オール電化について

オール電化のお湯切れとは?困らないための対策とは?

オール電化って便利だと思っていたけど・・・お湯切れして困る!

使えるお湯の量って決まってるの!?

お湯切れにならない為にはどうしたらいいのかなぁ。

 

 

最近の新しい家はオール電化住宅がほとんどです。

住んでみるとその便利さを実感できると思いますが、
きちんと仕組みを理解していないと、困ることもあります。

初めてオール電化を使用して一番困るのは、
やhり「お湯切れ」の状態になることではないでしょうか。

お湯切れとはエコキュートタンク内のお湯が無くなり、
お湯が出なくなってしまうことです。

ただし、沸き増しの設定にしておけば、
実際にお湯がでなくなることはほとんどありません。

しかし沸き増しをするとコストがかかってしまいますよね。

 

コストをかけずお湯切れを起こさない方法があれば、
知りたいと思いませんか。

今回はそんなお湯切れ対策について調べてみました。

 

オール電化で使えるお湯の量は?

Original update by : 足成

 

オール電化で使えるお湯の量は、一体どのくらいなのでしょうか。

370Lのタンクの場合(標準的な貯湯タンクの容量)、
使用できるお湯の量は370L・・・ではなく、冬でも700L程度はあります。

なぜならば、使用できるお湯の量は「タンクの熱湯+水道水」だからです。

 

エコキュートは貯湯タンク内に90℃に熱せられた熱湯が貯められており、
そのお湯に水道水を混ぜて設定温度にしてから給湯するので、
実際に利用できるお湯の量は370Lよりもずっと多くなります。

また、メーカー推奨のタンク容量は、

  • 3~5人家族 → 370L
  • 4~7人家族 → 460L
  • 5~8人家族 → 560L

 

となっていますが、例えば4人家族の場合、
370Lを選べばよいのか、460Lを選べばよいのか悩んでしまいます。

この場合は、使い方や住んでいる地域によって差が出てくるので、
北海道などの寒い地域に住んでいる人は460Lを、
沖縄などの暖かい地域に住んでいる人は370Lを選ぶ必要があります。

 

オール電化のお湯の仕組みとは?

[adsense]

 

そもそも、オール電化とはどのようなことをいうのでしょうか?

オール電化とは、家庭内の熱源を全て電気によりまかなう事で、
一般的にエコキュート、IH、エアコン、床暖房などを組み合わせたもの
をいいます。

 

オール電化でお湯を沸かすために設置されるのがエコキュートです。

安い深夜電力でお湯を沸かして貯湯タンクに貯めておき、
翌日使うお湯をまかなうという装置になります。
(オール電化住宅での深夜電力は日中の電気料金に比べ約3分の1)

では、エコキュートでお湯が使えるのはどのような仕組みなのでしょうか。

エコキュートの仕組み

  1. 水道管の低温水が貯湯タンク下部に流れ込み、その水がヒートポンプに送りこまれる
  2. ヒートポンプユニットで約90℃まで温められると、
    温められた熱湯が貯湯タンクの上部に注ぎ込まれる
  3. その熱湯が温度調節弁に送られ、高温のお湯は上へ、低温の水は下へ行く。
    (そのためエコキュートの貯湯タンク内上部には熱湯が、下部には低温水が蓄えられます。)

 

お湯が使われる際は、タンク上部の熱湯に水道水がまざり、
設定温度に調整されそれが給湯されます。

この時、タンクから取り出された熱湯の分だけ、
また水道管から低温水が入れられるのでタンク内は常に満タンになっています。

そのため、タンク内の水がなくなることはありません。

エコキュートの湯切れというのは、タンク内の水自体が空になるのではなく、
タンク内の熱湯がなくなり低温水のみでなってしまった状態のことをいいます。

 

お湯切れとなる状態や原因は?

Original update by : 足成

 

冒頭にも述べましたが、
お湯切れとはタンク内のお湯がなくなることをいいます。

タンクの中の水(お湯)がからになるというのではなく、
タンク内は満タンでも、温かいお湯がなくなるということです。

 

では、「お湯切れ」がおこる原因はなんでしょうか。

下記にいくつかあげてみたいと思います。

  1. タンクの容量が小さい
  2. エコキュートの設定が使用状況に合っていない
  3. 来客等があり、いつもより多めにお湯を使う
  4. 気温が予想以上に下がるとタンクに貯めていたお湯が冷めることがある

 

以上のことが考えられます。

また、そうお湯を使っているつもりがないのに頻繁にお湯切れを起こすのは、
お風呂の保温や追い炊き機能をよく使うことが多い場合です。

保温や追い炊きを使わず、高温足し湯をするとお湯の節約になります。

 

オール電化のお湯切れ対策とは?

本当に困る突然のお湯切れ。

では、そうならない為の対策はないのでしょうか。

お湯切れにならないための対策が、
いくつかありますので参考にしてみて下さい。

1.事前にお湯を使う量が増えるとわかっている時は設定を変えておく

タンクの容量が小さいわけではないのにお湯切れを起こすという場合は、
エコキュートの設定が使用状況に合っていない可能性があります。

エココキュートは、毎日のお湯の使用量を記憶して、
お湯を沸かす量を調節しています。

ほとんどの場合、初期設定では「おまかせモード」になっていますが、
これは今までの使用量をもとに湧き上げる湯量を決めるという設定です。

しかし、「おまかせモード」は、急な使用量の変化には対応できないため、
お湯切れが発生しやすくなってしまいます。

例えば、友人家族が遊びに来るなどで、
お湯を使う量が明らかにいつもより増えるとわかっている場合などは、
前夜に「多め」「たっぷり」「満タン」などの設定に、
あらかじめ変えておくことをおすすめします。

2.「深夜のみ沸き上げ」の設定を見直す

エコキュートは夜間電力が安いため、
「深夜のみ沸き上げ」の設定にしている場合が多いかと思います。

しかし「深夜のみ沸き上げ」は、お湯が足りなくなっても、
昼の時間帯に湧き増しをしないという設定ですので、
結果的にお湯切れを起こす可能性が高くなります。

その場合は、夜に沸かす湯量を増やす、
沸き上げの温度を高温に設定するのもひとつの方法です。

それでもお湯切れが起こり困る、という場合は、
電気代はかかってしまいますが、
昼間の湧き上げを許可する設定(「おまかせモード」など)
に変更することもひとつの選択肢となります。

3.お湯を使う時間に注意する

エコキュートは深夜から早朝にかけてお湯を沸かすのですが、
朝はだいたい7時くらいまでにお湯を沸かし終わるように計算されています。

つまり、早朝4~5時頃は一番稼動している時間帯になります。

そのため、朝、お風呂に入るなど、
早朝に毎日ある程度の使用量がある場合は、
蓄えられるはずのお湯を早々に使ってしまうことになります。

よって、一日に必要な湯量をタンクにためておくことができなくなり、
その結果、夕方ごろにお湯切れが起こります。

一番の対策は早朝にあまり使わないようにすることですが、
習慣化してやめられないのであれば、
沸き上げ量を多めに設定するか、大きめのタンクを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

突然のお湯切れは困りますが、それには原因があり、
ある程度の対策をすれば防げることがわかりましたね。

 

<お湯切れの原因>

  1. タンク容量があっていない
  2. 使用量にあった設定をしていない
  3. いつもより多めにお湯を使う予定がある
  4. 外気温の急激な変化で暖めたお湯がさめることがある

 

<お湯切れの対策>

  1. 事前に使用量が増えるとわかっている時は前夜に設定をかえる。
  2. 深夜沸き上げだけにこだわらず、自分の使用量に合わせた設定に変える。
  3. 早朝にあまりお湯を使わないようにする。

 

家族構成やお湯の使い方によって対策は変わってくるので、
自分のご家庭にあった使用方法や設定を再度確認し、
お湯切れ対策だけでなく節約も目指したいものですね。