「夏は冷房、冬は暖房・・・エアコンの電気代が高くて大変〜!」

だからお安くお得にエネオスでんきへ乗り換えたい!

料金はどう違うの?乗り換えのメリットは?

エネオスでんき」、信じて大丈夫?

 

 

エアコンを多く使う時期など、
請求書を見てびっくり!することがありますよね。

公共料金の中でも、一番高いのが電気代ではないでしょうか。

今まではせっせと節約するしかありませんでしたが、
2016年からは料金を比べて、お好きな電力会社を自由に選べるようになりました。

 

自由に選べるようになった、と言っても、
いろんな会社がPRしていて、どこがいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、そんな電力会社の中から「エネオスでんき」について、
料金比較や乗り換えのメリットをご紹介します。

もちろん、メリットだけではなく信頼できる会社かどうかも大事です。

「エネオスでんき」の信頼度についても実績を調べてみました。

「エネオスでんき」に乗り換えをご検討中の方や電力会社を探している方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

エネオスでんきとは?

Original update by : 写真AC

 

「エネオスでんき」とは、原油や天然ガス・太陽光発電など、
エネルギーに関する事業を幅広く取り扱う、日本国内では最大手の
総合エネルギー企業(JXエネルギー株式会社)が提供する電力のこと。

全国の街でよく見かける、ガソリンスタンド「エネオス」も企業グループのひとつ。
そう考えるとなんだか身近に感じますね。

 

「エネオスでんき」は、原油や天然ガスを安定的に調達していますが、
それを燃料に発電する整備やノウハウにも優れていて、
2003年に電力小売り事業に参入しました。

大きなビルや学校などに業務用電力を供給して、実績も多くあります。

ガソリン・灯油に加えて、新たに家庭用電力の供給を始めた「エネオスでんき」は、
会社の規模や実績から考えても信頼度が高いと言えます。

ただ、供給可能な区域がありますので、まずはご自分の区域をご確認くださいね。

供給区域は以下となっております。

  • 東京都
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 富士川以東の静岡県

 

では、一番気になる「エネオスでんき」の料金はどうなっているのか、
東京電力と比べてみましょう!

電気代の中身についてもわかりやすくご説明します!

 

エネオスでんきはお得?東京電力と料金を比較すると?

スポンサードリンク


「エネオスでんき」に乗り換えたら、電気代は安くなるの!?

結論から言うと、「エネオスでんき」と東京電力の料金を比較した場合、
月間の電気使用量が180kWhを越える場合は、エネオスでんきの方が安い
という結果になりました。

 

詳しくご説明しますね。

「エネオスでんき」の料金体系は、
今までの電気料金と同じ「基本料金・従量制料金」で構成されています。

基本料金

基本料金は、契約プランによりそれぞれ料金が違います。

一般的な世帯用「従量電灯B」の場合は、
10A(280.80円)〜60A(1684.80円)の範囲で使用量によって契約されていて、
その他にも、「夜に多く使う」、「週末多く使う」など選択できるプランもあります。

基本料金を見直すことも、電気代を下げるコツになりますよ!

従量制料金

従量制料金は電気代のメインになる部分で、電気の使用料に応じて計算されます。

電気料金のプランごとに1kWhあたりの単価が決まっていて、
使った電力量にその単価をかけて請求されます。
(1kWhとは、1(kW)を1時間使うというエネルギーの単位です)

 

さて、結論として、
「月間の電気使用量が180kWhを越える場合はエネオスでんきに変えた方が安い」
と言うことなのですが、この「180kWhを越える場合は」とはどういうことなのでしょう?

電気代には「段階」があるのをご存じですか?

この段階が上がると、電気料金の単価も上がる仕組みになっています。

普通は多く使ったら割引などで優遇されることがありますが、
電気代は「使った段階ごとに単価が上がる」のでここは要チェックです。

 

一般的な契約プラン「従量電灯B」で、段階と単価を比べると・・・

  • 第1段階・・・120kWhまで(エネオスでんき:単価20.76円)/(東京電力:19.43円)
  • 第2段階・・・121〜300kWhまで(エネオスでんき:単価23.26円)/(東京電力:25.91円)
  • 第3段階・・・300kWh以上(エネオスでんき:単価25.75円)/(東京電力:29.93円)

 

ちょっとややこしいですが、
「エネオスでんき」の場合、例えば500kWhの電力を使用すると、

  • 120kWhまでは単価:20.76円
  • 180kWh分が単価:23.26円
  • 残り200kWh分が単価:25.75円

という計算方法になります。

 

この単価をもとに、毎月500kWhの電力を使った場合の電気代を比較計算してみると・・・

  • エネオス電気 11,824.0円
  • 東京電力   12,981.4円

 

月額の差は1,157円、年間でなんと13,884円も、
「エネオスでんき」の方が安くなるのです!

逆に「電気代がほぼ同じになるように電気量を計算」してみると、
だいたい180kWhの使用でほぼ同額の電気代になるため、
月間電気使用量が180kWhを越える方については、
「エネオスでんき」がお得になるというわけです。

電気使用量は請求書の明細ですぐに調べることができるので、
一度試算されてはいかがでしょうか。

 

エネオスでんきの3つのメリットとは?

Original update by : 写真AC

 

さて、一定の使用量を超えると、
「エネオスでんき」の電気代がお得になることがわかりました。

お得になることはわかったけど、もっとメリットはないのかしら?

誰でもメリットはたくさんあった方がうれしいですよね!

電気代の他にも「エネオスでんき」にあるメリットを調べてみました!

1.長期間のご利用でお得!「にねん とく2割」

2年以上のご利用をお約束の上申し込むと、最大24ヶ月電気料金が割引になります。
(割引率は使用量に応じて1kWhあたり0.20円

また、2年以降は割引額が拡大になります。
(割引率は使用量に応じて1kWhあたり0.30円

適用期間が終わっても自動更新で継続されるので、割引が途切れることがなく安心!

2.電気料金のお支払いでお得!

エネオスカードでお支払いの場合

通常のエネオスカード特典にプラスして、
「エネオスでんき」のお支払いでさらにガソリン・経由・灯油をキャッシュバックしています。

車に乗られる方にはメリット感が高いです。

*選べるカードは3種類!
http://www.noe.jx-group.co.jp/carlife/card/card/index.html

提携カードのクレジット払いの場合

電気料金に応じて、クレジットカードのポイントが貯まります。

さらに特別提携カードで支払うと、通常よりお得にマイルやポイントが貯まります。

自動引き落としで簡単!

Tポイントカードの場合

「エネオスでんき」電気料金のお支払い200円につき1ポイントが貯まります!

クレジットカードでも自動振替でも、
事前に申し込みをしておけばどちらでも大丈夫です。

なお、上記3つのお支払いサービスは併用できませんのでご注意ください。
(どれかを選ぶ必要があります)

3.困った時のサポートも万全でお得!

電気に関するトラブルには、
電気の困った!駆けつけサービス」が対応してくれます。

電気設備のトラブルに応じる出張サービス(点検や調査、応急処置など)を
365日24時間サポート。

電球の交換など、ちょっとした電気のお困りごとでもOK!
「エネオスでんき」ご加入のかたは、なんとサービス料が無料です!
(2018年3月末まで)

 

電気は必ず毎日使うものですから、契約期間に応じての割引はうれしいですね。

また、支払いパターンによる割引やポイント付加の特典もお得感がありますし、
その上サポートも充実していると、なにかの電気トラブルがあったときでも心強いです。

以上、「エネオスでんき」に乗り換えた場合の「3つのメリット」についてご紹介しました。

 

エネオスでんきは安心なの?

ある一定量の電気量からは、東京電力より電気代がお安くなり、
料金の他にもうれしいメリットがある「エネオスでんき」。

乗り換えを検討するにはかなりポイントが高いのですが、
民間の電力会社としての実績や信頼性はどうなのでしょうか。

 

最初に少しご紹介しましたが、「エネオスでんき」を提供する「JXエネルギー株式会社」は、
石油製品の精製や販売を行っている日本企業で、石油の元売としては日本の最大手です。

自社の給油所において長年にわたり、自家発電に関する実績を重ねてきました。

「エネオスでんき」安心と安全のポイントは

電力会社としての実績

「エネオスでんき」は電力事業に2003年から参加し、多くのレジャー施設や学校、
オフィスビルなどへお得な電気料金で電力の提供を行っています。

自家発電施設を持っている

数百社ある電力自由化の参入企業の中には、発電施設がなかったり、
あっても小規模だったりする代理店的な企業も多くみられるのですが、
「エネオスでんき」の自社発電施設は全国にあり、
安定した自社の供給体制を確立しています。

また、天然ガスなどの環境に負荷をあまり与えないエネルギーの使用や、
太陽光や風力など自然エネルギーの活用にも取り組んでおり、
ソーラー発電施設も年々増加しています。

今後も発電所の新設や増強などを検討し、
より多くの電力を供給できる電力会社として発展が期待できることからも、
「エネオスでんき」は安全安心と言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2016年4月からの電力自由化にともない、
誰もがお得に電気会社を選べる時代になりました。

たくさんある電力会社から「エネオスでんき」を選んだ場合のメリットは、

  • 月間電気使用量が180kWhを越える場合は、東京電力よりもかなりお得
  • 料金が安くなる以外にも、電気料金の年間割引があったり、
    支払い方法でキャッシュバックやポイントが貯められるなどメリットが多い
  • 電気関係のトラブルにも、サービス・サポート体制が充実していて安心
  • エネオスでんきを提供する「JXエネルギー株式会社」は自社発電施設を全国に持ち、
    発電の実績も多く、石油元売では日本最大手であるなど、信頼度が高く安心

 

などがありました。

ぜひ、ご自分の電気使用量をチェックして、
あなたにとってのメリット」を見つけてみてください。