太陽光発電の設置費用ってどうやって決まるの?

設置費用の相場はいくらくらい?

どうしたらお得に導入できるの?

 

 

太陽光発電の設置費用は、
年々下がってきているとはいえ、まだまだ高額です。

少しでもお得に導入したいと思いますが、業者から見積もりを取っても、
総額を見ただけでは、それが相場よりも安いのかどうか判断できません。

まずは、設置費用の仕組みや相場を知ることから始めましょう。

 

ここでは、太陽光発電の設置費用はどのように決まるのか
相場はいくらくらいなのか、などを分かりやすく解説していきます。

導入を検討している方は、是非、参考にしてください。

 

太陽光発電の設置にはどのような費用がかかる?

Original update by : 写真AC

 

太陽光発電と聞いて思い浮かべるのは、
屋根の上に設置されているソーラーパネルだと思います。

設置費用はパネルの金額だけで決まるのではありません。

他にも必要な機器もありますし、設置する工事費なども含まれてきます。

 

具体的には、次の3つの合計金額になります。

 ソーラーパネルなどの機器 + 工事費 + 諸費用 = 設置費用

 

価格構成は、設置する屋根などによって差が出てきますが、
だいたい下記のようになります。

  • 機器 ・・・ 80%
    (パネル:50%、パワーコンディショナー:15%、接続関係:5%、架台:10%)
  • 工事費・諸費用 ・・・ 20%

 

では、見積金額が170万円だったAさんと、130万円だったBさん。

どちらの設置費用が「安い」と思いますか?

Bさんの方が40万円も安いですが、
単純に設置費用の総額だけで比較は出来ません。

なぜなら、太陽光発電は「完全オーダーメイド」だからです。

Aさんの方が屋根の面積が大きくて、
パネルをたくさん乗せることが出来たのかもしれませんし、
屋根の形状や素材で工事費にも差が出てきます。

 

では、何を比較してお得かどうかを判断すればよいのでしょうか。

そこで登場するのが「kW(キロワット)単価」という考え方なのです。

 

kW単価とは、
「発電量1kWに対して、どのくらいの費用が掛かっているか
を示す指標です。

kW単価は、先ほど計算した設置費用の総額を、
そのシステムの発電量(kW数)で割って算出します。

 設置費用総額 ÷ システムの発電量(kW数) = kW単価

 

上のAさんが導入したシステムの発電量が5.0kW、
Bさんの発電量が3.0kWだった場合、

  • Aさん ・・・ 170万円 ÷ 5.0 = 約34万円 / kW単価
  • Bさん ・・・ 130万円 ÷ 3.0 = 約43万円 / kW単価

ということで、
「Aさんの方がお得に導入できた」、ということになります。

 

太陽光発電の設置費用の相場はいくら?

スポンサードリンク


太陽光発電の設置費用は年々下がっていると言われていますが、
最新の相場はどのように調べればよいのでしょうか。

 

経済産業省・資源エネルギー庁が平成27年1月に出した統計によると、
新築設置の平均値は、36.4万円/kWでした。

最新の相場を調べるために、
太陽光発電 設置費用 相場」で検索してみると、
いろいろなサイトで最新相場を検証しています。

私が見た最安値は、30万円/kW前後でした。(2016年12月)

システム容量が大きくなるほど価格は安くなると言われていますし、
また今後も海外メーカーを中心に価格は下がるだろうと予想されています。

 

ただし、見積金額が相場より高い場合でも、
屋根の形状や素材によっては妥当な場合もあります。

次のような屋根の場合、価格が高くなります。

  • 屋根材が瓦屋根
  • 屋根形状が陸屋根(マンションの屋上のように傾斜のない屋根)
  • 設置する屋根面が3面以上
  • 積雪地域

 

また、「一番安い価格の物に飛びついて良いのか
といったら、やはりそれも考え物です。

設置価格は安いけれど、発電効率がそれ程でもないものもありますし、
安さばかりをアピールして設置後のアフターフォローが無い業者も存在します。

 

その価格には何が含まれているのか
そこをしっかりと確認することが大切になってきます。

 

相場以下でお得に導入するコツは!?

Original update by : 写真AC

 

では、相場価格よりもずっとお得に導入するには、
一体どのようにしたらよいでしょうか。

コツは次の2つです!

  • とにかく「比較する」
  • 契約を「急がない」

 

複数の業者から見積もりを取って、
価格やサービス内容を徹底的に比較しましょう。

もちろんその際、
他の業者にも見積もり依頼している事を伝えてしまって構いません。

そうすることで、無理な売り込みや安易な提案を退けることが出来ます。

複数の業者から見積もりを取るには、
一括見積もりサイト」を使うと大変便利です。

他にも近所の工務店や家電量販店など、
太陽光発電を扱っている様々な業者を当たってみましょう。

 

また、契約を急ぐ必要はありません。

価格が安い業者を見つけても、サービス内容に納得がいかなければ、
再び他の業者に見積もりを依頼しましょう。

太陽光発電は、業者と20年30年とお付き合いするものです。

本当に信頼できる業者を見つけることも大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太陽光発電の設置費用が相場よりもお得かどうかは、
ソーラーパネルなどの機器+工事費+諸費用」の総額を、
発電容量のkW数で割った、「kW単価」を指標として判断していきます。

最近の相場は30万円/kW前後と言われていますが、
今後も下がっていくのではないかと予想されています。

 

相場よりもお得に導入したいと思ったら、

  • 複数の業者から見積もりを取って比較する
  • 納得のいく業者を見つけるまで契約を焦らない

 

ことが大切です。

安さばかりに目が行きがちですが、業者との付合いは長く続きますので、
サービス内容もきちんと見ていきましょう。