海の近くは、遮るものもないし太陽光発電にピッタリ!

でも、塩害で故障するって本当?

 

 

太陽光発電を導入する時に、
頭に入れておきたいのが自然災害による被害です。

地震、火災、台風、雷など、日本でも自然災害が活発になっていますね。

そんな事前災害のひとつに「塩害」があります。

塩害は太陽光を集めるのに向いている海辺で起こりやすい自然災害です。

 

ここでは、塩害被害とはどういったものなのか、
塩害被害への対策について太陽光発電の観点から考察していきましょう。

 

海辺では塩害の影響で太陽光発電が設置できない?

Original update by:つちくれ

 

海と言えば、サンサンと降り注ぐ太陽のイメージが強いですよね。

太陽の光が降り注ぐ浜辺で太陽光発電ができたら・・・
それはかなりの売電ができそうです。

 

しかし、世の中はそう上手くはできていません。

海に近い地域は、塩分を多く含む、潮風の影響を強く受けます。

モジュールの配線や金属製の架台など、
太陽光発電の導入に欠かせないものが錆びやすくなることから、
太陽光発電システムの導入に制限が生じる場合があるのです。

特に海岸から500メートル以内の、
「重塩害地域」では設置不可としているメーカーがほとんどです。

もう少し距離がある場合でも、
通常の太陽光パネルの取り付けはできません。

 

例えば、塩害地域においては、
パワーコンディショナを室内に設置するという制限があったり、
塩害に対応したモジュールや架台を使用するなど、
様々な工夫が必要となってくるのです。

メーカーや製品モデルによっては使用できない場合もあるので、
塩害地域での太陽光発電の設置には事前に詳細な調査が必要になります。

 

塩害ではどのような被害がでるの?

スポンサードリンク


塩害
とは、沿岸部やその周辺地域での鉄部に、
潮風に含まれる塩分が付着して錆びてしまうという被害を指します。

太陽光発電については、この錆びる現象が故障の原因になったり、
使えなくなるまでの期間が一般の家よりも早く訪れるという被害が勃発します。

 

では、太陽光発電の塩害について、具体的な例を見ていきましょう。

太陽光パネル・架台の塩害被害例

まず、太陽の光を吸収する太陽光パネルですが、
そのものの素材を見た場合、塩害がそこまで大きくなる可能性は低いです。

変質や錆びが起きにくい素材なので、パネル部分では大きな心配はありません。

しかし内部に使用されている配線に関しては、
錆びなどの塩害を受ける場合が多いです。

更に太陽光パネルを支える架台やフレームも危険です。

直接、発電に影響を与える場所ではないものの、錆びて腐食が進み、
使い物にならなくなるといった被害が発生しています。

パワーコンディショナの塩害被害例

パワーコンディショナは、外部設置と内部設置が可能です。

配線ケーブルなども同じように、
パワーコンディショナは太陽光発電の心臓部とも言える機器です。

しかし、塩害によって構造物に塩分が付着すると、
劣化が起きるという被害が発生しています。

ネジや配線などの金属部分は、
塩害の影響を顕著に受ける部分ということができます。

 

塩害によるソーラーパネルの故障を予防する方法はある?

Original update by:hiroshi nomura

 

塩害による太陽光パネルの故障を予防する術を知っておきましょう。

太陽光パネルの中には「沿岸部仕様」と明記されたものが存在します。

しかし最近では、一般の太陽光パネルが塩害被害にも対応しているので、
一般のものと同じものが使用されています。

塩害だけでなく、錆びに強い高品質に移り変わっているともいえますね。

 

パワーコンディショナの接続機器については、
できるだけ「内部設置」にした方が塩害の被害にあう確率を低くできます。

設置の際には、以下のことを視野に入れましょう。

  • 防腐性
  • 防錆性
  • 絶縁を強化する

 

塩分が内部に入り込まないように、密閉する事が最も効果的だと言えます。

設置前の調査も重要

海岸の近くでの太陽光パネル導入の際に1番気を付けたいのは、
やはり設置前の調査となってきます。

塩害地域は2キロ~7キロ以内と、
地域によって異なるので事前調査が必要になります。

潮風の向きや風の強さなど、何日かかけて調査することが重要です。

また、「塩害地域であることを考慮した保証内容か
という確認を行なうことも大事です。

 

すなわち、塩害に合わないように、
地元の風土に詳しく、地元での施工が多い施工業者を見つけて選ぶ
ということが、塩害被害の減少につながります。

 

もし塩害で太陽光発電設備が故障した場合はメーカー保証で修理ができる?

太陽光発電は基本的に「メンテナンスフリー」と言われているように、
一度屋根に設置してしまったらあまり整備しなくてもよいのがメリットです。

メーカーによる4年に一度の点検が一般的です。

もし塩害で太陽光発電の設備が故障した場合、
メーカー保証は受けられるのでしょうか。

メーカー保証の期間や内容は、メーカーによって異なります。

無料保証期間は平均10年程度ですが、
中には20年保障をうたうメーカーもあります。

無料保証が過ぎても、有料で20年まで引き延ばせるという場合もあります。

 

その無料保証期間の補償内容に、
「塩害」の項目が入っているかどうかによって保障の有無は変わります。

中には塩害を対象外としているメーカーもあります。

塩害地域は強風地域と重なることも多いため、
施工の方法や運転開始後のメンテナンスなど細かくチェックする必要があります。

 

太陽光発電の導入を考えた時に、
施工業者を選ぶために問い合わせをするはずです。

その段階で、以下のことを確認しておきましょう。

  • 塩害地域への設置事例はあるか
  • 定期的なアフターフォローは行なっているか

 

納得のいく回答が得られるまで、
海岸の側の太陽光発電導入はしっかりと検討しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

海辺の太陽光発電には塩害被害の可能性があるため、
簡単に太陽光パネルの設置ができません。

潮風に含まれる塩分が付着することで錆びが発生し、
最悪、使い物にならなくなってしまうからです。

 

海辺の太陽光発電設置のポイントは・・・

  • 事前に地元の風土に詳しい業者に調査をしてもらう
  • 塩害や錆びに強い品質の太陽光発電システムを導入する
  • 塩害災害に関するメーカー保証がついているか確認する

 

太陽光パネルを設置してから、
「こんなはずではなかった・・・」と後悔をする前に、
塩害被害にあう場所であるという自覚と、慎重な検討が必要です。