家を新築するのでオール電化を検討しているけど、
床暖房の設置費用はいくらかかる?

床暖房って、どんなものがあるの?

 

 

  • オール電化にして床暖房をつけようとしているけど、
    床暖房の種類が多すぎてよくわからない!
  • 床暖房ってとにかくお金がかかりそう!
  • 給湯器の付け替えで、コストダウンってできるの?

 

こんなことはありませんか?

床暖房には種類が多いので、
機能は具体的に何が違うのか、費用面でどれくらいの差が出るのか、
分からないことが多くあって、選ぶのがとても難しいです。

しかし長く使うものなので、納得できる製品を選びたいですよね。

 

そこで今回は、床暖房の簡単な仕組みから、様々なタイプの床暖房の特徴
それぞれの設置にかかる費用ランニングコスト(燃料費)をご紹介します。

オール電化導入の際の気を付けるポイントもまとめましたので、
ぜひ参考にしてください。

 

オール電化で床暖房!その簡単な仕組みは?・・・電気ヒーター式と温水循環式の二種類がある

Original update by : 寝太郎

 

床暖房には多くの種類がありますが、
電気ヒーター式温水循環式の2種類に分類できます。

電気ヒーター式とは?

電気ヒーター式は、
床下に設置した発熱体に電気を通すことで床を温める方式です。

蓄熱式

主に、電気料金の安い夜間電力を使って発熱体に熱を蓄えておいて、
電気料金の高い昼間に、その発熱体の熱を自然放熱させる方式なので、
電気代は割安になります。

PTCヒーター式

PTCとは面状またはチップ状の発熱体のことで、
これ自体が温度をコントロールできるので、日当たりが悪い部分は暖かく、
日当たりのよい部分ではムダな放熱を抑えてくれるので、
効率よくお部屋を暖めることが出来ます。

電熱線ヒーター式

床下に内蔵した電熱線に電気を通して床を温めます。
設置費用が比較的安いのですが、ランニングコストが高めです。

 

などがあります。

温水循環式とは?

温水循環式とは、床下に温水パネルを敷き、
そこにガス・電気・灯油などで温めた温水を循環させることで床を温める方式です。

近年では、電気と太陽光、電気とガスなど、
ふたつの装置を併用するハイブリッド式などもあります。

多機能型エコキュート

昼間より電気料金の安い夜間電力を使って温水を作るのでお得です。
床暖房だけでなく、給湯器の役割もあります。

床暖房専用ヒートポンプ

大気熱を利用し温水を作るので、火を使いません。

ハイブリッド式

エコキュートとヒートポンプの併用など。

 

  • 電気ヒーター式 ・・・ 部分暖房や使用時間が短い箇所の使用に向いている。
  • 温水循環式 ・・・ お部屋全体を温める場合に向いている。

ということになりますね。

 

オール電化の床暖房の費用は?・・・設備費やランニングコスト、電気代はおいくら?

スポンサードリンク


まずは設備費についてですが、
メーカーや製品によって様々なので、ここでは大まかに、
10畳間で使用する電気ヒーター式を100と仮定した場合の、
それぞれの設備費用をご紹介します。

  • 電気ヒーター 100
  • エコキュート 170
  • ヒートポンプ 135

程度になります。エコキュートは設備費が高めです。

 

次にランニングコスト(燃料費)ですが、先ほどと同様に、
10畳間で使用する電気ヒーター式を100と仮定した場合

  • 電気ヒーター 100
  • エコキュート 25
  • ヒートポンプ 28

程度となります。

 

実際にパナソニックの製品では、10畳間の場合の電気代は、

  • 電気ヒーター 約7,300円/月
  • エコキュート・ヒートポンプ 約3,900円/月

となります。

燃料費は、温水式の方がやはり安くなります。

 

オール電化住宅では長く床暖房を使うので、
長い目で見ると、燃料費が安い製品の方が負担が少ないです。

(内装選びの本1 木質床材・床暖房・階段 [カタログ] Panasonic 参照)

 

お得に選ぶオール電化の導入ポイント

Original update by : はむぱん

 

オール電化にしてお得なのはどんな場合でしょうか?

 

まずオール電化にする際に考えたいのが、電力会社の電気料金プランです。

オール電化住宅では深夜や早朝などの電気料金が安く、
昼間の電気料金が高めな料金プランがほとんどです。

電力会社によっては、オール電化住宅に割引を適用するなど、
従来の料金プランよりかなりお得な優遇プランを提供しています。

ガス併用時の電気料金プランと比較して、
お得になるならオール電化を検討してみましょう。

 

また、給湯器の付け替えをご検討の方は、光熱費が安くなると言われている
多機能型エコキュート(給湯機能付き)にするとコストダウンできます。

エコキュートは、電気料金が安い夜間の電力を使用しますので、
お得に床暖房やお風呂、給湯が使えるようになります。

給湯器と同時にガスコンロをIHクッキングヒーターに変更しオール電化にすると、
ガスと併用するより、電気に一本化できるのでさらにお得になります。

 

オール電化住宅の電気料金は、日中の電気料金が高めに設定されているので、
一番気を付けたいのがエアコンの使用です。

エアコンは家庭で一番消費電力が多い家電です。

床暖房があれば冬の日中にエアコンをつけることは少なくなりますが、
夏が暑い地域だとどうしても日中にエアコンをつけてしまい、
電気代が高くなってしまいます。

オール電化にして電気代を抑えたいという場合は、
夏の日中が涼しい地域の方が向いています。

 

お住まいの地域や電力会社にもよりますので、
一度、無料見積りなどのシュミュレーションをされることをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたか?

床暖房には二種類あり、

【電気ヒーター式】

  • 床下に設置した発熱体に電気を通して床を温める方式で、部分暖房や使用時間が短い箇所向き。
  • 設備費用は安く燃料費が高い。

【温水循環式】

  • 床下に温水パネルを敷き、そこにガス・電気・灯油などで温めた温水を循環させて床を温める方式で、お部屋全体を温められる。
  • 設備費用が高く燃料費が安い。

などの特徴があります。

 

また、オール電化導入時には、

  • オール電化住宅向けのお得な電気料金プランがあるのか
  • エアコンなど、日中の電気使用量を抑えられるのか

などの点に気を付けて検討にしましょう。

生活スタイルやご家族の希望など、ご家庭に合ったものを選ぶようにしましょう!