エコキュートについて

エキュートとエコジョーズの違いを徹底比較!新築予定の方必見!

エコキュートやエコジョーズってどっちがいいの?

違いやランニングコストなどについて知りたい!

 

これから新築を建てるのであれば、
オール電化やそれらに伴うエコな設備を検討する人も
多いのではないでしょうか。

その中のひとつにエコキュートやエコジョーズがありますが、
名前も似ていて設備も似ていそうな、
この2つの違いに迷っていませんか。

 

ここでは、エコキュートやエコジョーズの違いや特徴をヒントに、
どちらがお得なのかも含めてまとめていきます。

 

エコキュートの特徴とは?

Original update by : いらすとや

 

エコキュートはエアコンでおなじみとなっている、
「ヒートポンプ技術」を採用しています。

ヒートポンプ技術とは、
エネルギーをそのまま熱に替えるのではなく、
エネルギーを使って別のエネルギーを得ることで、
熱を生み出す技術のことです。

室外機から空気を取り入れて、その空気の熱を利用することで、
投入したエネルギー量以上の熱量を得ることができるのです。

一般的なガス給湯機や電気温水器などは、
ガスや電気をそのまま熱にしていくので、
ヒートポンプ技術を使っているエコキュートのように、
高効率の給湯を行うことはできません。

 

エコキュートのもうひとつの特徴は、
深夜電力を活用した経済性です。

消費するエネルギー自体も小さいのですが、
深夜電力を活用することでさらに経済的にお得な点があります。

特に、オール電化の場合には有効です。

オール電化住宅の場合、昼間の時間帯の電気代が、
オール電化でない家庭に比べて高く設定されています。

その分、深夜の電気代はかなり割安に設定されているのです。

エコキュートは深夜の時間帯にお湯を沸かすようにすることで、
安定して電気代を安くすることが可能です。

 

エコジョーズの特徴とは?

[adsense]

 

エコジョーズは従来のガス給湯器と比較して、
大きくガス料金を節約することができる、
高効率の給湯システムです。

エコジョーズの特徴は、従来の給湯器では無駄にしていた、
排気ガスを再利用して効率を高めている部分にあります。

これによって高い熱効率を実現し、
光熱費の削減が可能になっているわけです。

 

同じように光熱費を節約する給湯器として有名な、
エコキュートというものがありますが、
エコジョーズは湯切れの心配がないという特徴があります。

エコキュートは、
タンクに沸かしたお湯を貯めるという性質を持っているので、
使いすぎると湯切れを起こす可能性があります。

対して、瞬間湯沸かし器であるエコジョーズであれば、
そういった心配は無用です。

使いたい時に使いたいだけお湯を出すことができます。

 

またタンクに貯めるタイプではないので、
飲料水としてもそのお湯を使えるというのも特徴です。

小さい子供がいる家庭でも、
安心して使うことができるのは嬉しいですよね。

 

エコキュートとエコジョーズを比較するとどっちがお得?

Original update by : acworks

 

エコジョーズとエコキュートで、
大きく異なるのは使用する燃料の違いです。

電気を使用してお湯を沸かすのがエコキュートで、
ガスを使用してお湯を沸かすのがエコジョーズです。

言ってしまえば、
電気にするかガスにするかの違いという事です。

 

それぞれの初期費用とランニングコストを比較して、
どちらがお得か見ていきましょう。

 

初期費用

エコキュートの場合

エコキュートは貯水するタンクや、
ヒートポンプユニット等設備自体が高額です。

3人~5人程度に対応できる350リットルの容量のもので、
本体価格から割引しても30万円はかかります。

さらに設置工事費用が15万円程度かかるので、
初期費用は安くても45万円はかかります。

置き場所にも場所を取るので、新築の場合は良いですが、
後から追加する場合は置き場所も検討する必要があります。

エコジョーズの場合

エコジョーズは、3人~4人に対応できる24号オートタイプで、
本体価格から割引しても20万円~35万円程度です。

更に工事費用は5万円なので、
初期費用は約25万円~40万円かかります。

エコキュートと比べて初期費用は安く抑えることができます。

 

ランニングコスト

機器の対応年数はエコキュートで8~10年、
エコジョーズで12~13年、どちらも約10年となっています。

ではランニングコストはどうなのでしょうか。

エコキュートの場合

エコキュートの場合は深夜の安い電力を使用するので、
給湯代は年間4万円~6万円程度になります。

10年でみていくと、40万円~60万円といったところですね。

お湯切れがあったり、放熱でコストが余分にかかることもありますが、
全体的に見たランニングコストはかなり下がるでしょう。

エコジョーズの場合

エコジョーズの場合はガス会社の料金単価により、
年間6万円~10万円とかなりの幅があります。

10年で見ると60~100万円程度です。

特にプロパンガス使用の場合は、割高になることが考えられます。

同じエコジョーズでもガス会社によって、
ランニングコストが10年で40万円も異なる計算です。

 

初期費用は高額ですが、ランニングコストだけで見た場合は、
エコキュートの方がお得と言えます。

エコジョーズを使うなら、
ガスの料金単価が安価であるか確認する必要があるでしょう。

給湯器は約10年という長期に渡り使用するものです。

初期費用だけで決めるのではなく、ランニングコストや、
設置場所の都合など総合的に考えて判断する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

エコキュートもエコジョーズも、
お湯を沸かすという機能面では同じ働きをしています。

どちらも光熱費を節約するという部分も目的は同じですね。

 

大きな違いは…

  • エコキュートは電気代の安い深夜に電気でお湯を沸かしてタンクにためる
  • エコジョーズは排気ガスを再利用して瞬間的にお湯を沸かす

 

初期費用が高いのはエコキュートです。

ですが、オール電化にすることも検討しているのであれば、
深夜の電気代が格安になるので、
「ランニングコストは大幅に削減できるエコキュートがお得」
と言えるのではないでしょうか。