再生可能エネルギー

バイオマス発電のメリットデメリットは?初心者でも分かる仕組みとは?

バイオマスって何?

バイオマス発電とはどんな発電?

燃料を燃やすのになぜ環境に優しいの?

 

 

近年、バイオマス発電に注目が集まってきています。

バイオマス発電は他の再生可能エネルギーと異なり、
燃料を燃やして発電しています。

燃やすという事は二酸化炭素が排出されるのに、
なぜ再生可能エネルギーなのでしょうか?

これにはバイオマス発電使用している燃料に秘密があるのです。

 

そこで今回は、バイオマス発電の発電方法から、
バイオマス発電によって得られるメリット・デメリットについてまとめました。

 

バイオマス発電のしくみとは?

Original update by : 写真AC(acworks)

 

〇バイオマス発電とは

バイオマス燃料を燃焼、もしくはバイオマスから発生させた
ガスを利用してタービンを回して発電する方法をいいます。

 

バイオマス」とは何かというと、
天然ガスなどの化石資源を除いた、
生物(動物や植物)から出来る有機性の資源を指します。

他の再生可能エネルギーとは違い、
物を燃やしているのに「再生可能」である理由は、
カーボンニュートラル」という考えによるものです。

バイオマス発電に使われる燃料、例えば植物は、
伐採される前は太陽から光合成をして、
二酸化炭素を吸収して成長していました。

そして、植物を燃やした際に出る二酸化炭素量と、
植物が生きていた時に吸収した二酸化炭素量は同じである

という考えから、二酸化炭素の増加はないとされ、
「再生可能エネルギー」としてみなされています。

〇バイオマス発電の種類

バイオマス発電は、
燃料、燃焼方法によって3種類に分けられます。

直接燃料方式

この方式では、下記の燃料を燃焼してタービンを回します。

  • 木くず、間伐材
  • 可燃ごみ
  • 廃油

 

熱分解ガス化方式

直接燃料方式と使用する燃料はほとんど同じですが、
この方式では燃やすのではなく、
燃料を加熱した際に発生するガスを利用してタービンを回します。

生物化学的ガス化方式

生ごみ、家畜の糞尿や下水汚染を発酵させることで、
バイオガスを発生させます。

このバイオガスを使用してタービンを回します。

 

バイオマス発電のメリットは?

[adsense]

 

バイオマス発電にはどんなメリットがあるのでしょうか。

順番に見てみましょう。

〇資源を有効活用できる

バイオマス発電に使われる燃料のほとんどは「ごみ」です。

ただ燃やされてしまうだけの「ごみ」を、
バイオマス発電では燃料として使うことができます。

〇安定して電力を供給できる

再生可能エネルギーではあるものの、
バイオマス発電は火力発電とほとんど仕組みは同じです。

そのため環境に左右されることなく、
いつでも決まった電力を生み出すことが可能です。

〇カーボンニュートラル

火力発電と同じく、燃料を燃やして発電する、
といった方法をとるバイオマス発電ですが、
このカーボンニュートラルの考えによって、
二酸化炭素量を増やすことなく電力を得ることができます。

 

バイオマス発電のデメリットは?

Original update by : イラストAC(そげ)

 

次にバイオマス発電のデメリットを見てみましょう。

〇カーボンニュートラルの問題

バイオ燃料を燃やすために排出される
二酸化炭素量に変わりはないかもしれませんが、
バイオマス燃料を運搬するための輸送機器を動かす際に、
やはり二酸化炭素が発生してしまいます。

太陽光発電は設置してしまえば、
太陽光を浴びせるだけで発電をしてくれますが、
バイオマス発電では燃料を補給する必要が出てくるため、
運搬による二酸化炭素の増加は必至です。

 

このデメリットはバイオマス発電だけではなく、
カーボンニュートラル自体のデメリットとも言えます。

〇自然破壊の可能性

バイオマス燃料として使う木くずや間伐材は、
理論としては不要になった木くず、
森林を管理する際に必要な間伐によって出た木を使用します。

しかしバイオマス発電が普及し、それだけでは足りなくなった場合、
バイオマス燃料を作るための森林伐採が起こる可能性が危惧されています。

 

バイオマス発電はどのような場所に導入されているの?

バイオマス発電は、太陽光や風力発電とは異なり、
自然環境に左右されないため発電場所に制限がありません。

そのため、ごみ処理場の近くなどに設置され、
バイオマス燃料の運搬が極力簡単にできるようにしている所がほとんどです。

そのため現在日本には102カ所のバイオマス発電所があり、
発電所は全地方に存在しています。

 

世界的にみると、
バイオマス発電に力を入れているのはデンマークです。

デンマークは酪農国家であるため、
家畜の糞尿を利用してバイオマス燃料を得ています。

自然エネルギーによる発電の四分の三を、
バイオマス発電で賄っています。

 

バイオマス発電の環境への影響とは?

バイオマス発電は二酸化炭素を排出せず、
環境に優しい発電とされています。

しかし、問題とされているのはデメリットにもなっていた、
バイオマス燃料を作る・運ぶ際、二酸化炭素を排出してしまうという点です。

バイオ燃料となるごみは様々なところで発生します。

ごみ焼却施設の近くにバイオマス発電所を建設しても、
ごみを焼却場に運ぶために各地を周る必要があります。

 

もう一つのデメリットであった、
自然破壊の可能性も危惧されています。

バイオマス燃料としてエネルギー作物という、
畑で栽培できる作物を利用した燃料があります。

エネルギー作物には、
サトウキビやとうもろこしといったものが挙げられます。

今後バイオマス燃料が盛んになってきた際、
新たにエネルギー作物を作るための畑を作るために起こる森林伐採や、
食材をつくっていた農地でエネルギー作物を作り始めてしまうことで、
食糧不足が起こるのではという危惧がされています。

 

まとめ

バイオマス発電は、火力発電と同じように、
燃料を燃やしてタービンを回すことで発電しています。

しかし火力発電とは違い、使用している燃料がバイオマス燃料であるため、
再生可能エネルギーとして分類されています。

 

バイオマス発電では家庭から出る生ごみや、
家畜の糞尿を燃料にできるため、
ごみ処理の問題も解決できるという大きなメリットを持っています。

さらにカーボンニュートラルの考えから、
バイオマス燃料を燃やすことでは二酸化炭素量が増えない
という点もメリットの一つです。

 

デメリットである、バイオマス燃料輸送時に、
二酸化炭素を排出してしまうという問題を解決できれば、
火力発電に成り替わる安定した電力を発電できる自然エネルギーとして、
今よりももっと普及されることが期待されている発電方法です。

【人気記事】業者泣かせの絶対に損しない導入のコツ

【業者泣かせ1】太陽光発電には蓄電池との併用を考えている方必見

太陽光発電のメリットを最大限に生かすには蓄電池との組み合わせがおすすめ!
損をしない為の5ヶ条をまとめました【必見】

【業者泣かせ2】エコキュートやオール電化で絶対に損をしない導入方法がコレ!

業者は利益重視なので、会社が損をする事は教えてくれません。
業者の利幅を減らし、私たちが得をする業者泣かせのエコキュート導入方法がコレ!【必見】