オール電化って便利そうだけれど、停電したらどうなるの?

オール電化での停電対策を知りたい!

 

 

新築購入やリフォームをすると、
必ずと言っていいほど話題になるのがオール電化住宅です。

オール電化は家庭の光熱費を、
すべて電気だけでまかなうシステムですね。

ガス代がゼロになる、家庭の光熱費を電気代にまとめられる、
というメリットがある反面で、
全て電気にすることで不安になる部分もあります。

 

それは、災害や地震などで、
停電してしまった時にどうなるのかということです。

ここではオール電化の停電対策を考えていきましょう。

 

オール電化で困ることとは?

Original update by : ケニー

 

オール電化は見た目にもスマートでお洒落な感じがしますが、
オール電化での困りごととはどんなことなのでしょうか。

停電

オール電化で1番困るのは停電になった時でした。

電力にすべてを頼ることになるので、
停電が起きれば家の機能が全て使えなくなります。

災害時のライフラインの復旧は早いのですが、
東日本大震災の後の計画停電を思い出してください。

そのような状況になったときには、
料理をすることもできなくなってしまいます。

ガスであれば火を使うことができるので、
停電時も料理をしたりお湯を沸かしたりと、
最低限の事はできるので不安が軽減されるといえるでしょう。

調理器具を選ぶ

オール電化にすると、料理をする時もガスコンロではなく、
IHクッキングヒーターを使用します。

しかしIHの場合は、
調理器具が何でも使えるわけではありません。

簡単に言えば、磁石がくっつく調理器具でないと使えないので、
「IH対応」の調理器具を用意することになります。

リフォームでオール電化にした場合は、
今まで使っていた調理器具を、
すべて買い換えなければいけなくなります。

調理の火力が弱い

意外にもガスに比べてこんな困りごとが寄せられています。

実際に料理をしてみると、
ガスに比べて火力が弱いのが問題視されています。

炒飯などの中華料理を自宅で作る場合は、やはり火力は大事です。

また、IHは鍋を振って使用することができません。

すると、火力が必要な料理は美味しくできない
という困りごとに繋がるのです。

 

オール電化で停電した時の備えとは?

スポンサードリンク

 

オール電化にした際に1番の困りごとであった、
停電について考えていきましょう。

停電はいつ起こるか分かりません。

その日のために、事前に供えておけば不安も和らぎますよね。

それではオール電化で停電した際の、
備えておきたいものをこれから見ていきましょう。

家庭用蓄電池

家庭用蓄電池は、文字通り、
家庭で電気を溜めておくことができる機械です。

数時間の停電であれば普通に生活できるでしょう。

ただ、家庭用蓄電池はまだまだ価格が高いのがネックです。

初期費用は数十万円にもなるといわれています。

太陽光発電

オール電化にするのであれば、
太陽光発電も一緒に導入すると安心です。

停電になっても、
太陽の光さえあれば電気を使うことができます。

太陽光発電の中には電力を溜めておけるものと、
溜められないものがあるので注意です。

仮に溜めておけなくとも、
日中は問題なく電気を使用することができます。

 

オール電化住宅では、停電になった時を想定し、
必要なものを備えておくことが重要です。

ここで紹介したものはちょっと高価なものが多いので、
次の章では手軽に備えられるアイテムを紹介します。

 

オール電化の停電対策でおすすめのアイテムとは?

Original update by : kotoM

 

いきなり高価な備えは難しいので、
もっと手軽で、用意しておくと便利なアイテムを見ていきましょう。

オール電化の停電に備えておきたいのは、
照明器具や暖房器具、調理器具です。

ランタン

停電が夜であった場合、
やはり足元を照らす灯りがないのは心細いですよね。

そこで便利なアイテムが電池式のランタンです。

今は100均などでも売られているので、
手軽に用意できるアイテムですね。

もちろん電池も備えておきましょう。

電池式であれば停電でもランタンで灯りを作ることができます。

小さな灯りでもやはりあった方が安心感は増しますね。

他にも、電池で稼働する暖房器具もおすすめです。

クーラーボックス

オール電化に限らず、
停電すると冷蔵庫が全く機能しなくなります。

特に夏場は生ものがすぐに傷んでしまうので、
より心配になりますよね。

復旧の見込みがあるのであれば、
生ものはクーラーボックスに移し替えておくと、
傷まずに済みますよ。

またペットボトルなども、クーラーボックスを活用することで、
ぬるくなるのを防ぐことができます。

カセットコンロ

オール電化住宅の場合、停電してもガスがありません。

そこで料理ができないという困りごとが発生するというのは、
上記の内容で理解いただけたと思います。

そこで用意しておくと便利なアイテムがガスコンロです。

補充ガスと一緒に用意しておけば、
停電中であっても火を使うことができます。

停電だけでなく災害時にも活躍してくれるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?

オール電化住宅の1番の困りごとは、
停電が起きた時に機能がストップしてしまうことです。

電気のみに頼っているので、
停電すると何もできなくなってしまうのですね。

 

そこで、停電の時の為に用意しておきたいものとは…

  • 太陽光で電力を発電する太陽光発電の併用
  • 電気を蓄えておくことができる家庭用蓄電池
  • その他、照明器具、暖房器具、調理器具など

 

照明器具、暖房器具、調理器具は、
備えのアイテムとしては最適ですが、
どれも電気を使わないものを選ぶことが重要です。