「auユーザーで、auでんきを勧められたけどお得になるの?」

auでんきってどんなサービス?」

「他社ユーザーだけど、auでんきは利用できる?」

 

 

  • auショップでauでんきを勧められた
  • 今より電気代を安くしたい

 

こんなことはありませんか?

料金が割安になるのなら、すぐにでも取り入れたいものです。

 

そこで「auでんき」について、セット割や電気料金などを詳しく、
さらにメリット・デメリットも合わせてご紹介します。

 

auでんきとは?

Original update by : カメラ兄さん

 

auでんきの料金プランは二つあります。

どちらも電気料金は地域の電力会社と同じです。

 

  • でんきMプラン
  • でんきLプラン

 

でんきMプラン

でんきMプランは、
電力会社で「従量電灯B」と呼ばれているプランと同じタイプです。

一般的な家庭はほぼこのプランで契約していて、
使用する時間帯による価格の変化はありません。

でんきLプラン

でんきLプランは商店や事務所向けのプランで、
従量電灯C」と呼ばれているプランと同じタイプです。

 

 

auでんきでは、スマホと電気をセットにすると、
「キャッシュバック制度」が受けられます。

キャッシュバック制度が適用されるには、二つの条件があります。

まず一つ目の条件として、
auでんきの契約をしている住所と、au携帯の契約者の住所が同じであることです。

家族のうち一人でも同じであれば条件はクリアされます。

そして二つ目の条件として、
auの携帯で、「au WALLETプリペイドカード」に契約していることです。

キャッシュバックはこのプリペイドカードに電子マネーとしてチャージされます。

 

ご自宅が電気会社と直接契約している場合は、
auでんきに自由に乗り換える事ができます。

しかし建物全体が一括で契約しているなどの場合は、
乗り換えることができません。

 

auでんきのメリットとは?キャッシュバック制度がお得?

スポンサードリンク


auでんきには「キャッシュバック制度」があり、契約者全員が対象となります。

使用した電気料金によってキャッシュバック率が変動し、

 使用した電気料金 × キャッシュバック率 = キャッシュバック金額

 

となります。

 

それぞれの一か月あたりの電気料金によるキャッシュバック率は、

  • 5000円未満 ・・・ 1%
  • 5000円以上8000円未満 ・・・ 3%
  • 8000円以上 ・・・ 5%

 

となります。

 

auでんきに加入すると、
携帯と電気の料金を一つにまとめることが出来ます。

それぞれの料金は、簡単にネットから閲覧できます。

また電気の使用量や、節約方法、
平均的な家庭と比較して高いのか低いのか、
などまで、「auでんきアプリ」が教えてくれます。

 

新電力に乗り換える際に、
電気料金が割高になってしまうケースがあります。

ですがauでんきでは、電気料金が地域の電力会社と同価格なので、
乗り換えによって割高になるというリスクはありません。

 

auでんきのデメリットとは?

Original update by : acworks

 

キャッシュバックは、現金や商品券ではなく、
au WALLET プリペイドカード」にチャージされます。

auスマホを使っていて、au WALLETを利用している人であればお得ですが、
それ以外の場合は利用できないキャッシュバック制度です。

auでんきのキャッシュバックを受け取るには、
au携帯である必要があるため、携帯を他社に変えることが難しくなります。

 

また、早期解約をすると解約違約金がかかります。

auでんきの最低利用期間は一年間で、
利用開始日から一年未満の解約の場合には、
解約違約金2000円を支払わなければなりません。

 

さらに、オール電化住宅には向いていません。

オール電化住宅では、
夜間帯などの電気料金が割安なプランに契約していることが多いので、
auでんきに乗り換えるとかえって割高になる場合があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

auでんきの料金は地域の電力会社と同価格です。

 

【 auでんきのメリット】

  • キャッシュバック制度
  • 電気使用量の見える化

 

【auでんきのデメリット】

  • auユーザーかつau WALLETを使っている人でないと、
    キャッシュバック制度を受けられない
  • 早期解約には解約違約金がかかる

 

これからもずっとauユーザーという人にはお得ですが、
他社の通信会社に乗り換えを検討されている場合は注意が必要です。