太陽光発電の施工会社との間に、どんなトラブルがあるの?

施工会社を選ぶときは、どんな点に注意すれば良い?

優良な施工会社はどうやって見つけるの?

 

 

太陽光発電システムは以前に比べて価格も下がって、
導入しやすくなってきました。

環境への意識の高まりもあり、人気も増加傾向にありますが、
その分、施工会社とのトラブルも増えてきています。

いったいどのようなトラブルが発生しているのでしょうか。

 

今回は、太陽光発電の施工会社との間に発生する
トラブルの内容を検証しながら、
施工会社を選ぶときの注意点を確認していきます。

優良な業者の見つけ方もご紹介していきますので、
導入を検討している方は、是非、参考にしてください。

 

太陽光発電の施工業者とよくあるトラブルとは?

Original update by : 写真AC

 

太陽光発電は、冷蔵庫や洗濯機などの家電と違って、
屋根の形状や素材によって一つ一つオーダーメイドする製品です。

どこのメーカーのものかも大切ですが、それ以上に、
実際に工事をする施工会社が重要になってきます。

 

しかし、全ての業者が良心的とは限りません。

知識や技術が不足している業者が紛れているのも事実です。

実際に2015年に国民生活センターへ寄せられた、
太陽光発電に関する相談件数は3,362件。

どのようなトラブルが発生しているのか、詳しく見ていきましょう。

 

トラブルの内容は次の3つに分けられます。

  1. 契約に関するトラブル
  2. 説明不足によるトラブル
  3. 技術的なトラブル

 

1.契約に関するトラブル

クーリングオフや解約についてのトラブルや、
補助金制度やキャンペーン価格などの金銭的なトラブルです。

具体的な事例としては、

  • 解約を申し出たら違約金を請求された
  • 補助金制度を利用できると聞いていたのに、
    住んでいる地域の補助金は既に打ち切られていた
  • 今月中に契約したら10万円割引と言われて契約したのに、
    後で調べたら相場はもっと安かった

 

最初から騙そうとしている業者もいますので、
うまい話は、一度は疑ってみる必要がありそうです。

2.説明不足によるトラブル

国民生活センターに寄せられる相談で一番多いのが、
説明通りの発電量にならない」という内容です。

太陽光発電は投資的な目的で設置する方も多いため、
期待通りに発電してくれなければ、
初期費用の回収や売電収入などの見込みが狂ってきてしまいます。

「とにかく契約を取りたい!」
という営業マンは甘めの数字を出してきますので、
それを鵜呑みにしないことが大切です。

他には、

  • 故障や部品交換は保証対象外だと言われた
  • 売電収入が少なすぎて、ローンの返済に回せない

 

など、事前にきちんと説明を受けていないためのトラブルが多いです。

3.技術的なトラブル

太陽光発電を設置した後、技術的に問題があったために、
トラブルになるケースも多発しています。

例えば、

  • 屋根からソーラーパネルがはみ出している
  • ケーブルがきちんと収納されていない
  • システムのどこかで接続不良が起きて、発電されない
  • 屋根に穴があいてしまい、雨漏りするようになった
  • 設置角度が悪かったため、反射光が発生してしまい近隣からクレームが来た

 

など、挙げればきりがないほどです。

また、工事内容がメーカーの施工基準を満たしていない場合、
メーカーからの保証が受けられなくなるので注意が必要です。

 

太陽光発電の施工業者を選ぶ時に注意する事とは?

スポンサードリンク


上で見てきたようなトラブルを回避するためには、
優良な施工会社を選ぶことが大切になってきます。

施工会社を選ぶ上でのポイントは、次の6つになります。

 

  1. 経営状態が良いか
  2. 取り扱いメーカーの正規資格を持っているか、施工保険に加入しているか
  3. 現地調査を行った上で見積もりや設計図面を提案してくれるか
  4. メリットとデメリットを区別して教えてくれるか
  5. 導入実績や経験が豊富であるか
  6. 些細な疑問にもきちんと答えてくれるか

 

1.経営状態が良いか

国民生活センターに寄せられる相談の中に、
「施工会社が倒産してしまった」、「連絡が取れない」
といった内容が多くあります。

今後20年以上お付き合いすることになる大切なパートナーですので、
途中で倒産してしまうことのない、安定した業者を選ぶ必要があります。

2.取り扱いメーカーの正規資格を持っているか、施工保険に加入しているか

取り扱いメーカーの正規資格(販売ID・施工ID)を
持っていない業者の施工では、メーカー保証が効きません。

また、施工保険に加入していない業者の工事は、
工事瑕疵の保証がありません。

保証や保険が効かなければ、
何かあった場合は全て自己負担になってしまうので、
しっかりと確認をする必要があります。

3.現地調査を行った上で見積もりや設計図面を提案してくれるか

太陽光発電はオーダーメイドですので、
実際の屋根や近隣の建物などを見てみないと、
正しい提案は出来ないはずです。

屋根の面積だけを見て適当な見積もりを持ってきたり、
こちらの希望を全て叶えるような設計図面を、
現状を見ずに持ってくるような業者には要注意です。

4.メリットとデメリットを区別して教えてくれるか

太陽光発電にはメリットも多いのですが、当然デメリットもあります。

メリットばかりを強調して、
デメリットに触れないような業者には注意しましょう。

5.導入実績や経験が豊富であるか

屋根の状態は千差万別ですが、
様々なケースを見てきてた導入実績の豊富な業者であれば、
安心して任せることが出来ます。

逆に経験があまり無い業者だと、
重さに耐えられない古い屋根に無理してパネルを乗せてしまったり、
配線を間違えたりと、後々トラブルに繋がる事があります。

6.些細な疑問にもきちんと答えてくれるか

今後20年に渡ってお付き合いをしていく間柄ですから、
こちらの要望にどこまで真剣に応えてくれるのか
という点は非常に大切です。

どんな些細な質問にもきちんと対応してくれるのか、
そこをしっかりと見極める必要があります。

 

損をしない!優良な施工業者を見つけるコツとは?

Original update by : イラストAC

 

では上記の点を踏まえて、
実際に業者を選ぶときにはどうしたら良いでしょうか。

優良な業者を選ぶコツとして、次のポイントを押さえましょう。

一括見積もりサイトなどを利用して、「複数」の業者に見積もり依頼をする

一社だけに依頼してはいけません。

必ず複数の業者に見積もり依頼をし、数社の提案を比較してみましょう。

そこで気になる業者をいくつか選んで、現地調査してもらいます。

その際、「一括見積もりサイト」を利用すると簡単な入力だけで、
住んでいる地域の業者を探すことが出来て便利です。

次のような質問をして反応を見てみる

現地調査する前に、「お得になるか?」聞いてみる

実際に現地を見るまでは、お得になるかどうかは分かりません。

気軽にお得になると断言する業者は要注意です。

創業年数や施工実績について質問してみる

明確に答えられない業者は創業年数が浅く、
知識や技術が不足している可能性があるので要注意です。

インターネットでもっと安くなる業者を調べてみても良いか聞いてみる

自信のある業者は、嫌な顔せずにOKしてくれます。

嫌な顔をしたり契約を急ぐ業者は要注意です。

 

長い付き合いになる業者選びは、慎重すぎるくらいで大丈夫です。

信頼のおける優良な業者が見つかるまで、根気強く探してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太陽光発電は一つ一つオーダーメイドの製品ですので、
優良な施工会社を選ぶことが重要になってきます。

 

施工会社を選ぶときには、次のことに注意して下さい。

  • 経営状態が良いか
  • 取り扱いメーカーの正規資格を持っているか、施工保険に加入しているか
  • 現地調査を行った上で見積もりや設計図面を提案してくれるか
  • メリットとデメリットを区別して教えてくれるか
  • 導入実績や経験が豊富であるか
  • 些細な疑問にもきちんと答えてくれるか

 

複数の業者に見積もりを依頼して、
こちらの質問にどのような反応をするのか確認してみてください。

きっと納得のいく業者が見つかるはずです。