蓄電池

太陽光発電と蓄電池の併用はお得?気になるメリットとデメリット!

主婦
太陽光発電を設置するなら、蓄電池も併用する方が得なのかな?

 

蓄電池を併用すると、具体的にどんなメリット・デメリットがあるんだろう?

 


太陽光発電で作った電気は、
家庭で使い切れない分を電力会社に売ることが出来ます。

売電収入で初期投資を回収できるため、
電気代の節約以外に、投資目的で導入する方も多いですよね。

では、家庭用蓄電池はどうなのでしょうか。

太陽光発電とセットで導入すれば、更にお得になるのでしょうか。

今回は、太陽光発電と家庭用蓄電池を、
併用した場合のメリットとデメリットを比較してみました。

お得になるという話は本当なのか?徹底検証していきます。

このページを読むとこんな事がわかります。

  • 太陽光発電パネルを設置したけど、蓄電池も使った方が得なのか?
  • 得だとしたら、どんなメリットがあるのか?
  • 逆に、蓄電池の導入のデメリットってあるのか?

 

蓄電池を設置するデメリットとは?

まずは、太陽光発電パネルと蓄電池との併用で考えられる、
デメリットの方から見ていきましょう。

次の4つのデメリットが挙げられます。

デメリット
  1. 蓄電池の価格が高い
  2. 蓄電池の寿命はそれ程長くない
  3. 売電価格が下がる(ダブル発電の場合)
  4. 設置スペースが必要

1.蓄電池の価格が高い

蓄電池の一番のデメリットは、やはりまだまだ価格が高い事でしょう。

蓄電できる容量やスペックによって金額に違いはありますが、
補助金を活用しても、工事費や諸費用込みで、
80万円~160万円くらいと高額です。

太陽光発電システムは売電収入によって、
約10年で元が取れると言われていますが、
売電収入で蓄電池の費用まで回収しようと思えば、
回収までの期間が数年伸びる事になります。

しかし、導入後の電気代の請求金額や停電時の備えなどのメリットの方が大きいので、太陽光発電を設置の方の蓄電池を導入が急速に進んでいます。

 

2. 蓄電池には寿命があり、永久には使えない

家庭用の蓄電池は永遠に使い続けられるものではありません。

車のバッテリーやスマホの充電器と同じような仕組みなので、
いずれ寿命が来て使えなくなります。

メーカーによって違いがありますが、想定寿命は約10年というのが平均的な蓄電池の寿命になります。

3.売電価格が下がる(ダブル発電の場合)

太陽光発電と蓄電池を併用すると、
蓄電池の種類によっては「ダブル発電」とみなされ、
一般の売電価格より低い価格でしか売電出来なくなります。

平成29年度の場合、
一般売電価格より1kWhにつき3円ほど安くなっています。

太陽光発電と蓄電池を併用した場合、なぜ売電価格が低くなってしまうのかというと

  • 蓄電池を併用している場合、夜間の安い時間帯に電気を蓄える
  • その蓄えた安い電気を、太陽光発電で発電した電気と一緒に売電する可能性がある
夜間の安い時間帯に電力会社から買った電気を蓄電池に充電して、
買った金額よりも高く売られたんじゃ、電力会社としてはOKはできませんよね。

そういった理由から、太陽光発電と蓄電池を併用する場合は、売電価格を少し下げています。

という理由からです。

4.設置スペースが必要

蓄電池は小型の本棚くらいの大きさで、意外と大きいものです。

太陽光発電と併用の場合、
パワーコンディショナーを置くスペースも必要となるため、
ある程度の広さの設置スペース必要となります。

 

蓄電池を設置するメリットとは?

 

では、太陽光発電と蓄電池を併用すると、
どのようなメリットがあるのでしょうか。

次の4点が考えられます。

メリット
  1. 電気料金を効果的に削減できる
  2. 太陽光発電の売電量を最大化できる
  3. 停電など非常時のバックアップ電源として使える
  4. 夜間や天候の悪い日も得をする使い方ができる
  5. ピークカット・ピークシフトに役立つ

3.電気料金を効果的に削減できる

深夜の電気代が安い時間帯に蓄電池に電気を蓄えて
日中の電気代の高い時間にその電気を使うことが出来るので、高い電気代で買う必要がなくなり電気代を効率的に削減する事が可能になります。

また、今後電気代は値上がり傾向にありますが、太陽光発電と蓄電池を併用していれば、そもそも電力会社から購入する電気の量が少ないので、電気代の値上げに対抗することが出来ます。

昼間は電気代が高いんです。

そして、更に値上げになる傾向が強まっています。

でも、太陽光発電と蓄電池があることで、安い時間帯の電気を蓄電池に溜めておいて、昼間はそれを使えば、日中の高い電気代での利用はゼロに出来るわけです。

また、日中は太陽光発電パネルで電気も作れるので、余った電気を売電しても良いですし、備えとして溜めておくのも良いでしょう。

2.太陽光発電の売電量を最大化できる

深夜帯の電気代の安い時間帯に充電した電気を日中使う事ができる為、太陽光発電にで作った電気をマルっと大量に余剰電力として電力会社に売電する事がに可能になります。

蓄電池があると、これまでの売電運用を一気に効率化できる事になります。

3.停電などの非常時のバックアップ電源として使える

2018年の西日本を直撃した巨大台風の影響で大規模な停電が発生したり、北海道沖の大地震で北海道内の295万戸が一斉に停電になったり、災害による停電が増える日本で、今蓄電池のニーズが高まっているのは、災害対策への備えを目的とした利用です。

蓄電池だけでも、
冷蔵庫や照明など12~18時間稼働させることが出来ます。

太陽光発電と併用していれば、
非常時でも昼夜を問わず、電気が使えライフラインを確保できます。

電気は売る時代から溜める時代へ

2018年の西日本豪雨や北海道沖の大地震など、日本列島では災害が増えています。

太陽光発電や蓄電池のメリットとして、今までは「売電」「光熱費の節電」が注目されてきましたが、これからは「非常時の備え」としての電気を溜めておけるメリットにも注目が集まっています。

4.夜間や天候の悪い日も得をする使い方ができる

太陽光発電の欠点として、夜間や悪天候の日には電気を作り出す事ができず、結局電力会社から電気を買わなくてはいけないという問題がありました。

これでは、設備投資をして太陽光発電を設置したメリットがあまり感じられません。

しかし、蓄電池があれば、夜や天気の悪い日には蓄電池に充電してある電気を使えるので、天候の影響を受ける事なく、効率的に電気を使う事が可能になります。

5.ピークカット・ピークシフトに役立つ

上の4つは、個人のメリットになりますが、環境に対するメリットもたくさんあります。その中でも影響が大きいのが、ピークカット、ピークシフトに役立つことが挙げられます。

特に真夏の猛暑日は、電力需給がひっ迫し、
いつ大規模停電になってもおかしくないような状況です。

蓄電池がもっと普及して、日中のピークになる時間帯に、
蓄電池に貯めておいた電気を使用することが出来たら、
この電力問題を一気に解決することが出来ます。

結果的に化石燃料を減らすことにも繋がり、
環境にも良い影響をもたらします。

太陽光発電と蓄電池の導入で得をする人・損をする人

デメリットとメリットを順に見てきましたが、
太陽光発電と家庭用蓄電池をセットで導入すべきか、
一概には言えません。

理由は、現在お住まいの一戸建てのお家の築年数やリフォーム予定までのおおまかな年数によって変わってくるからです。

太陽光発電も蓄電池も初期費用が大きくかかります。
費用回収年数を考えると、築年数が古くリフォームや改築が必要な家の場合、費用回収をする前に家自体の改築が来てしまいます。

これでは損をしてしまいますよね。

節電効果も高く電気代の節約にもなり、
売電で電気を売る事もでき、
地震などの災害時の備えになる太陽光発電と蓄電池はとても魅力的な設備投資ではありますが、ご自宅の築年数と初期費用の投資金回収を考えた上で導入を検討する必要があります。

蓄電池の導入で得をする可能性が高い人

既に太陽光発電を設置している人

既に太陽光発電を設置している人は、蓄電池の導入はかなりおすすめです。
売電価格が下がっている今は、逆に蓄電池を導入しないと太陽光発電のメリットを活かせなくなって来ています。

折角太陽光発電の設備があるのであれば、蓄電池を併用する事でメリットに示した様に
電気代の節電、売電の効率化、地震などの災害時の備えなど、太陽光発電のポテンシャルを最大限使い切る事ができます。

これから家を建てる、今の家をリフォームする予定がある人

これから家を建てる、今の家をリフォームする予定がある人は太陽光発電と蓄電池を合わせて設置する事で大きなメリットを得る事ができます。

売電価格の下落は、今は問題ではない

太陽光発電の売電収入で、
太陽光発電システムと蓄電池の両方の費用を回収するには、
やはり15年くらいの年月が必要となってきます。

しかし、蓄電池の寿命は約10年です。

太陽光発電の方も、
パワコンなどの周辺機器の寿命は10年~15年と言われていますので、
太陽光発電と蓄電池の併用を「投資目的」として行うのであれば、
決してお得だとは言えないでしょう。

 

しかし、太陽光発電の固定買取制度が終わった、
10年後だったらどうでしょうか。

売電価格は電力卸売価格と同じ価格になるだろうと予測されています。
(現在11円/1kWh前後)

そうなると、太陽光発電で作った電気は、
売電するよりも自宅で使用した方がお得になります。

  • 太陽光発電で発電した電気は日中使い、余った電気を蓄電する
  • 蓄電した電気を夜間使い、深夜にまた蓄電する

 

という使い方なら、売電価格が下がっても、
決して損をすることはありません。

ただし、「非常時のバクアップ電源」という、
蓄電池の最大のメリットを重視するのであれば、
今すぐ導入するのに何の躊躇も必要ありません。

太陽光発電と蓄電池をセットで導入した場合の初期費用回収期間はどれくらい?

一般的に多いケースでシュミレーションしてみます。

【条件】

  • 蓄電池容量:7.2kWh
  • 月の電気代:10,000円
  • 日中の電気使用割合:20%
  • メーカー:Panasonic
  • 蓄電池購入金額(補助金適用後):100万円
  • 深夜の買電単価:12円
  • 日中の買電単価:32円
  • 太陽光発電の設置容量:6kW
  • 太陽光発電の購入金額:230万円
  • 太陽光発電の売電単価:35円

この条件で計算した場合、
太陽光発電のみ導入した場合の初期投資回収期間は約10年。

つまり、11年目からはメリットだけが残り、
節電、売電、停電時の備えなどの恩恵を受け続ける事が可能になります。

これにされに蓄電池も併用した場合の回収期間を計算すると、
太陽光発電+蓄電池を導入した場合の初期投資回収期間は約13.5年。

差分が3.5年です。

この差分をどう考えるかは個人の考え方になりますが、
多くの方が、メリットの方が大きいと判断されています。

実際に、太陽光発電は蓄電池と併用する事で、メリットが大きく増えるので太陽光発電を設置するのであれば基本的には蓄電池も併用する方が断然お得になります。

少し前までのダブル充電式の蓄電池の場合、売電価格が安くなるため、回収期間が同じ条件で計算しても16年くらいになっていました。

今は、ダブル充電にならない蓄電池が発売されており、売電価格を下げられることなく投資費用を回収する期間も短くする事ができる様になったのも、蓄電池の導入が急速に進んでいる理由の一つです。

ダブル充電問題を含め、今、蓄電池の導入が急速に進んでいる背景を整理しておきます。

蓄電池の導入が進んでいる理由

高まる蓄電池需要の理由
  • 太陽光発電との併用で、節電効果を最大に効率化できる
  • 太陽光発電と蓄電池セット導入も費用回収期間がさほど変わりない
  • ダブル充電による売電価格単価を下げられる問題を解消
  • 震災などの停電のリスクを回避する備えとしての導入

太陽光発電との併用で、節電効果を最大に効率化できる

太陽光発電と蓄電池のシステムは、開発がどんどん進んでおり、効率的に電気を節電できる様になりました。
以前は電気代の安い時間帯に充電した電気を、電気代の高い日中に使用する事で、その差額分が節電になる使い方に留まっていましたが、システムの進化により、今では完全に自給自足で、自家発電のみで生活する事も可能になって来ています。
つまり、電気代がゼロ円になるという事です。
更に余った余剰電気は売電する事もできます。
電力会社から買う電気代は、今後も高騰する事が予想されますが、完全な自家発電で暮らす事ができれば、電気代高騰の影響を受ける事がありません。

太陽光発電と蓄電池セット導入も費用回収期間がさほど変わりない

太陽光発電と蓄電池をセットで導入した場合の初期費用回収期間はどれくらい?で計算した通り、太陽光発電のみを導入した場合と、蓄電池もセットで導入した場合とで、費用回収までの期間が3年程度しか変わりません。

上手に節約をすれば、2年半程度の差にもなるでしょう。

太陽光発電と蓄電池の併用のメリットを考えると、2年半~3年回収期間が延びる事は問題ないと判断される方が多いのも当然です。

太陽光発電と蓄電池のシステムの進化により、逆に太陽光発電のみの利用では勿体ないとも言える状況になって来ています。

ダブル充電による売電価格単価を下げられる問題を解消

太陽光発電と蓄電池の併用をすると、いわゆるダブル充電と見なされ売電の単価を安く設定される問題がありました。
これが蓄電池導入のデメリットの一つとも言われていたのですが、設定を変えることでダブル充電にならない蓄電池が次々と発売されて、今ではそれが主流になりました。

ダブル充電対象外となる蓄電池を導入する事で、通常どおりの(安い設定にされない)価格で電力会社に売電する事が可能になりました。

(補足)ダブル充電とは
例えば、エネファームなどを使い、ガスから発電をして電気を作り出し、それを生活の中で利用する事で、太陽光発電で発電した電力をより多く売電する事ができてしまいますよね。

更に、ガスから発電した電気まで高い単価で売電できてしまう事にもなります。

電力会社への売電とは、太陽光発電で作り出した電気の余剰分を買い取るというのが前提です。
ガスから発電した分や、電力会社から電気代の安い時間帯に買った分を蓄電池に充電して、それを電力会社に売電するのでは、本来の前提に反してしまいます。
その事から、太陽光発電と蓄電池を併用している場合、ダブル充電と見なされ、売電価格を少し安い単価に設定される様になりました。

しかし、設定により放電しない様に設定で切り替える事ができる蓄電池等を使う事で、ダブル充電対象外となり元々の単価での売電が可能となりました。

震災などの停電のリスクを回避する備えとしての導入

東日本大震災、西日本豪雨、北海道の震度7の大地震など、日本列島に災害が増えています。
こうした災害による停電の対策として蓄電池に需要が集まっています。

太陽光発電が登場した当初は、節電と売電の魅力に注目が集まっていました。
これまで電力会社から買っていた電気を、自分たちで自給し、余った電気を電力会社に売る事ができるという魅力が大きかったわけですが、
昨今の震災などの停電からも、備えの為の蓄電池に注目が集まっているのが現状です。

つまり、電気を売る目的から電気を溜める目的に変わってきています。

蓄電池は停電時にどれくらいの電気が使えるのか?

蓄電池を導入した場合、停電時にどれくらい電気が使えるのかを知っておきましょう。

新日本住設の概算によると、
一般的な7.2kWhの標準システムで、430W程度の家電を12時間使用する事が可能です。

また、太陽光発電と蓄電池を併用している場合は、日中に充電する事が可能になるので、停電の影響を受けずにライフラインを確保する事も可能となります。

蓄電池は新築、改築でネットゼロエネルギーハウス(ZEH)にする事で補助金対象

2018年(平成30年度)の予算には蓄電池の補助金は予算の中に組み込まれませんでしたが、ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)の補助事業の一部で蓄電池も補助金対象になります。

ご自宅を新築される方やリフォームでネットゼロエネルギーハウス(ZEH)の導入をご検討中の方は補助金の対象となるので、蓄電池設置のチャンスと言えます。

蓄電池のデメリットを解消する業者の選び方

蓄電池は、そのメリットの多さから、現在急速に導入が進んでいます。
しかし、実際に導入するにあたり、やはりネックになるのが初期費用です。

一般に、太陽光発電だけの投資回収期間は10年と言われています。
つまり、11年目以降はずっと得をする計算になります。

とは言え、なるべくでも安い費用で設置できれば、一般的には10年の回収期間を7年~8年と縮める事が可能になります。

メンテナンスなどのアフターフォローも含め、蓄電池設置にあたり失敗しない為の業者選びについてまとめておきます。

失敗しない蓄電池の業者選びの条件
  • 下請けを使わない自社一括施工を請け負う業者
  • 高度な技術と安定した確実な施工ができる実績の高い業者
  • アフターフォローまで万全に対応してくれる業者
  • 補助金のサポートもしてくれる

下請けを使わない自社一括施工を請け負う業者

大企業だからと言って良いわけではありません。
大企業になれば、実際の作業は下請けに依頼をするのが普通です。
その下請け業者がさらに下請け(孫請け)を使うこともあります。

間に入る下請け業者が多くなるほど、無駄に施工費用が上積みされて高くなる傾向があります。

太陽光発電や蓄電池を導入する際は、自社で一括施工を請け負う専門の業者に相談する事をおすすめします。

高度な技術と安定した確実な施工ができる実績の高い業者

太陽光発電や蓄電池の急速な普及に伴い、「儲かる」という理由で参入業者が増えています。
勧誘などがあった場合でも、その会社の実績もしっかりとチェックをし、安定した確実な施工ができる技術の高い専門業者にお願いしましょ

アフターフォローまで万全に対応してくれる業者

太陽光発電も蓄電池も長い付き合いになります。
その為、アフターフォローまでしっかりと対応してくれる業者を選ぶ事がとても重要になります。

まだ施工業務を始めて間もない新米業者の中には、数年後には存在しない会社もたくさんあるでしょう。
設置費用の価格だけで比較せず、アフターフォローまでをしっかりと考慮し、実績のある業者とお付き合いをしましょう。

補助金のサポートもしてくれる

補助金のルールは割と短期間の中で変わったりもします。
一般の方ですと、業界のプロに比べて補助金の動きを見落としがちです。
施工だけでなく、補助金のサポートまでをしてくれる業者に依頼できると何かと助かります。

新日本住設

もし、太陽光発電、蓄電池の相談でしたら、高い実績と安心のアフターフォローまで自社ですべて行う新日本住設にまずはご相談してみると良いでしょう。

まずは、ご相談ベースで、実際にどれくらい費用が掛かるのか?
回収までにどれくらいの期間がかかるのかの細かいシュミレーションをしてみる事をおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太陽光発電と蓄電池をセットで導入する時の、
一番の壁となるのが、その価格の高さです。

また、寿命もそれ程長くないので、
投資目的として導入する場合は注意が必要です。

 

しかし、非常時のバックアップ電源として、
また、真夏のピークカット・ピークシフトに貢献するためには、
蓄電池は非常に有効です。

太陽光発電と併用する場合は、
使用目的を明確にしてから導入すると後悔しない結果となるでしょう。

【人気記事】業者泣かせの絶対に損しない導入のコツ

【業者泣かせ1】太陽光発電には蓄電池との併用を考えている方必見

太陽光発電のメリットを最大限に生かすには蓄電池との組み合わせがおすすめ!
損をしない為の5ヶ条をまとめました【必見】

【業者泣かせ2】エコキュートやオール電化で絶対に損をしない導入方法がコレ!

業者は利益重視なので、会社が損をする事は教えてくれません。
業者の利幅を減らし、私たちが得をする業者泣かせのエコキュート導入方法がコレ!【必見】