IHとガスと比較したら、結局どっちがいいの?

それぞれのメリット・デメリットから比較したい!

 

 

常日頃、使っているものであっても、
良い部分、悪い部分はあります。

同じキッチンでの調理器具として使っている、
IH、ガスコンロも同じですね。

引越しや建て替えなどでキッチンの作りを、
IHにするか、使い慣れたガスにするか、
選択肢が増えただけ「どっちがいいのだろう」と、
悩む人も多いのではないでしょうか。

 

ここではIHとガスのメリットデメリットを比較しながら、
どちらがおすすめかをまとめてみました。

 

IHのメリットとデメリットは?

Original update by : cheetah

 

火を使わない調理器具として話題を集めているIHの、
メリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

IHのメリットは、火を使わないことから、
安全性が高いといえます。

コンロから鍋を外せば、
自動的に加熱がストップするので火の消し忘れもありません。

ガスで起こりやすい「ガス漏れ」の心配もないので、
子供が多い家庭や高齢者の人にも安心して使うことができます。

 

またIHは掃除が楽なので、
すばやく清潔な状態を常に保っておくことができます。

例えば鍋からの吹きこぼれがあった場合も、
天板をサッと一拭きするだけです。

火を使わないことから上昇気流が発生しにくいので、
壁や換気扇に汚れが飛び散るのを防ぐこともできます。

 

更にIHなら加熱までの立ち上がりが早く、
非常に高火力です。

IHは火力が弱いという人もいますが、
それは昔の話で、進化を遂げているのです。

火を使う料理は夏場には厳しい環境ですが、
IHなら快適に料理をすることができます。

夏でも涼しく料理ができるのは嬉しいですよね。

デメリット

IHのデメリットで多く言われているのは、
使用できる鍋が限定されてしまうことです。

オールメタル対応のIHであれば、
どんな鍋でも使用可能ですが値段が高くなってしまいます。

標準のIHクッキングヒーターの場合は、
鍋底が平面になっているなどの条件があります。

今までガスで使っていた鍋をすべて買い替える、
といった手間がかかるでしょう。

 

IHは電気の力で加熱しているので、
停電になってしまうと使用できなくなります。

停電が回復するまで待てば済む話なのですが、
いつ起こるか分かりませんよね。

台風や地震などの災害時には復旧が長時間見込めないので、
不便に感じることになるでしょう。

 

また、IHクッキングヒーターは電化製品なので、
電磁波が発生しています。

この電磁波の影響を気にする人も多いですよね。

実際にはIHから発せられる電磁波の数値は、
国際基準で定められている安全基準の数値を
大幅に下回っていますが、気になる人にはデメリットになりえますね。

 

ガスコンロのメリットとデメリットは?

スポンサードリンク

 

昔から一般家庭では普通に使われてきたガスコンロにも、
メリット・デメリットがあります。

メリット

ガスコンロのメリットは使い慣れていることや、
調理器具を選ばないことがあげられます。

 

また、鍋振り料理が得意で、
火力の強い中華料理などが美味しくできます。

実際に火を見て火力を調節できるので、
直感で料理をすることができます。

そして火を使った料理の方が、
「美味しい」と感じる人が多いそうです。

 

また災害や停電で電気が使えなくても、
ガスで稼働するガスコンロは使うことができます。

火があることで安心するという考えの人も多いようです。

使い慣れた調理器具でダイナミックに調理できるのが、
ガスのメリットですね。

デメリット

ガスコンロのデメリットは、
危険性が高いことがあげられます。

火を使うので子供や高齢者が扱うには注意が必要です。

また火の消し忘れやガス漏れなどで、
危険が伴うことも考えられます。

揚げ物などで油を跳ねさせて火傷をしたり、
鍋をひっくり返すなどのトラブルは想像するだけで恐ろしいですね。

 

ガスコンロの場合、
真夏のキッチンの温度が上昇します。

暑くてキッチンに立つのが億劫になる人も多いでしょう。

 

そしてガスコンロの場合は、
鍋をおく「ごとく」があるので掃除がしにくい点があげられます。

つい面倒で放置してしまうと、油汚れがまとわりついて、
掃除が大変という経験をしたことがある人も多いでしょう。

 

IHとガスコンロはどっちがお勧め?

Original update by : AKO110

 

IHとガスコンロではどちらがおすすめかと言われると、
とても難しい問題です。

その家庭の環境や家族に人数によって異なるからです。

 

そこで、ライフスタイル別に、
どちらがおすすめかを見ていきましょう。

1人暮らし

1人暮らしであれば、
キッチンのコンロもそれほど大きなものは必要ありません。

よって、ガスコンロでも掃除が大変、
といった不便さはないように感じます。

使用する量も多くないですし、
成人の一人暮らしであれば安全も自分で注意できます。

1人暮らしであれば、
都市ガス利用のガスコンロが経済的にもおすすめです。

2人暮らし(子供なし)

同棲中のカップルや結婚後間もなくて、
子供がいない家庭などの場合はどうでしょうか。

2人暮らしの場合も2人の生活スタイルにもよりますが、
やはりそれほどガスを使わないでしょう。

スタイリッシュな見た目が好きな人であれば、
IHにするのも一つの方法ですが、やはり1人暮らしと同様に、
都市ガスでガスコンロを使用した方が経済的ですね。

4人暮らし(子供あり)

平均的な家庭である4人家族であれば、
IHかガスか、迷うところです。

子供が2人程度であれば、
危険なことをしていても目が行き届きますし、
注意することができます。

また、火の危険性を教える
という意味ではガスコンロが良いでしょう。

光熱費を抑えたい、クリーンな空気の中で生活したい
という希望があるのであれば、電気代に一括できて、
火を使わないIHがおすすめです。

大世帯(2世帯以上)

子供だけでなく高齢者もいるような、
二世帯の家庭や三世帯の過程も増えています。

そうなると、家も広く子沢山であればあるほど、
危険を察知するのが遅れます。

また、給湯やお風呂なども、
大量のお湯を使うことが考えられるので、
その都度ガスでお湯を沸かすよりも、
電気で沸かし貯めておく方が効率がよいです。

そういった点を踏まえて、
大家族の家ではIHをおすすめします。

 

IHをお得に導入する方法は?

IHクッキングヒーターを導入する場合は、
今までガスを使っていた分を電気で賄うことになるので、
「電気をたくさん使う家庭向けの電気料金プラン」
を契約する場合がほとんどです。

IHクッキングヒーターにかかる電気代は、
使用する電気料金プランにより、
調理をする時間で大きく異なる場合があります。

電気料金プランごとに、
時間帯別に異なる電気の単価設定がされています。

 

例えば、東京電力の、
「オール電化向けの電気料金プラン」の場合、
以下のように変わってきます。

◆カレーを作った時にかかる料金(例)

  • 午前7時 ~ 午前10時 と 午後17時 ~ 午後23時 までは 57円
  • 午前10時 ~ 午後17時 までは 38円
  • 午後23時 ~ 翌7時 までは 18円

 

このように時間帯ごとに異なる単価が設定されているので、
1番電気を使う時間帯の電気の単価が安いプラン
選ぶことが重要になります。

 

電気料金プランは、
夜間の単価が1番安く設定されているものが多いです。

ですが、日中の時間帯も、
割高な時間帯とやや割安な時間帯とに分かれているので、
家庭で家事や調理をする時間帯が、
一番割高な時間帯とかぶってしまわないように気を付けましょう。

 

IHをお得に導入するには初期費用を考えるよりも、
どのように使っていくかがポイントです。

自分の家に合った電気プランをよく検討してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

IHにもガスコンロにもメリットがあり、デメリットもあります。

それらを知った上で、
「どちらが自分のライフスタイルに合っているのか」
で選択は異なります。

 

IHとガスコンロを比較すると…

  • ガスは炎による危険性が高いが、火を使わないIHは安全性が高い
  • ガスは使う調理器具を選ばないが、IHは専用の調理器具に取り換える必要がある
  • ガスとIHでは得意料理が違う

 

IHの場合は導入する際に、
どの電気料金プランを選ぶかによって変わってきます。

自分の家で使うのにお得なプランを選ぶことも大切です。