せっかく新築で家を建てるなら、
キッチンはIHクッキングヒーターがいいかしら?

でも実際に、IHってどんなメリットやデメリットがあるの

 

 

今まではキッチンといえばガスコンロが主流でしたが、
現在では電気で賄うIHクッキングヒーターを導入した家が増えてきました。

実際にこれから家を建てる、引越しをする人の中には、
IHを検討している人も多いのではないでしょうか。

また古くなったキッチンを改築するのに、
ガスからIHにしようとしている人もいるでしょう。

 

そこで気になるのは、IHの使い勝手やメリット・デメリットです。

ここではIHとガスの違いや、
IHのメリット・デメリットを比較していきます。

 

IHキッチンとガスキッチンの違いは?

Original update by:みこcamera

 

まず、IHキッチンとガスキッチンの、
それぞれの特徴から違いを見ていきましょう。

〇IHキッチン

IHとは「インダクションヒーティング」のことで、
磁力線で鍋自体を発熱させる仕組みです。

別名「電磁誘導加熱」とも呼ばれ、
火を使わずに調理ができることで話題になっています。

そのため調理には鉄、ステンレスの鍋を使うことが必須です。

残念ながら、IHに対応していない土鍋や、
ガラス鍋を使っての調理はできません。

火を使わないので安全に調理ができること、
調理後はトッププレートを拭くことができるので、
掃除がとても簡単で衛生的だと考えられます。

コンロについた黒い油を見ることはなくなるでしょう。

見た目にもスタイリッシュで、
火を使わない時には調理台にもなる優れものです。

〇ガスキッチン

日本では昔から愛用されているお馴染みの存在です。

ガスを使って発火させ、その上に鍋をおいて調理をします。

ガスキッチンは使う鍋を選ばないので、鍋選びに迷う必要はありません。

土鍋も使えるので、鍋焚きのご飯も楽しむことができます。

ガスは炎が見えるので炎を見ながら火力の調整ができます。

感覚的に火力の強弱で料理ができるので、
やはり使いやすさは折り紙つきでしょう。

ただ火を使うので扱いに注意が必要であること、
火事の恐れがあるなど心配もあります。

最近では安全性の高いガスコンロも発売されています。

 

IHとガスのメリットとデメリットとは?

スポンサードリンク


IHもガスも、どちらにもメリット・デメリットがあります。

「どちらがいい」とは言切れませんので、
それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

〇メリット

IHのメリット

  • 火を使わないので子供や高齢者でも扱いやすく、火災になる心配がありません。
  • コンロから鍋を外すと過熱がストップする機能が付いているので、
    火の消し忘れもありません。
  • 掃除は表面を拭くだけなので、簡単にできる上に、いつも清潔に保てます。
  • 火を使わないので上昇気流が発生することがなく、
    壁や換気扇に油や汚れが飛び散りにくいです。
  • IHは火力が弱いというイメージがありますが、
    実際のところは立ち上がりが早く、非常に高火力です。
  • 火を使わない分、夏でも涼しく快適に料理をすることが可能です。

 

ガスのメリット

  • 今まで使ってきたものなので、馴染み深く使いやすいです。
  • 中華料理など鍋を振りながら調理したい場合もあおりながら調理ができます。
  • どんな鍋でも使えるので、鍋を選び直す必要がありません。
  • 火力を自分の目で見て調節できるので、感覚的に調理ができます。

 

〇デメリット

IHのデメリット

  • 鍋がIHプレートに接しないと発熱しないので、鍋を振りながらの調理はできません。
  • 使用する鍋を選ぶので、今までガスだった場合は鍋を買い替える必要があります。
  • IHは電気で動くので、停電になった場合は使用できず、
    台風や地震などで電気の復旧が見込めない場合は不便です。
  • 電磁波による影響を心配する声がありますが、
    国際基準で定められている安全基準の数値を大幅に下回っているので、
    人体に悪影響を及ぼすということは考えにくいです。

 

ガスのデメリット

  • 直接火を扱うので危険が大きいので、子供には使わせることができません。
  • 揚げ物火災の危険性が高いことや、
    調理中の服の袖などに飛び火する可能性があります。
  • 内装制限がある為、木などといった燃えやすいインテリアは利用しにくいです。
  • 火を扱うので料理中は周辺の温度が上昇し、夏場の調理が暑いといえます。

 

これらをまとめると・・・

IHのメリットは、安全性や、掃除のしやすさがあげられ、
ガスのメリットは、調理のしやすさ、鍋を選ばない等があげられます。

IHのデメリットは、鍋を選ぶことや、電磁波の影響が問われ、
ガスのデメリットは、火を扱う事への危険性や火事の心配があげられます。

 

IHからガスに変更する場合と、ガスからIHに変更する場合はどう違う?

Original update by:いしだひでヲ

 

家のキッチンを改築したり、器具を取り換えると言った場合にも、
IHなのかガスなのかを迷うところです。

IHからガスにする場合と、
ガスからIHにする場合の違いをご紹介します。

大きな違いはあるのでしょうか。

〇IHからガスコンロへの交換

IHヒーターからガスコンロへ変更する場合の工事費用は、
ガス管の有無によって変わります。

ですからハッキリとした相場を出すのは難しいのです。

元々はガスコンロだったのにIHヒーターにリフォームし、
再びガスコンロに戻したいという場合は、
たいてい、ガス栓はまだ残っている可能性があります。

しかし家を建てた時からIHヒーターだった場合はガス栓がありません。

すると、ガスの配管工事だけで10万円以上はかかります。

結果、トータル費用がかなり高額になる傾向があります。

どちらにせよ、交換したいガスコンロの価格によって、
合計金額は大きく変わってくるのです。

製品によって、自動消火や火加減を自動調節するおまかせ調理など、
今やさまざまな機能が付加されているものも多いです。

ガス栓の有る無し、機器のグレードなどをよく検討していきましょう。

〇ガスコンロからIHへの交換

ガスコンロを使用していたキッチンでIHヒーターにリフォームする場合は、
工事費が5万円前後になります。

しかしその他に、電源の増設工事が発生します。

IHを使うためには200Vの電源が必要になりますが、
元々キッチンに200Vの電源が設置されていない家庭が多いのです。

すると、電源の増設工事も発生し、値段がかかってしまうことがあります。

実際にかかる費用は、「IH本体+工事費」で、
合計金額は9万円から25万円程度と見ておきましょう。

しかしガス栓がない状態で、
IHヒーターからガスコンロに変えるよりは安く済みそうです。

その家の状態によって費用は異なりますし、
どんな機器を設置するかによっても変わります。

 

まとめ

いかがでしたか?

安全性や掃除のしやすさを考えると、
やはりIHヒーターの方が良さそうに思えます。

ですがガスコンロにも、
最新の機種は安全性や清掃性に優れた器具が多くあります。

それを知らずにIHに飛びつくのは、ちょっと勿体無いです。

 

IHとガスを比較するポイントは…

  • IHのメリットは掃除がしやすいことと安全性であり、デメリットは使う鍋を選ぶこと
  • ガスのメリットは調理がしやすいことだが、安全性に欠けるのがデメリット
  • 実際に取り付ける際の工事費用なども考えて、導入を検討する

 

IHにもガスにもメリットがありデメリットがあります。

噂や口コミだけで決めるのではなく、
実際に実物を見たり触ったりするのも比較するのは良いですね。