太陽光発電の設置費用はどのくらいかかるの?

それを回収するにはどんなことに気を付けるべき?

 

 

太陽光発電の導入を考え始める人が増えています。

しかし知識のない状態から、いきなり導入するのは不安ですよね。

太陽光発電を導入するには、設置するための費用が最初にかかります。

しかしよく言われるのは、太陽光発電を活用することで、
その初期費用の回収ができるということです。

 

これらが本当なのかが気になっている人も多いでしょう。

ここでは太陽光発電の設置費用と、
どのくらいで回収できるのかを考えていきます。

 

太陽光発電の設置費用の内訳一覧

Original update by:紺色らいおん

 

太陽光発電を導入しようと考えた時に、
まず必要となるのが「設置するための費用」です。

初期費用と呼ばれる設置費用がどのくらい必要なのかを知っておきましょう。

一般家庭に太陽光発電を導入しようとした時に、
多くの場合、3.5kW前後を設置しています。

そう考えた時の設置費用を見ていくと、
もちろんメーカーや設置業者により異なる部分はありますが、
120万円~200万円が相場になるでしょう。

 

その内訳として、太陽光発電の初期費用は大きく2種類に分けられます。

  • 太陽光発電システムの費用
  • 設置工事に掛かる費用

 

もっと細かく見ていきましょう。

〇太陽光発電システムの費用

これはソーラーパネルやパワーコンディショナーなど、
太陽光発電を利用するための機材のことです。

詳細は・・・

  • ソーラーパネル単体 ・・・ 1枚約4万円 (何枚取り付けるかによって値段が変わります)
  • パワーコンディショナー ・・・ 約16万円前後
  • 接続ユニット ・・・ 約2万円
  • 昇圧ユニット ・・・ 約2万円 (不要な場合もあります)
  • 接続ケーブル ・・・ 約8000円
  • 工事金具 ・・・ 約15万円前後
  • モニター ・・・ 約5万円

 

メーカーによって大きく変わる価格は、やはり「ソーラーパネル単価」です。

性能と価格のバランスで選ぶのが良いでしょう。

〇設置工事に掛かる費用

こちらは太陽光発電システムを取り付けるためにかかる費用です。

  • 設置工事 ・・・ 約10万円~15万円
  • 電気工事 ・・・ 約8万円~12万円

 

こちらも業者によって金額はバラバラです。

いくつかの業者を比較して、相場だと思う辺りで決めるのが良いでしょう。

 

太陽光発電は平均して一か月間でどれだけ発電する?

スポンサードリンク


太陽光発電の発電量は、
ソーラーパネルの出力と枚数から計算することができます。

計算式があるので、参考にしてください。

  • モジュール公称最大出力(W) × 100 / モジュール面積(m2) × 1000W / m2

 

しかし実際にはそんな単純なものではなく、
天候や設置地域・場所などの日照条件によって集められる太陽光が変わるので、
この数値の60~80%程度が目安と言われています。

太陽光発電を導入する前に、
メーカー側でどれだけの発電量が見込めるかのシミュレーションを行いますが、
そこでの数字が実際の数字になることはほぼありません。

 

その理由は計算方法にあります。

例えば、2kWの太陽光発電システムの場合は、
この計算式では1ヶ月の発電量は約180kWhになります。

  • 3kWの太陽光発電システムでは、1ヶ月で約270kWh
  • 4kWhのシステムでは、1ヶ月で約360kWh

 

なかなか良い計算になるとは思いますが、これは割と適当な場合が多いのです。

メーカーの多くは1ヶ月の発電量を、
定格発電容量と大体同じと見越してそこへ90%をかけます。

これらの数字は「太陽光発電を導入するのに適した条件
であることが前提となっています。

  • 理想の真南に設置してある
  • 傾斜角が約30度という場所に設置してある
  • ケーブルなどが最良の距離でパワーコンディショナーなどに接続されている

 

この条件であれば、シミュレーション通りの発電量が可能かもしれません。

しかし多くの家ではすべての条件を満たすことは難しく、一歩ゆずって、
設置場所が東西に面している場合のその発電量は約85%に低下してしまいます。

 

日本で太陽光発電を利用した場合、
1ヶ月で平均230~270kWhの電力を作り出せると言われています。

 

設置費用の回収期間はどれくらい?

Original update by:chappy

 

太陽光発電システムは、
最初の設置にかかる初期費用を数年間で回収できるといわれています。

その後は利益に転じる「投資回収モデル」なのです。

実際にどのくらいで回収できるかは、ソーラーパネルの大きさや設置する方角、
そして住んでいる地域の日照時間などによってその期間は異なります。

目安として7年~12年の間で回収が可能だと言われています。

 

なぜ初期費用の回収が可能かというと、それは太陽光発電の仕組みにあります。

太陽光発電は自宅で電気を発電しているので、
今までのように電力会社から電力を買う必要がありません。

本来なら支払うべき電気料金がなくなり、儲けになります。

この月々の金額を積み上げていくと、20年~30年で初期費用回収は可能です。

 

しかし、現在であれば「電力の固定価格買取制度」を活用することで、
さらに早い期間で初期費用の回収ができるようになっているのです。

電力の固定価格買取制度とは・・・
余った電力を、10年間は同じ金額で電力会社に売ることができる制度をいいます。

 

さすがに10年後はどうなっているか分からないので、
10年以内に初期費用回収を目指すことが重要です。

 

短期間で費用回収をするコツは?

初期費用を回収するなら、できるだけ短期間で達成した方がお得ですよね。

早く回収するためには気を付けてほしいポイントやコツがあります。

〇昼間の電気使用量を節約する

太陽光発電は電気代が安い深夜の電気を使い、昼間使う電気をまかないます。

しかし昼間の電気使用料が多いと、
発電した電力のほとんどを家庭で使ってしまうことになります。

すると、電力会社へ売電する余剰電力が少なくなってしまいます。

電力が足りなくなった場合は電力会社から買うことになり、
節約どころか出費になってしまうのです。

〇屋根が小さい家は不利

家庭用の太陽光発電は、その家の屋根に取り付けます。

ソーラーパネルの範囲が大きいほど、たくさんの発電量を確保できるのです。

しかし屋根が小さい家に太陽光パネルを取り付けても、
思うように発電量を稼げず、売電する余剰電力が少なくなってしまうケースがあります。

〇環境が整っている

太陽光発電を活用するには、昼間の日照時間が大切です。

周りに何もないか、自宅より高い建物がない環境が最適です。

昼間なのに近隣の高い建物に陽ざしを遮られてしまう環境にある場合は、
発電量を稼ぐことができず、売電する余剰電力が少なくなってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたか?

太陽光発電は、設置費用を後々回収できる、
画期的なシステムとして注目されています。

しかし、家の条件や環境によって回収に時間がかかることがあります。

 

短期間で初期費用を回収するポイントは…

  • 屋根が大きく周りに遮るものがない環境であること
  • 昼間はなるべく電力を使わないように節約を心がける
  • 設置段階で不要なものは省き、初期費用を少しでも減らす

 

太陽光発電では、どのくらい発電量が稼げる環境にあるかも重要です。

まずは、太陽光発電に適した家なのか、そこ辺りから見直してみましょう。