太陽光パネルって、掃除をする必要があるの?

掃除をすると、発電効率が変わる?

いつ、どんな風に掃除をしたらいいの?

掃除をする時は、どんな事に注意をしたらいいの?

 

 

太陽光パネルは屋外に設置しますので、
知らないうちに結構な汚れがついている可能性があります。

花粉やホコリなどの軽いものでしたら、雨や風により流される場合が多いですが、
全ての汚れがきれいにとれるわけではありません。

鳥の糞のこびり付きや落ち葉などの落下物などにより、
太陽光パネルがふさがれる場合は、発電量が低下する事があります。

その場合は、掃除をする必要があります。

 

しかし、太陽光パネルの掃除と一言でいっても、
一体どのように掃除をすればいいのかと悩んでしまいますよね。

今回は、「太陽光パネルの掃除方法」と「その効果」を調べてみました。

最近、発電効率が悪いと思っている方、
もしかしたらパネルの汚れが原因かもしれません。

是非、参考にしてください。

 

太陽光パネルを掃除すると発電効率が変わる?効果はあるの?

 

Original update by : 足成

 

掃除をすると、本当に発電量に変化はあるのでしょうか?

それは一概にはいえません。

なぜなら、一般的なパネルの汚れは雨や風で流されるので、
汚れが原因で発電量が低下している可能性は少ないからです。

しかし、雨などで落ちきれない汚れがこびりつきパネルが影になっている場合は、
掃除をして汚れを取り除くことによって、発電量が増える可能性があります。

ソーラーパネルの耐用年数は一般的に20年以上と言われていますので、
小さな汚れでも長い年月によって蓄積されることが考えられます。

 

では、雨や風などで自然に流されない汚れとは、どういったものでしょうか。

  • 鳥の糞
  • 花粉
  • 黄砂
  • 道路などからくる油汚れ
  • ペンキ等の跳ね

これらの汚れはなかなか落ちません。

洗ってパネルがぬれている間は、汚れが落ちたように見えますが、
乾燥するとこびりついた汚れがまた出てきます。

無理やり取ろうとしてガラスの表面をこすってしまうと、
表面に傷がついたりはがれてしまう可能性もあるのです。

このように、簡単には落ちない汚れもありますので、ついてしまった汚れが、
掃除で簡単に落ちる汚れなのか、落ちない汚れなのかを、
しっかりと見極める事がまず重要になってきます。

 

掃除を行うタイミングや掃除の方法は?

スポンサードリンク


掃除のタイミングや掃除方法は、以下のように分けられます。

  1. 掃除を行うタイミング・・・①掃除に適した時期/②メンテナンスや掃除を行う理想的な間隔
  2. 掃除の方法・・・①自分で掃除をする/②業者さんに掃除を頼む

それぞれについて細かくみていきましょう。

1.掃除を行うタイミング

①掃除をするのに適した時期

最も掃除に適した時期は梅雨明けです。

春先は黄砂や花粉が多く飛んでいるので、
掃除をしてもすぐに汚れてしまうため掃除をする時期には向いていません。

また、梅雨や秋雨などの時期は、
雨が汚れを洗い流すためあまり掃除が必要ありません。

反対に、気温が高くなると汚れがこびりつきやすくなります。

そのため、梅雨明けの比較的雨が少ない時期が、
掃除をする時期に向いているといえます。

また、特別な場合になりますが、
外壁塗装や屋根塗装など、別の工事で足場を設置することがある場合は、
そのタイミングで太陽光パネルの掃除をすると足場代が浮いて経済的です。

そのような工事を行う予定がある場合は、
太陽光パネルの掃除も一緒に検討するとよいかもしれません。

②掃除をする間隔

4~5年に1度位のペースでメンテナンスをするのがおすすめで、
その際は掃除だけでなく、メーカーに定期点検をしてもらうと安心です。

メーカーによっては定期点検サービスなどがありますので、
メーカーや販売店に確認をしてみましょう。

また、ほとんどのメーカーでは最低10年間の保証期間があるので、
期間内に太陽光パネルの状況をチェックしてもらうといいでしょう。

掃除をしても落ちない汚れ等がついていることによって、
極端に発電効率が悪くなっている場合などがあるようならば、
一度メーカーに問い合わせてみることをおすすめします。

2.掃除の方法

①自分で掃除をする場合

自分で掃除をする場合は、よほどの人でない限り、
屋根に上ってパネルを1枚1枚掃除することは難しいので、広い範囲ではなく、
どうしても汚れを落としたい部分だけをピンポイントで掃除することをおすすめします。

その際、水道水はなるべく使わない方がよいとされています(理由は後ほど)。
もし水道水を使うのであれば、必ず水分をしっかりとふき取って下さい。

また、雑巾でゴシゴシ拭くことや高圧洗浄もおすすめしません。
一見、何もなっていないようでも細かい傷などがつく場合があります。

ガラス用の柔らかいモップと水切りで、丁寧に清掃をすることをおすすめします。

②業者に頼む場合

「太陽光パネル」、「掃除」で検索をするとたくさんの専門業者がでてきます。
専門業者ならではのブラシなどを使ってきれいに掃除をしてくれます。

費用は業者やパネルの枚数にもよると思いますが、
一般住宅ではだいたい30,000~50,000円くらいです。

掃除の他にも、汚れにくいコーティングをしてくれるところもあるようなので、
気になる際には調べてみて下さい。

業者に頼む際は、掃除費用と発電効率の復活の関係をよく考え、
費用対効果がどれほどあるか検討してみることが必要ですね。

 

太陽光パネルを掃除する時の注意点3つ!

Original update by : 足成

太陽光パネルを自分で掃除する場合、次にあげる3つの行為はやめましょう。

  1. ゴシゴシとこすること
  2. 水道水を使わない
  3. 高圧洗浄機を使わない

よくやってしまいそうな行為ですが、なぜダメなのでしょうか。

その理由を説明していきたいと思います。

1.ゴシゴシとこすること

太陽光パネルは、表面が透明度の高い強化ガラスでできています。

雑巾やモップなど硬いものでゴシゴシとこすれば、
ガラスに傷がつくことで、くもってしまう場合があります。

目には見えなくても細かい傷がつく場合もありますので、
強くこすることはやめましょう。

2.水道水は使わない

水道水にはカルキが含まれています。

カルキが付着すると、汚れを洗い流したつもりでも、
カルキで白くなって余計汚れる場合があるので水道水は使わないようにしましょう。

もし使用した場合は、水分をきれいにふきとりましょう。
雨水タンクなどがある場合は、雨水を利用するとよいと思います。

3.高圧洗浄機を使わない

専門の業者が高圧洗浄機を使用しているからといって、
自分で掃除をする際に高圧洗浄機を使うことはおすすめしません。

高圧洗浄機自体に問題があるのではなく、
パネルの掃除に高圧洗浄機をうまく使用することが難しいからです。

パネルに傷がついたり、セルが割れたりするだけでなく、
ガラスの隙間から浸水するなどのトラブルが実際におこっています。

 

まとめ

いかがでしたか?

太陽光パネルの掃除は、汚れの種類の見極めと掃除のやり方が重要ですね。

1.汚れの種類

簡単に落ちる汚れか?落ちない汚れか?

簡単に落ちる汚れの場合は雨などで落ちるため掃除の必要はないが、
なかなか落ちない汚れの場合は掃除をすることによって発電量が増えることもある!

 

2.掃除のやり方

自分でやるか?業者に頼むか?

自分でやる場合は広範囲の掃除が難しく、
使う道具などによってはキズつける可能性があるので注意が必要。

業者に頼む場合は費用対効果を確認して、頼むメリットがあるか検討する!

 

掃除だけでなく、定期的にメンテナンスをすることが、
太陽光パネルを長持ちさせるためにはとても大切なことです。

保証期間など詳しいことが知りたい時は、
メーカーや販売店に確認することをおすすめします。