プロパンガスは都市ガスに比べて高いというイメージだけれど…

オール電化にしたら、プロパンガスとどっちがお得なの?

 

 

自宅が都市ガスならともかく、
プロパンガスとなると料金が割高ですね。

プロパンガスを使うことに、
損をした気分を味わっている人も多いのではないでしょうか。

しかし購入した家がプロパンガスだった場合、
仕方ないと考えていませんか。

今はガスで賄っている部分を、
「オール電化」という形で電気にすることができます。

 

ではオール電化とプロパンガスでは、
どちらがお得になるのでしょうか。

ここでは、
オール電化とプロパンガスの料金を比較していきます。

 

オール電化とプロパンガスのそれぞれの特徴とは?

Original update by : acworks

 

まずはオール電化とプロパンガスの、
それぞれの特徴を見ていきましょう。

オール電化

オール電化は光熱費の基本料金を一本化して、
すべてを電気で賄う仕組みです。

本来ならガスを使用するキッチンや給湯なども、
すべて電気で動かします。

安い深夜料金になる電力を利用して熱を作ることができるので、
その点では経済的だと言われているシステムです。

 

キッチン設備はガスではなく、
電気を使って調理をするIHクッキングヒーターが使われます。

給湯は夜間の間にお湯を沸かし、日中に沸かしたお湯を溜めておく、
エコキュートや電気温水器を使用します。

暖房もガスや灯油ではなく、エコキュートの熱を利用した「床暖房」や、
夜の間に蓄熱しておき、その熱を日中に利用する、
蓄熱ヒーター」という暖房機が使われています。

 

このようにガスを全く利用しなくなるのがオール電化の特徴です。

プロパンガス

プロパンガスは「液化石油ガス」を意味するもので、
圧縮すると常温で液化しやすいブタンや、
プロパンを主成分としたガス燃料のことです。

常温でも8気圧と比較的低い圧力で液化するので、
ボンベに充填して運搬がしやすいといわれており、
そのため、都市ガスのインフラが行き渡っていない、
郊外や地方都市でも幅広く利用できるようになっています。

 

プロパンガスの事業所は全国に数万社あると言われていますが、
元売り、卸、小売りなど販売業態もさまざまで、
正確な数が把握できていないのが現状です。

料金はいわゆる自由料金で、
公的な適正価格やガイドラインはなく、
販売店の裁量に任されています。

そのため、同じ販売店から買っている場合でも、
契約の仕方や時期で値段が異なるのが特徴です。

 

オール電化とプロパンガスの費用を比較すると?

スポンサードリンク

 

それでは、オール電化とプロパンガスの費用を比較していきましょう。

まずは基本的な料金を見ていきます。

オール電化の住宅では、
調理にはIHクッキングヒーターが設置されています。

このIHの電気代と、ガスで調理した場合のガス代を、
比較してみましょう。

 

1kWhあたりのエネルギーコストを見ていきます。

  • オール電化 ・・・ 昼間 = 31.64円 / 夜 = 12.16円
  • プロパンガス ・・・ 21.21円

 

そこに基本使用料をプラスしていきます。

プロパンガスの場合は、ガスだけでなく電気も使用します。

すると…

  • LPガスと電気の併用の場合基本使用料は合計で2,533円
  • オール電化の場合は電気の基本使用料のみで1,296円

 

結果、オール電化とプロパンガスの、
1kWhあたりのエネルギーコスト比較だけを見ると、
オール電化の昼間の電気代が上がることから、
あまり差がないように見えます。

しかし、基本使用料を含めて考えると、
オール電化は基本料を1本化しているので、
料金がかなりお得になることが分かります。

 

その他の使用エネルギーコストを見ていきましょう。

オール電化(昼) オール電化(夜) プロパンガス
湯沸しコスト 331円 127円 127円
調理コスト 47円 18円 31円

 

解説していくと…

湯沸しコストは、
毎回お湯を沸かさなければいけないプロパンガスに比べて、
オール電化の場合は夜間のコストが昼間の約1/3と、
とても低いことが分かります。

湯沸かしの面から見ると、エコキュートなどで、
安い夜間電力を利用してお湯を沸かしている
オール電化の方が経済的といえます。

 

調理コストは、
代表的な料理としてカレーを例にあげています。

カレーの具材を5分炒め、水を加え15分煮込み、
ルウを入れ10分煮込んだとして計算し、
消費電力を1.5kWhとしています。

オール電化の夜間時間帯はコストが低いですが、
調理をする時間を考えると夜間時間帯以外、
と考えるのが自然です。

ましてや日中に調理をした場合は、
オール電化の料金単価が1番高くなるので、
プロパンガスの方がコストが低いという計算になりますね。

 

プロパンガスとオール電化ではどちらがお得?

Original update by : buri

 

最終的にプロパンガスとオール電化は、
どちらがお得なのでしょうか。

料金だけでなく、全体的に見て比較してみます。

光熱費管理のしやすさの比較

ガスを導入する場合は、
一般的にガスのみで熱源を確保できません。

ガスと電気を併用するという運用法になりますよね。

ガスの力で給湯や床暖房を利用することで、
電気使用量を抑えるようになっています。

反対にオール電化は、
家の中で使用する全エネルギーを電気で賄うことになります。

基本使用料も電気のみになるので、
オール電化にすることで光熱費を1本化して、
家計の管理を行いやすくなります。

安全性の比較

安全性の比較をすると、
圧倒的にオール電化に軍配が上がります。

ガスを利用した時に1番分かりやすいのが、
キッチンで目に見えて火を発生させます。

またガス漏れや不完全燃焼というリスクが存在することも、
念頭に置かなければいけません。

子供にうかつにガスに触らせることは不可能でしょう。

オール電化はヒーターとして熱を発しますが、
火は発生しません。

IHをつけたまま放置しても、
自動的にヒーターを消すという仕組みも組み込まれています。

安全性という観点から見ると、
オール電化が有利だといえるでしょう。

経済性の比較

経済性については上記した通り、
ガスの場合は基本料がガスと電気の2つ、
オール電化の場合は電気のみとなり、経済的に有利です。

オール電化は日中の電気代が高いですが、
夜間帯はかなり低いコストで電気を使用できます。

オール電化で主に夜間帯で電気を活用するプランや方法を取れば、
ガスを併用するよりも光熱費をより下げることができると考えられます。

例えば4人家族だったとしても、
昼間はお父さんは仕事へ、子供たちは学校へ行きます。

残るのがお母さんだけなら、
節約して電気を使用するのも可能です。

またおかあさんがパートに出て入れば、
電気を使うのはほとんどが夜になります。

日中の高い電気代をあまり使わなくなりますから、
経済性にも有利になりますね。

 

オール電化とガスの比較を行ってきましたが、
総合的に見てオール電化にメリットが多くありそうです。

オール電化は多くの場合、夜間帯に電気を使用することや、
オール電化向け料金プラン選択等によって、
割安な電気代を実現することも可能です。

 

まとめ

いかがでしたか?

オール電化は、
家での生活に必要な熱源を確保できるシステムです。

しかし夜間は電気料金が割安ですが、
日中は割高になってしまうデメリットがあります。

 

オール電化とプロパンガスを比較してみたポイントは…

  • 熱源を電気に1本化することで、基本使用料は電気のみで済む
  • 火を使わないオール電化は安全面でプロパンガスを上回る
  • 家族のライフスタイルに合わせた電気料金設定すればオール電化は経済的にもお得

 

オール電化はガスに比べて、
初期費用が高いと感じると思います。

しかしその後10年、20年を考えていくと、
オール電化の方がお得になるのではないでしょうか。