スマートハウスのHEMSとは?

HEMSのメリットデメリットは?

HEMSを導入する時に注意する事は?

 

 

スマートハウスのHEMSと言う言葉を、
聞いた事があるでしょうか?

このシステムは、省エネ・エコ・CO2削減などが、
多くの人に考えられるようになってきた今から未来に向けて、
住みやすいクリーンな社会を作っていくうえで、
とても重要なシステムです。

しかしながら、まだあまり知られていないのが現状です。

 

そこで今回は、少しでも多くの人に、
スマートハウスのHEMSについて理解し興味を持っていただくために、
その特徴や仕組み、メリットデメリットについて説明しいていきます。

 

スマートハウスのHEMSとは?仕組みや特徴は?

Original update by : イナガキヨリカズ

 

スマートハウスのHEMSについて、
現状ではまだあまり浸透していないので、
よく知らないという人の方が多いでしょう。

しかしこれから広まっていくことが予想される政策ですので、
まずはスマートハウスのHEMSとはどのようなものなのか、
理解するためにその仕組みや特徴について見ていきましょう。

 

スマートハウスとは?HEMSとは?

スマートハウスとは

IT技術を使って、
家庭内のエネルギーを管理コントロールしてくれるシステムにより、
エネルギー消費量が最適化されたエコ住宅の事です。

HEMSとは

Home Energy Management System(へムス)の略で、
家庭内のエネルギー機器や家電などをネットワーク化して、
エネルギーの使用を管理・コントロールするシステムです。

 

では、HEMSとは具体的にどの様な事をするシステムなのか、
その仕組みや特徴を説明していきましょう。

 

HEMSの特徴

HEMSには以下の2つの特徴があります。

エネルギーの見える化

これまでエネルギーの使用量は、
電気会社やガス会社から送られてくる、
明細書を見る事でしか把握できず、
掲載されているのは総使用量だけでした。

しかしHEMSを導入することで、
自宅の家電エネルギーそれぞれの使用量を、
数値として細かく見る事ができるようになります。

エネルギーの一元管理

今は、家電機器それぞれをリモコンやスイッチで操作していますが、
家電をネットワーク化することにより、PCやタブレット端末で、
家中の電力使用量を管理・操作できるようになります。

この管理システムにより、例えば、
今まではタイマーで時間設定ができるだけだったエアコン操作も、
室温が設定温度以上になったら風力が弱くなったり、
1日の電力使用量の設定を超えたら自動的に電源が切れるなどの、
自動制御ができるようになります。

 

また、帰宅前にエアコンを入れて部屋を暖めたり、
消し忘れた電気を切るなど、
外出先から家電を遠隔操作することもできます。

このような自動制御や遠隔制御により、
無駄な電力消費を抑える事ができます。

 

HEMSの仕組み

家庭の電気機器をネットワーク化し、
分電器に電気量を測るユニットを設置して、
インターネットで情報を共有します。

それによってユニットが測定した電力使用量を、
パソコンで確認する事が出来ます。

 

HEMSを導入することにより、
全ての家電・エネルギー機器の電力使用量を、
数値やグラフで細かく見る事ができるようになります。

また家電機器を自動制御や遠隔制御で、
管理コントロールできるようになるため、
節電意識が高まって省エネ効果が期待できそうですが、
実際には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

スマートハウスのHEMSのメリットは?

スポンサードリンク

 

スマートハウスのHEMSを導入することにより、
以下のメリットが得られます。

 

  • エネルギー使用量を具体的に数値で見られる事によって、一目で無駄などが分かる。
  • 毎日、毎週、時間帯でも電力使用量をグラフで見る事ができ、
    また過去のデータと比べる事も出来るので節電する気が出てくる。
  • 設定によって、家電機器ごとや部屋ごとの電力使用量を把握できるので、
    節電計画が立てやすくなる。
  • エネルギー消費量に応じて、
    ポイントやスタンプキャラクターなどで評価されるものもあるので、
    子供も楽しみながら省エネに取り組むことが出来る。
  • エネルギーの一元管理システムにより、外出先から家電を遠隔操作できる。
  • 電気代が安くなる夜間の時間帯に自動運転する設定ができる。
  • 電気代が高い時間帯は節約運転を設定できる。
  • 太陽光発電や蓄電池を導入している場合には、
    システムを連動することにより、これらの発電量や電力使用量蓄電量がわかる。

 

今までは毎月ごとの総使用量しかわからなかった電使用量が、
HEMSシステムを導入することによって、
時間帯や家電ごとなどそれぞれの使用量を、
数値やグラフで細かく把握できるようになります。

ですので、どの電力をどれだけ節電すればよいのか、
明確な節電計画が立てられるようになります。

 

また、自動制御によって電気代が安い時間に家電を動かし、
電気代が高い時間帯は節電運転してくれるので、
無駄な電力消費がなくなり、光熱費が安く済むので、
かなり省エネになりますよね。

 

スマートハウスのHEMSのデメリットは?

Original update by : 中村写真事務所

 

HEMSには多くのメリットがありますが、
一方でやはり以下のようなデメリットもあります。

 

  • 総体的なコストが高い。
  • まだ世間の認知度が低い。
  • 家電をネットワーク化するには、HEMSの通信規格、
    「ECONET Lite」 対応家電に変えなければならないので事前費用がかかる。

 

HEMSシステムを利用すれば、
かなり電力使用量を抑えられて光熱費削減になります。

ですが、まだ世間での認知度が低い事や、
HEMS対応の家電に買い替えなければならない事を考えると、
実際には導入までにかなりコストが高くついてしまう恐れがあります。

HMS導入後の節電によるコスト削減が、
この消費をカバーできるのかという心配があります。

 

スマートハウスのHEMSを導入する際の注意点は?

では、実際にHEMSを導入する際には、
どのような点に注意すればよいか見ていきましょう。

 

HEMSを導入するにあたっては、
電力使用量を測るだけならどのメーカーの家電でも大丈夫です。

ですが、遠隔操作などをする場合には、
「ECONET Lite」と言う規格に対応した電化製品でなければならないので、
従来の電化製品は使えず買い替えなければなりません。

 

そして電気の他ガスや水道を連動する場合、
ガスも水道もHEMS対応のメーターに変える必要があります。

その際、ガスメーターは無料交換してくれますが、
水道メーターの交換費用は個人持ちになります。

 

HEMSはまだ世間での認知度低も低いため、
あまり普及していません。

その為、HEMS設置に必要な物を揃えるとコストが高くなります。

そこで、HEMS導入を考えている方は、
導入までにかかる費用の支出と、
HEMSを導入してからのコスト減になる比率やライフ計画を、
よく考えて導入を検討した方がいいでしょう

 

まとめ

いかがでしたか?

スマートハウスのHEMSとは、
エネルギーマネージメントシステムにより、
家庭内のエネルギー消費が最適化されたエコ住宅の事です。

 

HENSの特徴は、エネルギーの見える化と、
エネルギーの一元管理ができることです。

HEMSを設置することで、
家庭内全ての電力消費量を数値で見る事ができるようになり、
その為一目で無駄などが分かり、節電計画をしやすくなります。

外出先からの遠隔操作や電気代が安い時間に家電を動かし、
電気代が高い時間は節約運転をするなど、
自動的にエネルギー制御をしてくれます。

 

節電にとても役立つHEMSですが、
まだまだ世間での認知度が低いため、
設置には高コストがかかってしまうという問題点があります。

政府は2030年までに、
全ての住いにHEMSを設置することを目指しています。

その為毎年ではありませんが、
国や地方自治体は助成金制度を設けたりしていますので、
HEMS導入を考えている方は、確認をしておくとよいでしょう。