オール電化って、本当にお得?

オール電化って、普通の家と何が違うの?

オール電化のメリット&デメリットは?

 

 

最近CMや広告で「オール電化」と言う言葉をよく耳にします。

そこではエコや省エネ各種サービスをうたっていますが、
オール電化住宅は、普通の家と何が違うのでしょう?

 

これから家を購入しようと考えている方、リフォームしようと思っている方で、
オール電化にしようかと考えている方もいるでしょう。

でも実際、オール電化について詳しくは知らなくて、
本当にお得なのか?どんなメリットやデメリットがあるのか?
もっとよく知りたいと思っている人も多いのです。

 

そこで今回は、オール電化が本当にお得なのかどうか
そしてオール電化の特徴やメリットデメリットについてまとめました。

 

オール電化の特徴は?一般の家との違いは?

original update by : Akino Ann

 

〇オール電化とは
給湯や暖房調理器など、家のすべての熱源を電気で賄っている住宅の事を言います。

 

普通一般の家は、ガス給湯器やガス台、ガスストーブなど、
電気製品だけでなくガスを熱源に使っている物もあり、
ほとんどの家が電気とガスを併用しています。

しかしオール電化は、
全て電気を使用しているところが大きな違いと言えます。

 

オール電化の大きな特徴には、以下の3つがあります

〇キッチン設備

ガスは使わず、IHクッキングヒーターと言う電気調理器を使います。

IHクッキングヒーターとはIHと呼ばれる電磁戦を使った調理器具で、
それ自体は熱を発せず、鍋やフライパンなどを振動させる事で加熱します。

〇給湯

料金の安い深夜電気を使って夜の間にお湯を沸かし、
それを日中使えるようにためておくエコキュートや電気温水器が使われます。

エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用して、
二酸化炭素を冷媒に空気の熱でお湯を湧かせる電気給湯器です。

〇暖房

電気温水器やエコキュートの熱を利用した床暖房や、
安い深夜電力で蓄熱し、日中それを利用した蓄熱ヒーターという暖房機が使われます。

 

このように、家の中で使うすべての熱源が、
電気で賄われていることがオール電化の特徴です。

 

オール電化のメリットは?

スポンサードリンク


オール電化に多くの人の関心が向くようになると、

電力会社はオール電化のメリットや安い料金プランなどを挙げて、
新築やリフォームの際に薦めるようになりました。

オール電化は、ガスと電気を併設している家よりも何がお得なのでしょう?

また、どのようなメリットがあるのでしょうか?

〇オール電化のメリット

  • ガスを使わないため光熱費を一本化でき、基本料金を電気料金分だけ払えばよいので
    ガスメーターや安全装置などが不要です。
    その為、ガスと併用をする場合よりもコスト減になります。
  • 安い深夜電力を利用して熱を作る事ができるので、電気代がお得になります。
  • 震災時、電気・ガス・水道の中で電気の復旧が一番速いとされています。
  • エコキュートや電気温水器の中には貯水タンクがあるので、震災時などのいざという時、
    生活用水として利用できます。ただし、飲用水としての利用はできません。
  • IHクッキングヒーターは炎を出さないので、着火事故などを減らすことができます。
  • IHクッキングヒーターは汚れを拭きやすいので、ガスコンロより掃除が簡単です。
  • ガス器具を使った時の様なガス漏れや、不完全燃焼の一酸化炭素中毒などの心配がないです。
  • ガスは二酸化炭素を出しますが、全て電気だと家中の空気がクリーンです。

 

オール電化のデメリットは?

original update by : いしだひでヲ

 

これだけメリットがあると、オール電化を考える人が増えるでしょう。

しかし、全ての事において言える事ですが、
メリットがあれば必ずデメリットもあります。

オール電化にも多くのメリットがある一方で、
やはりデメリットとなる部分もあるものなのです。

〇オール電化のデメリット

  • オール電化の料金プランは深夜電力がとても安く設定されていますが、
    その分昼間の電気代は4倍ほどの高額設定になっています。
  • IHクッキングヒーターで使える調理器具は限られてしまいます。
  • IHクッキングヒーターは炎が出ないため、中華料理の様な強い火力が必要な料理や、
    調理器具をゆすって作る料理には向いていません。
  • これは個人的な感覚もありますが、調理時に実際の火が出ないため、
    ちゃんと調理した満足感が湧かないという人もいます。
  • 設置コストが高額です。
  • 停電時には、全ての機能が止まってしまう恐れがあります。
  • 身近に火を見る事がなくなるため、子供に火の危険性を教える事ができず
    それが教育上のデメリットになると考える人もいます。
  • 家の敷地内に、エコキュートや温水器の設置スペースが必要になります。
  • ガス給湯器ならばその場でお湯を沸かすので、湧いたお湯はそのまま飲用として使えますが、
    オール電化の温水器はタンクに貯水するので、衛生面を考えて、
    そのまま貯水したお湯を飲用にはできず一度沸騰させなければなりません。

 

たくさんのメリットがある分、やはりデメリットもありますので、
オール電化を導入しようと考えている方は、
ご自分の利用価値観メリットデメリットをよく考えて決めるといいでしょう。

 

オール電化を導入する際の注意点とは?

では、オール電化を導入しようと決めた時、
導入の際にはどのようなことに注意すればいいのでしょうか?

 

オール電化の料金プランは様々設定されています。

深夜の電気料金がとても安くなるプランや、
電気の使用が多い時間帯をずらした、
オフピーク時間帯の電気料金を安くするプランなどです。

その分、日中の電気料金はとても高額に設定されていて、
中には4倍くらいになるものもあります。

 

そこで日中に電気を使う機会の多いご家庭の方は、
プランを選ぶ際、料金設定に気を付けてください。

いくら深夜料金が安くても、昼間に電気を多く使ってしまえば、
とても高額な電気料金を支払わなければならなくなります。

 

また、はじめてオール電化にする場合には、
工事費や機器の設置費などが高額になってしまう事もあります。

一般的な家庭配線は100Vですが、
エコキュートやIHクッキングヒーターなどは200V機器を使用しますので、
200Vの配線工事が必要となってきます。

ただ、大抵200V配線は家の中までは来ているので、
分電機から機器までの配線工事で済みます。

漏電遮断器をオール電化専用の漏電遮断器に交換する必要があります。

 

エコキュートを導入した場合、
本体は屋外に設置されるので本体費用と電気工事費用
そして設置場所によっては、
設置場所の地盤強化の為の基礎工事費用がかかる場合があります。

 

このようにオール電化自体は光熱費が安くなりお得だと思っても、
他の部分で高額なコストがかかる場合がありますので、
導入の際にはこれらの点を十分検討して決めた方がいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

オール電化とは、熱源全てを電気で賄っている住宅の事で、
ガスは一切使用せず、IHクッキングヒーターやエコキュート、
床暖房や蓄熱ヒーターなど全て電気で稼働する機器を使用しています。

 

オール電化は全て電気なので、
光熱費の基本料金が電気分だけで済み、光熱費を安く抑える事ができます。

 

オール電化の電気料金プランには、
深夜電気がとても安く設定されたプランがありますので、
上手に選べばかなりコスト削減になります。

その分、昼間の電気代はかなり高額設定されているので、
昼間に電気を多く使うご家庭の人は、電気料金プランを選ぶ時注意が必要です。

 

オール電化には沢山のメリットがある一方で色々なデメリットもありますので、
導入検討の際にはメリッとデメリットをよく考えて決めましょう。