太陽光発電から電磁波が出るの?

体にどんな影響があるの?

電磁波を止めることは出来るの?

 

 

電気代の節約や売電による収入が見込める太陽光発電は、
環境にも優しく、特に東日本大震災の後、ますます普及が進んでいます。

しかし、

「太陽光発電を設置してからどうも体調がすぐれない…」
「発電時に耳鳴りや頭痛がする…」

なんて話を聞くと、
大丈夫なの!?と心配になってしまいますよね。

これらの体調不良は「電磁波」が原因ではないか?
という噂もありますが、実際のところどうなのでしょうか。

 

今回は、太陽光発電と電磁波の関係について調べてみました。

導入を考えているけれど、どうも心配だ…
と言う方は、是非、参考にしてください。

 

電磁波とは?体に悪影響を及ぼすの?

Original update by : 写真AC

 

まずは、電磁波とはどのようなものなのか、
体にどのような影響を与えるものなのかを、解説していきます。

 

電磁波とは、「電場」と「磁場」の変化によって起こる波(波動)のことです。

 

  • 電場 ・・・ 電気的な力(プラスとマイナスがくっつく力)が働く空間のこと
  • 磁場 ・・・ 磁気の力(N極とS極がくっつく力)が働く空間のこと

 

電磁波は、一般的に周波数(1秒間に生じる電磁波の「波」の数)で表され、
波長の違いで性質を変えます。

経済産業省のHPに掲載されている電磁波の種類の一覧表です。

 

医療用から身近な電化製品まで、
私たちの生活には電磁波があふれている事が分かります。

 

では、電磁波は体にどのような影響を与えるのでしょうか。

WHO(世界保健機関)による報告を見ていきましょう。

 

短期的影響

高レベルの電磁波を浴びると、神経・筋肉への刺激等、
生物学的影響が出ることが科学的に証明されています。

しかし、「国際的なガイドラインを守っていれば悪影響は無い」としています。

長期的影響

電磁波が「小児白血病と関連がある」と発表されてから、
様々な機関が研究をしていますが、
明確な因果関係は見つかっていません。

また、「電磁波が人の体に悪い影響を及ぼす」
といった科学的根拠は得られていません。

 

「電磁波が体に何か悪影響を及ぼすという証拠は見つからない」
という事ではありますが、
近所に携帯電話の基地局が出来たりしたことで、
体調不良を起こす人がいるのも事実です。

そのような症状の事を「電磁波過敏症」と呼びます。

 

電磁波過敏症の具体的な症状として、次のようなことが挙げられます。

  • 目が見えにくい、痛い
  • 耳鳴りがする
  • 皮膚が乾燥する、赤みや湿疹ができる
  • 鼻詰まり、鼻水が止まらない
  • 顔が火照る
  • 頭痛がする、記憶障害を起こす

 

電磁波が健康に悪影響を及ぼすという証拠はありませんが、
全く影響が無いと言い切る科学的根拠も、今のところ無いのです。

 

太陽光発電のデメリットは電磁波?機器から電磁波が出る?

スポンサードリンク


では、太陽光発電からは、どのくらいの電磁波が出るのでしょうか。

財団法人電気安全環境研究所が出した数値によると、

  • ソーラーパネル ・・・ 83ミリガウス(20cm離れた位置で計測)
  • パワーコンディショナー ・・・ 75ミリガウス(30cm離れた場所で計測)

 

となっています。

この数字は、国際的ガイドラインの基準値の2%前後であり、
非常に小さい数値となっています。

 

参考として、他の電化製品の値を見てみましょう。

  • 電子レンジ ・・・ 80ミリガウス(50cm離れた位置で計測)
  • ホットカーペット ・・・ 300ミリガウス(0cmの距離で計測)

 

太陽光発電が特別高い数値ではない、ということが分かると思います。

特に屋根の上にあるソーラーパネルに近づくことは滅多にありませんから、
心配する必要はないと言っても良いでしょう。

 

影響があるとしたら、パワーコンディショナーの方ではないでしょうか。

電子レンジなどは一日中つけっぱなしと言うことはありませんが、
パワーコンディショナーは発電している間中稼働しているわけですから、
電磁波過敏症の方には、かなり気になる存在になります。

 

また、周辺機器として、
無線モニターなどからも電磁波が出ている可能性があります。

 

電磁波を止めたり予防する方法はある?

Original update by : 写真AC

 

残念ながら電磁波を止めることは出来ませんが、
少しでも影響を減らすことは出来ます。

対策として考えられることは次の2つです。

  1. パワコンを置く場所を考える
  2. モニターなどは有線にする

 

1.パワコンを置く場所を考える

電磁波は距離を置けば置くほど低減しますので、
パワコンを室内ではなく屋外に置くことをお勧めします。

環境省が出している「太陽光発電システムの性質」という資料からも、
20メートル離れていれば全く影響は無いといえる、と記載されています。

2.モニターなどは有線にする

家の中のWiFiなどからも電磁波は発生しています。

無線のものを有線にするだけでも、
電磁波の影響を少なくすることが出来ます。

 

太陽光発電は大がかりなシステムのため、
一度設置すると簡単に撤去することができません。

いろいろな数値を見ても尚、
電磁波が気になってストレスになるようでしたら、
導入自体を見直すことを視野に入れても良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

電磁波とは、電場と磁場の変化によって起こる波動のことです。

波長によって種類があり、医療用から電化製品まで、
私たちの周りに無数の電磁波が飛び交っています。

「体に悪影響を及ぼす」という、
科学的な根拠や因果関係は証明されていませんが、
電磁波過敏症と呼ばれる症状を引き起こす方がいるのは事実です。

 

太陽光発電システムは、ソーラーパネル、パワーコンディショナー共に、
国際基準を大幅に下回る電磁波しか発生させていませんが、
気になる方は次のような対策を立てることをお勧めします。

  • パワコンを屋外に設置する
  • モニターなどを無線から有線に変える

 

電磁波を気にするあまり、精神的にストレスを感じてしまうようでしたら、
設置そのものを見直すことも考えましょう。