電力自由化売電は関係するの?

電力自由化による太陽光発電のメリットとは?

人気の電力会社がわからない!

 

 

決められた電力会社だけでなく、
消費者が自ら電力会社を選ぶことができるようになった電力自由化

売電をする側としては、太陽光発電を設置したけれど、

電力会社を変えることができるのか?そこにメリットはあるのか?

と頭を悩ませることは、少なくありません。

 

今回は、売電をする側から見た、
電力自由化による関係性とメリット人気の電力会社をまとめました。

是非ご参考になってみてください。

 

電力自由化は太陽光の売電契約も選べるの?

Original update by : すしぱく(ぱくたそ)

 

気になる電力自由化と売電契約に関して、
契約先を変更することはできるのでしょうか?

答えとしては「できる。」です。

ですが、変更する選択肢を選んでいる人は、
1%未満という極々少なめの数値が出ています。

その理由とは一体何なのでしょう。

 

理由1:電力会社の料金見直しや他会社の参入待ち

まだ始まって間もないため、
料金の変更他会社の参入が噂されているとあって、
なかなか契約先を変更するのに躊躇している方が多いです。

理由2:個人での電気の買取りを行っている会社が少ない

家で余った電気を買い取ってくれる会社が少ないため、
現契約のままで売電を行っている個人太陽光のオーナーが多いです。

理由3:再契約について、わからない事や不安要素が多い

電気に関する工事の有無や、メーターの交換などの費用がかかるのでは?
といった不安の声が多く、手続きが面倒かも…という声もあります。

 

電力自由化は話題になってはいますが、
その詳細などはなかなか目や耳にすることは少なく、
契約先を変更してみようかと思う方は、まだ少数派です。

しかし、なかなか受け入れ難い現状があるという理由で、
1歩が踏み出せないだけで、電力自由化のメリットは多数存在します。

 

太陽光発電は電力自由化でメリットはあるの?

スポンサードリンク


太陽光発電の電力自由化に伴い、少ないとは言え、
電力買取会社は存在し、変更することはできます。

オーナーに変更してもらうためには、電力会社の方も、
変更することにメリットを作らないと変更してもらうことはできないので、
今よりも条件の良い案を提案するのは当然です。

電力会社によって、メリットや条件は異なりますが、
それは後述しますので、今回は「太陽光発電のメリット」をご紹介していきます。

地域の電力会社よりも、売電の単価が高い

電力会社の変更を考えた時に、1番に思いつくのがやはり単価ではないでしょうか。

単価が今より安くては、変更するメリットがなくなってしまいます。

自宅の場合、太陽光発電の電気を全て売電することも選択可能

現在は、太陽光発電の電気を自宅で消費して、
余った分を電力会社に売っていますが、
電力会社によっては、発電した電気を全て売ることも可能です。

もちろん、今まで通り余った分だけでも良いので、そちらは選択可能になります。

工事の費用や月額の支払いも無い

電力会社によっては、費用を掛けることなく変更ができる電力会社もあります。

大掛かりな工事や、月額の支払いの発生を想像してしまうかもしれませんが、
そこは安心して変更ができます。

切り替えの手続きも簡単

電力会社は違うものの、売買するための電気が通る道は変わることがないので、
会社を変えるための申請等のみで大丈夫だから簡単です。

 

売電先で人気の電力会社は?

Original update by : すしぱく(ぱくたそ)

 

電力自由化によって変更可能な電力会社がいくつかあって、
少ないとは言えどこが良いのかが気になるところです。

前述したように、電力会社によって力を入れている部分は変わってきます。

それでは電力会社の中でも、
有名な3社のメリット、デメリットを紹介していきます。

ソフトバンクグループ電力買取サービス

◎メリット

  • 売電の方法が選択可能(発電した電気の全て or 余った分だけ)
  • 工事費や月額の支払いが不要
  • 手続きや申し込みが簡単
  • 売電の単価が地域の電力会社よりも高い

◎デメリット

  • 売電可能な地域が限られてしまう(将来的には範囲拡大の声もあり)
  • 太陽光発電を開始した時期が条件に当てはまらないと対象外となる

エナリス社

◎メリット

  • 売電可能な地域の範囲が広い
  • 売電するために必要な太陽光発電の容量の範囲が広い
  • 売電の単価が地域の電力会社よりも高い

◎デメリット

  • 機器の設置が必要となるため、手間や費用の負担をしなければならない。

NTTスマイルエナジー社

◎メリット

  • 売電の単価が他の電力会社と比べても群を抜いて高い

◎デメリット

  • 条件として、機器の設置、販売会社による遠隔監視サービスへの加入が必要

 

各社それぞれにメリット、デメリットが存在しますので、
これらを把握しておくと判断材料に十分活かすことができます。

自分の地域でも売電が可能かを確認してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外と知られていない、
電力の自由化と太陽光発電の関係性が分かって頂けたと思います。

  • 電力の自由化によって、売電の契約先は変更可能
  • 現時点で電力会社の数は少ないが、売電契約変更にはメリットが多数存在する
  • 電力会社それぞれにメリット、デメリットが存在するため変更時には条件の確認をしましょう

 

地域の電力会社にこだわらず、自由化に伴って、
よりお得に太陽光発電の売電を行っていきましょう。