電力自由化が始まって電気も選べる時代が来た!

東京ガスの電気ってどうなのかなぁ?

 

 

2016年4月より電力の自由化が始まりました。

電力自由化後は、自由に電力会社を選べるようになります。

今までほぼ一択だった電力会社の選択肢が広がるということで注目されましたね。

CMなどで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

一方で、電力会社を選んで変更すると、
本当に損ではないのか?が気になるところです。

ここでは東京ガスでんきにスポットをあてて、ポイントを探っていきましょう。

 

東京ガスでんきの特徴は?

Original update by:MuddyFox

 

東京ガスでんきは、電力小売り全面自由化に合わせて、
東京ガスが家庭向けに電力を販売する仕組みです。

本来は地域の電力会社に限定されていた電気の販売ですが、
電力小売り全面自由化がなされた今は、この限定が外されました。

家庭や商店向けの「低圧」と呼ばれる部分についても、
販売が自由化されるため市場の規模が拡大しますね。

 

そしてこれまで地域電力会社が担っていた、
家庭向けの電力販売にも異業種が参入することができるようになり、
東京ガスがいち早く名乗りをあげたのです。

東京ガスでんきの特徴としては「お得なセットプラン」にあります。

代表的なものを紹介していきますね。

〇電気とガスのセットでお得になる「セット割」

東京ガスの都市ガスと電気をセットで利用すると、
電気の基本料金が月々270円割引される
というセット割です。

年間で考えると3240円の節約になるので、かなり嬉しい割引ですね。

このセット割の適用条件は以下の通りです。

  • 東京ガスのガスと電気を同じ場所で使用すること
  • 契約者が同じであること
  • ガス料金と電気料金を合算して支払うこと

〇電気とガスとブロバイダのセットでお得になる「トリプル割」

上記のセット割よりも、更にお得になるのがトリプル割です。

セット割を利用している人が、東京ガス提携のブロバイダである
ネット光接続サービスに加入するとプロバイダ光の料金が割引になります。

トリプル割なら電気料金とネット料金が安くなるというシステムです。

割引額や適用条件はプロバイダによって異なります。

〇パッチョポイント

割引とはちょっと違いますが、電気料金に応じて、
パッチョポイント」というポイントをためることができます。

1000円ごとに15ポイントで還元率は1.5%です。

パッチョポイントは、他社ポイントである楽天ポイント、
Tポイント、Pontaポイント、WAONポイントに交換したり、
東京ガス関連グッズやホテルの宿泊券への応募などに利用できます。

 

東京ガスでんきのメリット・デメリットは?

スポンサードリンク


次に見ていきたいのが、東京ガスでんきのメリット・デメリットです。

どんな仕組みにも良し悪しがあります。

それを見極めたうえで選択していくのが、損のない方向へ進むヒントです。

〇メリット

東京ガスでんきの最大のメリットは、
上記でも紹介した「セット割」を打ち出すことができる点です。

今までガスと電気を支払う会社が違うため、
基本料金がどちらにもかかってしまっていました。

ですが、ガスと電気が同じ会社になれば、
基本料金が削減されてお得になります。

実際に東京ガスでんきでは、
それを武器に「お得感」をアピールしています。

会社ごとに料金の設定ができるようになるので、
比較してお得な電力会社を選ぶ」という選択肢が増えたのもメリットです。

また、支払いに関しても合算払いが可能になるので、
支払いが一度で済むという点も煩わしさが解消されるのではないでしょうか。

〇デメリット

東京ガスでんきのデメリットは、
電気代が5000円以下の場合は損をしてしまう部分です。

以下に該当するような場合は、
逆に高くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

  • 一人暮らしである
  • 現在の契約が30A未満である
  • 日中の消費電力が少ない

 

また住んでいるマンションが電気を一括契約している場合や、
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬以外の都道府県に住んでいる場合は、
契約ができないケースがあります。

そして電力会社の乗り換えには、事務手数料が発生します。

相場としては3000円前後と言われています。

 

東京ガスでんきの利用方法や解約方法は?

Original update by:Amalthea

 

いざ、東京ガスでんきに乗り換えようと考えた場合、
どのように利用していけば良いのでしょうか。

申し込みで必要なのは「電気の検針票」です。

申し込みができるのは、店頭、電話、Webです。

インターネットを利用すれば、
東京ガスの電気のHPから24時間いつでも申し込みが可能です。

〇利用までの流れは?

流れとしては…

 

  • 各種設問に答えて契約書に同意をする
  • 選択したプランへの申し込み
  • マイ東京ガス会員サービスへの申し込み

 

時間的に30分程度で手続きが完了します。

待ち時間がないのでインターネットからの申し込みがおすすめです。

その後、スマートメーターの取り付け工事が行われます。

スマートメーターとは、
時間帯別の電気の使用量などを自動的に検針する機械のことです。

この工事は無料で、立ち合いは原則不要で行ってもらえます。

これらが完了すれば、使用開始となります。

〇解約したい時は?

解約と聞くと、まず頭に浮かんでくるのが違約金です。

これは決められた期限に満たない時期に解約すると、支払いを請求されますね。

しかし、東京ガスでんきでは、契約解除による違約金は発生しません。

ですから、インターネットや電話で解約希望日を伝えるだけです。

すると、解約希望日の翌日0時より使用中止となる手続きをしてくれます。

違約金がないとなると、お試し感覚で利用してみるのもありかもしれませんね。

〇東京ガスでんき導入の際の注意点

東京ガスでんきのプランがなかなか良い、導入を考えているというのであれば、
ちょっと冷静になって注意してほしいことがあります。

電力自由化はまだ始まったばかりなので、今後どう動くかはまだ謎が多いです。

東京ガスでんきのように、
割引や低価格なプランを打ち出すのは、会社ごとに自由なのです。

ですから今後、東京電力が、
もっと安いプランを打ち出して勝負をかけてくる可能性があります。

他の会社もシェアを獲得するために、
今では考えられない安さを提供するかもしれません。

現状は従来の東京電力より安くなるということで、
切り替えをしている人が多い状態ですが、

「あまり早まった決断をしてしまうと後々損をしてしまう可能性がある

ということは頭に入れておきましょう。

 

電力自由化で参入した新電力の中で、
「東京ガス」がより安くお得なのは事実です。

しかしそれが「ひとときの事」になってしまう可能性を秘めています。

比較できる電力会社が増えると同時に、
プランや料金を比較できるサイトも増えてきます。

面倒くさがらずに、まずは契約前にしっかりと比較をしてみて、
冷静に見極めることも大切となってきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

電力会社をプランや自分の都合に合わせて選択できる時代がきました。

消費者側からすれば、
よりお得な電力会社を選んで節約できれば喜ばしいですよね。

 

東京ガスでんきを選ぶ際のポイントは・・・

  • セット割、トリプル割など、セットにすることで割引ができる
  • 電力消費が多い世帯には向いているが、単身であまり電力を使わない場合は損をする
  • 解約時の違約金が発生しないので、お試しで導入するのもあり

 

せっかく電力会社を選べるようになったのですから、
是非とも面倒がらずに比較をしてみて、
1番お得になるプランや電力会社を選ぶのが良さそうですね。