が温かく浴槽のお湯が冷めないうちに、
続けてはいる様にすると余計な電気代がかかりません。

タンクの容量を決める時、湯切れや湯余りを起こさないような容量のタンクを選ぶ

電気温水器を購入する時、
タンクの容量を決める事はとても大切です。

1日に使えるお湯は、タンク内で沸かしたお湯に限られます。

家族の人数や来客数、お湯を使う頻度などを考えて、
調度良い容量のタンクに決めましょう。

大きすぎてお湯が余ってしまったり、
小さすぎて足りなくなり沸き足しをしたりすると、
それだけ余分な電気代がかかったり、ロスになったりします。

 

一般的な家族構成によって、
推奨されているタンクの容量は以下となります。

  • 3~4人の場合・・・370L 
  • 4~5人の場合・・・460L 
  • 5~6人の場合・・・550L

 

しかし来客の数や頻度、
この先の家族構成に変化がある場合などによっても変わるので、
家族構成やお湯の使用状況に合ったタンクの大きさを決めて下さい。

余分やお湯の量を減らし設定温度を下げる。

温めるお湯の温度が高く、お湯の量が多いと電気代が高くなります。

余分なお湯の量を減らし、お風呂で42℃設定の場合は、
温度を高くしなくて良い時は、
設定温度を38℃くらいまで下げるようにするなど、
こまめに温度や湯量を調節すると切電になります。

自分のライフスタイルに合わせた電気料金プランを選ぶ。

深夜電力にも違いがあります。

例えば深夜電力は、午後11時~午前7時までの間の、
電気代が安くなる8時間通電タイプが基本ですが、
午前1時~午前6時までの間の、
電気料金が安くなる5時間通電タイプなどもあります。

夜遅い時間帯や朝方入浴する人は、
夜間電力の稼働時間と重ならないで入浴できるので、
このプランの方があっています。

 

このように自分のライフスタイルに合った、
1番効果的な電気料金プランを選ぶ事が最も重要です。

また電力会社以外の企業から供給されている新電力は、
従来の電力会社より安く電力を発電しているので、
より電気代が安いお得なプランを用意している事があります。

 

また、電力会社自体の変更を考え直してみるのも、
光熱費を抑える一つの方法です。

電気温水器は、
電気やお湯を使えば使う程電気代は高くなります。

そこで、普段から無駄な電気、無駄なお湯を使わない様、
ちょっとしたことに気を付けるだけで電気代を抑える事ができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

電気温水器とは、
電気代の安い深夜の時間帯に電気でお湯を沸かし、
ヒーターのついたタンク内に貯めておくシステムです。

電気温水器には4つのメリットがあり、
中でも光熱費を節約できることが、
一番直接的なメリットとして上げられます。

電気温水器は大きなタンクが必要なため、
設置スペースと工事コストがかかる事が大きなデメリットです。

 

電気温水器の光熱費を抑えるには、
タンク選びや、お湯の温度が冷めない工夫、
温度湯量調や整料金プランの選び方など、
光熱費を抑えるために気を付けるいくつかの点があります。

何よりも電気温水器を使わない時は、
電源を切っておくことが一番の節約になります。

 

電気温水器を使う時、
毎日のちょっとした心がけで電気料金を減らすことが出来ます。

賢く上手に使って電気代を減らしましょう。