電気温水器とガス給湯器の違いは?

電気温水器とガス給湯器それぞれのメリットデメリットは?

結局、どちらの光熱費の方が安い?

 

 

給湯器を購入する時、電気温水器とガス給湯器の違いや、
結局どっちがお得か分からずに迷ってしまうのではないでしょうか。

長く使うにはできるだけ光熱費がかからなくて、
使い勝手の良い方を選びたいですよね。

しかし、詳しい違いが判らないと、
どちらにしたらよいのか分からず迷ってしまいます。

 

そこで今回は、電気温水器とガス給湯器の仕組みや、
それぞれのメリットデメリット光熱費の比較や、
どのような場合にはどちらの給湯器が向いているかなど・・・

両者の違いについて様々な面から比較してみました。

 

電気温水器とガス給湯器の違いは?

Original update by : Akino Ann

 

電気でお湯を沸かす電気温水器と、
ガスでお湯を沸かすガス給湯器。

お湯を沸かす方法が電気とガスの違いは分かっても、
詳しい違いは分からないという人が多いでしょう。

そこで、
電気温水器とガス給湯器の仕組みをそれぞれ見ていきましょう。

 

電気温水器の仕組み

電気料金の安い深夜の時間帯に電気でお湯を沸かし、
ヒーターを取り付けたタンク内に貯湯しておき、
お湯を使う時はこのタンク内に貯めておいたお湯を使います。

ガス給湯器の仕組み

水栓が開かれるとバーナーに着火し、
水が流れているパイプを温めお湯を沸かす給湯器です。

温度の調節はガスの量・水の量によって行われ、
温度を上げたい時はガスの量・水の量を増やし、
温度を下げたい時はガスの量・水の量を減らして温度調節をします。

水栓を閉じると自動的にガスは消化します。

 

電気温水器は、夜間に温めたお湯を、
タンクの中に貯めておいて、その貯めたお湯を使います。

ガス給湯器は、お湯を使う度に、
使う分だけガスで沸かして使います。

 

電気とガスの違い以外には、
貯めておいたお湯を使う事と、使う度にお湯を沸かす事が、
電気温水器とガス給湯器の大きな違いと言えるでしょう。

かつてはガス給湯器も貯めておくタイプの物もありましたが、
今は家庭で使うガス給湯器は、
瞬間湯沸かし器型がほとんどです。

 

次は電気温水器のメリットデメリット、
ガス給湯器のメリットデメリットを、
それぞれ挙げて比較してみましょう。

 

電気温水器のメリットデメリットとは?

スポンサードリンク

電気温水器のメリット

  • 燃焼機器がないので劣化しにくい。
  • 機器の寿命は約20年と長い。
  • タンクに一定量のお湯を貯められるので、災害時などに非常用水として使える。る。
  • 火を使わないため燃焼音がなく静かで安全。
  • 夜間の電気代が安い時間にお湯を沸かすので光熱費が安い。

 

電気温水器のデメリット

  • タンク内に貯めてあるお湯を使ってしまうとお湯が足りなくなる。
  • ある程度の量のお湯をタンクに貯めておかなければならないので、
    設置場所が必要になり、基礎工事費もかかってしまう。

 

ガス給湯器のメリットデメリットは?

Original update by : いしだひでヲ

ガス給湯器のメリット

  • 使いたい時に必要な分だけ沸かすので、お湯切れやロスの心配がない。
  • コンパクトなタイプが多いので設置場所に困らない。
  • 給水管に直結しているので、出てくる湯量も多くお湯はいつも沸きたてで清潔。

 

ガス給湯器のデメリット

  • 燃焼部が劣化しやすい。
  • 機器の寿命が10年と短い。
  • ガスが燃焼する際のファンの回る音がうるさい。
  • ガス漏れや不燃消などの事故の心配がある。

 

電気温水器、ガス給湯器、
それぞれにメリットデメリットがあるため、
生活スタイルに合わせて選択する必要があります。

最近は、電力自由化に伴って、
電気プランを自由に選べるようになっており、
電気温水器の方がお得になるケースも増えています。

 

電気温水器とガス給湯器にかかるお金を比較すると?

電気温水器もガス給湯器も、その家の家族構成や、
普段お湯を使う量などによってかかる光熱費は変わってきます。

一般的に家庭で使われる消費エネルギーを比べるとして、
電気温水器、ガス給湯器それぞれにかかる、
初期費用と光熱費を比較してみましょう。

 

初期費用

ガス給湯器

器具の値段と取り付け工事 ・・・ 30~40万程

電気温水器

器具の値段と取り付け工事 ・・・ 50~60万程

 

ガス給湯器は機器がコンパクトで設置が簡単なので、
ガス給湯器の方がコストは安くなります。

逆に電気温水器は、お湯をためておく大きなタンクと、
設置する場所の基礎工事が必要なので、
初期費用はかなりかかります。

 

光熱費

ガス給湯器

都市ガスかプロパンガスか、
どちらを使っているかでも大きく違ってくるのですが、
一般的な都市ガスを使った場合は、
家族4人で月5,000円ほどです。

またガス給湯器はガスだけでなく、水量センサーやリモコン、
温度センサーなどの電気代も併せてかかるため、
その分もガス代に上乗せされて費用がかかります。

電気温水器

深夜電力は日中の電力より安い料金設定となっているため、
深夜帯に使うと安くなります。

目安としては、家族4人で月4000円ほどです。

 

光熱費は夜間割引料金が使えるため、
電気温水器の方が安くなります。

そして使用期間が長くなるほどその差は出てきます。

電気温水器とガス給湯器の電気代を、
初期費用と光熱費とで比べると、
トータル的には同じくらいになりますが、
長く使用する事を考えた場合、
光熱費が安い電気温水器の方が安く済むかもしれませんね。

しかし最近は、ガス給湯器でも、
お湯を沸かす時に出る排熱を再利用して、
水を温める「エコジョーズ」と言う機器が主流になってきました。

これにより熱効率が上がり、ガスの使用量が減るので、
この機器を使うとガスの光熱費もより安くなります。

 

こんな場合は電気温水器とガス給湯器どちらが向いている?

電気温水器とガス給湯器、
それぞれの特徴やメリットデメリットによって、
そのご家庭に電器又はガスが向いているケース、
向いていないケースがあります。

どちらにはどのようなケースが向いているのか
見ていきましょう。

 

電気温水器が向いているケース

少人数の家族

電気温水器はタンクに一定量貯めておいたお湯を使います。

人数が多くなるとお湯を使う量も増え、
貯めておいたお湯が足りなくなる可能性もありますので、
少人数家族の方が向いています。

冬でもあまり寒くならない地域

寒いとお湯の使用量も増えます。

冬場寒くなりすぎず、年間を通して、
お湯の使用量があまり変わらない地域の方が向いています。

高齢者だけの家庭

電気温水器なら火を使わないので、火事やガス漏れ、
一酸化炭素中毒などの事故を起こさないので安心です。

また電気温水器はガス給湯器程高温にはならないので、
火傷事故などの危険を防げます。

オール電化の家庭

オール電化ならば、
電気温水器だけでなく他の電気機器も、
夜間の電気代が安い時間に設定することができ、
より光熱費が安くなります。

 

ガス給湯器が向いているケース

初期費用を抑えたい方

ガス給湯器の機器はコンパクトなので、
低コストで設置できます。

お湯の使用量があまり多くない家庭

ガス給湯器の光熱費は、ガス代の他に、
ガス給湯器を作動させる装置の電気代もかかるので高くなります。

そこで、お湯の使用量が少ないほど光熱費が抑えられます。

 

それぞれの機器の特徴や家族構成、家庭環境などによっても、
どちらの方が向いているのか変ってきます。

電気温水器とガス給湯器とを迷っている時には、
これらの事も考えに入れて決めるといいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

電気温水器とガス給湯器には、
お湯を沸かす熱エネルギーが電気かガスかであることの他に、
寿命や設置コスト・スペース、騒音、安全性などの違いがあります。

費用に関して電気温水器とガス給湯器を比較すると、
電気温水器はガス給湯器よりも、
初期費用がかかりますが光熱費は安くなります。

その為、長く使うことを考えた場合には、
ランニングコストの安い電気温水器の方がお得でしょう。

 

電気温水器とガス給湯器どちらが向いているかは、
ご家庭の家族構成や住居環境などによって変わる為、
ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。