オール電化ってどんなところがお得なの?

ガスと比べてコストダウンになる?

停電の時はどうしたらいいの?

 

新築やリフォームを機に、オール電化を考えている方も多いと思います。

でも、オール電化のメリットとデメリットをしっかり把握していますか?

一度オール電化にしてしまうと簡単に元に戻すことは出来ませんから、
事前によく考える必要があります。

 

ここでは、オール電化のメリットとデメリットを比較しながら、
オール電化でもしっかり節約する方法をご紹介していきます。

気になる停電時の対応についても解説していきますので、
オール電化を検討中の方は、是非、参考にしてください。

 

オール電化のメリットとは?

Original update by : イラストAC

 

家の中の熱源全てを電気でまかなう「オール電化」ですが、
オール電化のメリットとしてどんな点が挙げられるでしょうか。

ガスと併用している場合と比較してみましょう。

〇光熱費を一元化できる

ガスを使わないので、ガスの基本料金が掛からなくなります。

新築の場合は、ガス管を引いたりガス警報器、
マイコンメーターなどのガス関係の装置を設置しなくても良いので、
その分のコストが無くなります。

〇安全性が高い

ガスのように炎が出ない為、
炎が衣服の袖口に着火する事故を減らすことが出来ます。

また、ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素中毒などの心配もありません。

〇災害時の復旧が早い

東日本大震災の時も、ガスや水道よりもいち早く復旧したのが電気です。

ガスは一番最後になったため、
お風呂に入れずに辛かったという声をたくさん聞きました。

オール電化住宅が一番先に日常を取り戻すことが出来ます。

〇給湯器で貯めた水やお湯を災害時に生活用水として利用できる

災害時には、エコキュートや電気温水器の中の
貯水タンクに貯まった水やお湯を生活用水として活用できます。

〇掃除が簡単

オール電化にすると、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変わり、
劇的にお掃除が楽になります。

ゴトクをどかさず表面をサッと拭くだけで綺麗を保てるのは、
主婦には大変助かることです。

〇安い深夜料金を利用できる

オール電化に特化した電力料金を契約すれば、
夜間の電気代を大幅に節約することが出来ます。

〇太陽光発電との相性が良い

太陽光発電を導入すれば、さらに省エネすることが出来ます。

日中は太陽光発電で発電した電気を使い、
夜間は安い電気を使えば、環境に非常に優しくなります。

日中家にいることが少なければ、
余った電気は電力会社に売却することができますので、
オール電化と太陽光発電を同時に導入する方も多いです。

 

火災やガス漏れ、一酸化炭素中毒など安全性に関しては、
ガス併用よりもオール電化の方が勝っているようです。

また災害時に電気が一番復旧が早い事も見逃せませんね。

 

オール電化のデメリットとは?

スポンサードリンク

次に、オール電化のデメリットを見ていきましょう。

〇昼間の電気料金が高くなる

夜間の電気料金が安くなる分、昼間の電気料金は高くなります。

在宅で仕事をしている方や、乳幼児がいる方、お年寄りなど、
日中、家に誰かが居るご家庭では、電気代が上がる可能性があります。

〇調理器具が限定される

IHクッキングヒーターでは、対応している調理器具しか使えません。

使い込んで愛着のある土鍋などはもう使えないのです。

鍋やフライパンの買い替えが必要となり、結構な出費となります。

〇火力が弱い

お料理好きの方から不満が噴出しているのが、
火力が弱いという点です。

特に、中華料理などといった強い火力が必要な料理を
頻繁に作るご家庭では注意が必要です。

〇停電時に困る

ガスと併用の場合、停電時にもガスコンロは使えます。

最低限の煮炊きは出来るのですが、
オール電化の場合は何も出来なくなってしまいます。

〇設置コストが高額

IHクッキングヒーターとエコキューとを導入した場合、
工事費などを含めて約75万円以上掛かります。

それに床暖房を加えれば価格はもっと上がります。

〇設置スペースが必要

敷地内にエコキュートなどの電気温水器を設置するため、
ある程度のスペースが必要になります。

〇温水器の衛生面が心配

オール電化は電気温水器のタンクにお湯を貯めるシステムですので、
タンク内の衛生面に不安が出てきます。

飲用に使う場合は一度煮沸消毒することとなっています。

ガス給湯器はその場でお湯を沸かすため、そのまま飲用出来ます。

〇電磁波の心配

電磁波については賛否両論あります。

電磁波は出ているが人体に全く問題が無い」という主張もありますし、
とても危険!特にIHクッキングヒーターは危ない」という主張もあります。

実際にIHクッキングヒーターから電磁波が出ている事は事実ですが、
国際機構の基準を下回るものです。

しかし、電磁波に過敏に反応してしまう
電磁波過敏症」と呼ばれる症状を起こす方がいるのも事実ですので、
自分の体質を見極めることも大切です。

 

オール電化で節約する方法とは?

Original update by : 写真AC

 

オール電化は、
「夜間の電気料金が安くなる」「昼間の電気料金が高くなる」と、
メリットとデメリットが表裏一体となっていることが分かります。

せっかくオール電化で光熱費を一元化することが出来るのですから、
少しでもコストダウンしたいですよね。

そのための工夫として、次の3つを試してみましょう!

  1. 家族の生活の変化に合わせて、最もお得になる料金プランに見直す
  2. 電気を使う時間帯をずらす
  3. エコキュートのモードをこまめに設定する

 

1.家族の生活の変化に合わせて最もお得になるプランに見直す

オール電化にしたら、
「夜間は安い料金で契約するのが一番良い」とは限りません

日中誰かが在宅しているのなら、
昼間高い料金になるプランでは電気代を節約することは難しいです。

現時点でどの料金プランが最適なのか、よく考えて契約しましょう。

例えば、子供が幼稚園に通うのに合わせて妻も日中働くことになった、
などの生活の変化が生じる時は、必ず料金プランの見直しを行いましょう。

2.電気を使う時間帯をずらす

契約している料金プランを良く見て、
どの時間帯が高いのか、または安いのか、把握しましょう。

タイマーが付いている家電をフル活用し、
料金の安い時間帯に稼働させるようにします。

料理なども安い時間帯に仕込んだり、
長時間煮込まなくてもいいように、
圧力鍋や保温鍋を活用することをお勧めします。

3.エコキュートのモードをこまめに設定する

エコキュートは省エネモード設定にしている場合が多いのですが、
日中に頻繁にお湯が足りなくなるようでしたら、
モードの切り替え」をしましょう。

季節ごとに使用するお湯の量が変わってきますから、
その都度、最適な設定に切り替えます。

また、その日はもうお湯を使わないことが分かっているのなら、
自動沸き増し機能を停止しましょう。

 

オール電化で停電した時の対処法は?停電対策とは?

さて、オール電化で一番心配なのが、停電した時です。
全ての家電が止まってしまうのですから、何も出来なくなってしまいます。

停電に備えてどのような対策を取っておけばよいのでしょうか。

 

まずは、停電になってしまった時を具体的にイメージしてみましょう。

困ることは何ですか?

  • 電気が点かない、家電が全て使えない
  • お湯が出ない、お湯を沸かすことも出来ない
  • 冷暖房も使えない

 

これらを踏まえて見えてくるものが、
「照明器具」「調理器具」「暖房器具」の備えではないでしょうか。

〇照明器具

ろうそくなどはそれが元で火災になることもありますので、
懐中電灯やキャンプで使うランタンを準備しておきましょう。

もちろん、乾電池も準備しておきます。

〇調理器具

カセットコンロがあると安心です。

また、火を使わなくても食べられる食料も準備しておきましょう。

〇暖房器具

電気を使わない、昔ながらの石油ストーブがあれば良いですが、
肝心の灯油が無い場合もあります。

厚手の毛布や寝袋があれば、何とか暖を取ることが出来るでしょう。

 

また、導入コストが掛かりますが、家庭用の蓄電池を用意しておけば、
冷蔵庫の物が溶けるようなこともなく、ある程度日常と同じ生活が出来ます。

太陽光発電と併せて使用すれば、日中も夜間も安心ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オール電化は一度導入してしまうと簡単に元には戻せませんので、
導入前にメリットとデメリットをしっかり把握することが大切です。

オール電化にすると光熱費を節約できるように感じますが、
昼間在宅している場合は、それ程実感できない場合が多いです。

節約ポイントとして、

  • 家族の生活の変化に合わせて、最もお得になる料金プランに見直す
  • 電気を使う時間帯をずらす
  • エコキュートのモードをこまめに設定する

 

などが挙げられますので、いろいろと工夫してみましょう。

 

また一番心配な停電時も、事前に電気を使わない、
「照明器具」「調理器具」「暖房器具」を備えておけば安心でしょう。