内壁の省エネリフォームってどういうこと?

効果やメリットデメリットを知っておきたい!

 

 

省エネやエコといった言葉が
飛び交うようになっている現代ですが、
「生活の場である家を省エネにしていこう」
という動きが出てきています。

そんな中「スマートハウス」という言葉を、
聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし言葉は知っていても、
実際にどんなものなのかは未知の部分が多いですね。

 

ここではスマートハウスの省エネリフォームについての
情報をまとめていきます。

良いも悪いも知っておくことで、
いざという時の参考にしてくださいね。

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォームとは?

Original update by : 紺色らいおん

 

スマートハウスのリフォームとは、
家庭内の使用電力を監視して、
省エネルギー化を目的とした家のことです。

家庭で使用するエネルギーを、
最適に制御する装置を組み込んだ、
未来が今になる、新しい省エネ住宅です。

 

現代のエネルギー多消費型の暮らしでは、
従来の断熱・発電技術を取り入れた高省エネ住宅も、
その性能だけでは十分にエネルギー消費を補うことができません。

太陽光発電だけでは実現できない、
高効率なエネルギーの使い方を考えた、
賢い省エネ住宅がスマートハウスなのです。

 

エコリフォームというと、一番連想されやすいのが、
省エネ・ゼロエネを達成させる住宅仕様への改修です。

高性能機器導入が基本であり、経済の活性化にも繋がるので、
政府の補助金や、税制優遇などの制度が整っているのが特徴です。

 

省エネ・ゼロエネを達成するためには…

  • 省エネ家電や高効率給湯器などの導入
  • 冷暖房効率を上げるための断熱リフォーム
  • 太陽光発電やエネファームなどの導入
  • 蓄電池などの機器の活用

 

これらを駆使して、
エコなエネルギー利用を促進していきます。

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォームの効果は?

スポンサードリンク

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォームを導入した場合、
どのような効果が得られるのでしょうか。

主な効果を見ていきましょう。

 

断熱効果

戸建て住宅では、
次世代省エネルギーレベルに近い断熱性能を持って、
初めて普通のマンションに近い断熱性能を確保できます。

建物全面への外気の影響を抑えることができるので、
夏涼しく、冬暖かい、快適な住まいが実現できます。

 

ヒートブリッジの抑制

外壁と内壁の間にある柱などが、
熱を伝える現象をヒートブリッジといいます。

外気温が室内に伝わってくるため熱効率が悪くなり、
結露の原因にもなると言われています。

高性能断熱材・外壁断熱の活用や、
断熱材の充填ムラを無くすことによって、
熱効率を高めることができます。

 

気密性を上げる

戸建て住宅がマンションより暑い・寒いと感じやすいのは、
気密性の低さが原因です。

開口部が少なく外壁の厚いマンションに比べて、
戸建て住宅は建物全面が外気に影響されやすいことが理由です。

断熱性能を高める高気密性を高めることで、気温差が感じにくく、
快適に過ごすことのできる家づくりが実現します。

 

24時間換気システム

室内の空気の汚れは、
住宅の高気密性と相反する問題です。

24時間換気システムの導入により、
熱エネルギーのロスを最小限に抑えることができます。

常に屋外から取り入れた新鮮な空気を循環させ、
断熱率の高い高気密性能と住む人にやさしい家づくりを両立させます。

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォームのメリットデメリットは?

Original update by:はむぱん

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォームには、
メリットデメリットが存在します。

どちらも理解しておくことで、導入の際の検討材料になります。

 

メリット

スマートハウスのメリットは、
電気料金や光熱費を節約できることです。

無駄なく電気を利用するシステムを日常使い続けることによって、
年間費用はかなりダウンするでしょう。

また、エネルギー使用量を把握することで、
更なる節電効果も期待できます。

更に、蓄電池や太陽光発電システムなどを導入しているのであれば、
非常時の備えにもなります。

エコカーを購入すれば、
自動車の維持費を抑えることも可能です。

そしてエコな活動をしているという、
自負も持てそうな所も魅力のひとつです。

 

デメリット

スマートハウスのデメリットは初期費用の高さにあります。

どの設備も数十万から数百万の出費を必要とするため、
全てを揃えようとすると一般住宅よりもかなり割高になってしまいます。

また、まだ普及率が少ないことから、
使い勝手や効果を確認する術がありません。

各社で規格が統一されていないのも不安材料のひとつです。

設備が増えれば増えるほど電気料金削減効果は大きくなるので、
年間の電気料金はかなり抑えられる傾向にあります。

 

設備ごとに補助金も設定されているので、
「電気料金削減効果」と「補助金」と「設備の初期費用」を比較し、
コストパフォーマンスを考えた上で、
導入の是非を判断するようにしましょう。

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォーム導入時の注意点は?

スマートハウスの内壁の省エネリフォームを導入する場合は、
いくつか注意点があります。

ひとつは、家電でも、
スマートハウス対応のものから選ばなければならない」
という制限がかかることです。

機器によってはメーカーごとの相性があることもあり、
使い勝手が悪いと言う声も上がっています。

どのくらいの制限があるのか、
事前に調べておく必要があるでしょう。

 

スマートハウスに明確な定義がありません。

各種スマートアイテムを搭載していたとしても、
耐震性や気密断熱性、快適性など、
基本性能をおろそかにした住宅であれば、
効果は半減してしまうのです。

また、「省エネできるように家電をコントロールしてくれる」
とはいいますが、家族のライフスタイルがみんなバラバラだと、
モードの設定や選択も難しいといわれているのです。

 

表向きの良い謳い文句に踊らされず、
欠点にも目を向けて、トータル的に判断した上で、
冷静な選択をすることをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

スマートハウスとは、家庭内の使用電力を監視して、
省エネルギー化を目的とした家を指します。

様々な省エネ機器の導入を駆使して、
エコなエネルギー利用を促進していきます。

 

スマートハウスの内壁の省エネリフォームの効果としては…

  • 断熱効果をアップさせ気密性の高い家で快適に過ごす
  • ヒートブリッジの抑制で熱効率を高める
  • 24時間換気システムの導入でいつでもクリーンな空気に入れ替える

 

家の状態や家族ライフスタイルによっては、
効果が得られない可能性もあります。

メリットもデメリットも考慮してトータル的に判断した上で、
冷静な選択をしましょう。