再生可能エネルギー

再生エネルギーの選び方とは?電力会社選択のポイントは?

再生エネルギーだけを使うことはできる?

再生エネルギーの比率が高い電力会社を選ぶ時の注意点は?

FITエネルギーって再生エネルギーなの?

 

 

2016年4月から電力自由化が始まり、
私たちも電力会社を自由に選べるようになりました。

電力会社を選択するときに重視するポイントは、
電気料金だったりサービスだったり安全性だったりとそれぞれありますよね。

中には「環境に優しい電力の選択をしたい」と思う人もいます。

その理由として、最近東日本大震災の原発問題や地球温暖化などで、
地球や人に優しいエネルギーを考える人が増えてきたことがあります。

 

そこで今回は、自然界のエネルギーから作られる再生エネルギーについて、
そして再生エネルギーの比率が高い電力会社選択のポイントを調べました。

 

再生エネルギーを使いたい!原子力発電以外の電気を使うことは可能?

original update by : いしだひでヲ

 

これまで私たちは、
電気のエネルギー源として原子力や石炭・石油を主に使ってきました。

しかし最近、エコや地球にやさしい資源などが考えられるようになり、
電力も「自然の物をエネルギー源とした電力」が考えられるようになってきました。

 

再生エネルギー」と言う言葉を聞いた事があるでしょう。

再生エネルギーとは、以下のようなエネルギーのことを言います。

  • 自然界に存在する熱
  • 資源が枯れず繰り返し使える物
  • 地球温暖化となるCO2をほとんど排出しない

 

日本では、

太陽熱・風力・水力・地熱・太陽光その他の自然界に存在する熱・バイオマスの、
7つの再生エネルギーをエネルギー源として永続的に利用できるもの

として認めています。

 

それなら電力自由化に伴い、原子力発電からの電気を使わない、
全て再生エネルギーによる電気にしたい」と考える人もいるでしょう。

では実際に、原発ゼロの、
再生エネルギーだけの電気を使うことはできるのでしょうか?

残念ながら今の日本では、
100%再生エネルギーの電力を使うのは無理なのです。

 

再生エネルギーだけの電力供給が難しい理由:その1

再生エネルギーだけの電力を購入したとしても、
送電線を経由して送られてくる電力は、
特定の発電設備からの電力だけを運ぶことはできません。

全て送電線で混ざってしまうのです。

そこで原子力発電からの電力も混ざってしまいますから、
原子力発電以外の電力だけを使うことは不可能なのです。

 

しかし原発フリーの電力会社もありますから、
積極的にそのような電力会社を選ぶことはできます。

原発フリーの電力を扱う電力会社を選ぶ目安は、
自社の発電所を持っていることです。

そして、多くの人が原発フリーの電力会社を進んで選択すれば、
原発フリーの電力を使えるようになる事にもつながっていくでしょう。

再生エネルギーだけの電力供給が難しい理由:その2

もう一つ再生エネルギーだけの電力供給が難しい理由としては、
再生エネルギーは自然界の熱をエネルギーとしてつくられた電力なので、
例えば太陽光だと夜の電力供給は難しいとか、天候に左右されやすいなど、
発電量が安定しないという問題点があります。

電気の供給で最も重要なのは、
いつでも同時同量の安定した電力を供給できる事なのです。

 

まだまだ再生エネルギーだけの電力供給には課題があります。

 

再生エネルギーの比率が高い電力会社の選び方!注意すべきポイントは?

[adsense]
電力会社を選ぶ時、エコな電力を使いたいと思っている人は、
再生エネルギー比率が出来るだけ高い電力会社を選びたいと考えますよね。

そこで、再生エネルギーの比率が高い電力会社を選ぶ時の
注意点を紹介しましょう。

注意すべきポイントは2つあります。

 

1.電源構成を見る

電源構成とは、その会社の電気の発電方法を非率で示す方法です。

日本では電源構成比を開示する義務はないので、
どの会社も必ずしも電源構成比を開示している訳ではありません。

しかし、エコを売りにしている電力会社なら、
積極的に電源構成を開示して、電源比率を公表している
でしょうから、
それを見て再生エネルギー比率の高い電力会社を選ぶといいでしょう。

2.CO2排出係数を見る

その会社が発電するときに排出しした、
CO2(二酸化炭素)の値を見てみるといいでしょう。

その値が低いほど、
エコな再生エネルギーを使っている比率が高い
ということになります。

 

それから、数はまだまだ少なくて小規模な電力会社が多いですが、
原子力発電を所有していない電力会社もあり、
そのような会社は自家発電装置による電力を主としていて、
再生エネルギーも多く使っています。

 

FIT電気って再生エネルギー?FIT電気を扱う会社とは?

original update :

 

使用しているエネルギー源を開示している電力会社の中に、
FIT電気」というのを見た事があるでしょう。

このFIT電気とは、どのような電気なのでしょうか?

 

FIT電気とは、以下のような電気の事を言います。

  • 固定価格買い取り制度(FIT制度)によって買い取られた
    太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスの、5つの再生可能エネルギー源を用いて発電された電気

 

固定価格買い取り制度=FIT制度とは?

太陽光・風力・地熱などを用いて発電された電気(FIT電気)を、
一定の価格で買い取ると、国が買い取り価格を保証してくれる制度です。

国は今後、再生エネルギーの割合を増やしていく方針を決めたのですが、
再生エネルギーは従来の電気に比べコストが高いため、
なかなか再生エネルギーでの発電を行おうとする事業者がいません。

そこでより多くの事業者が再生エネルギーでの発電を行えるために、
固定価格を一定期間保証することにしたのです。

 

これによってFIT電気を使用する電力会社がいくつかできてきましたが、
開示された電源構成を見てみると、
FIT電気と太陽光・風力などの再生エネルギーが別表示になっていることに気付くでしょう。

 

  • FIT電気の電源は再生エネルギーなのに、どうして別に分けて書いてあるのか?
  • FIT電気は再生エネルギーではないのか?

 

と、疑問に思いますよね。

FIT電気の電力源はすべて再生エネルギーなので、
その点でいえば「FIT電気=再生エネルギー」ということになります。

 

しかし、太陽光発電・風力発電といった、
再生エネルギーを電力源とする電力を購入する時は、
購入時に自分でお金を支払うので「環境価値がある」とされます。

ですがFIT電気は、すでに私たちすべての国民が、
電気料金の中で再エネ賦課金としてお金を支払っているので、
環境価値のあるものとは別」に位置付けられているのです。

FIT電気はクリーンなエネルギーとされず、
再生エネルギーと表示することができないのです。

 

とてもややこしいのですがFIT電気は電力源は再生エネルギーですが、
環境価値の点からは、再生エネルギーとは言えなくなるのです。

しかし電源は再生エネルギーなのですから、
FIT電気もエコな電気と言えます。

FIT電気を電源としてしようしている代表的な電力会社

では電源構成比を開示している電力会社で、
FIT電気を電源として使用している代表的な電力会社を、
電源比率やサービスと共にいくつか挙げておきます。

FIT電気や再生エネルギー使用の電力会社を捜している方は、
是非選ぶ際の参考になさって下さい。

◎Loop電気

東日本大震災後に設立された電力会社

電源構成:

  • 再生可能エネルギー ⇒ 6%
  • FIT ⇒ 20%
  • その他 ⇒ 44%

◎ミツロウグリーンエネルギー

自社でも風力発電所や太陽光発電所を所有/基本料金が0

電源構成:

  • 再生可能エネルギー及びFIT ⇒ 31.4%
  • LNG(火力) ⇒ 44%
  • 石炭 ⇒ 12%
  • 石油 ⇒ 9%
  • その他 ⇒ 4%

◎ソフトバンクFIT電気プラン

電源構成:

  • FIT ⇒ 57%
  • リサイクル発電 ⇒ 5%
  • その他 ⇒ 38%

◎トドック電気

電源構成:

  • FIT ⇒ 60%
  • その他 ⇒ 40%

◎ENEOS

電源構成:

  • バイオマス ⇒ 31.4%
  • FIT ⇒ 1%
  • LNG(火力) ⇒ 41%
  • 石油 ⇒ 35%
  • その他 ⇒ 12%

◎まちエネ

ローソンの電気会社/ポンタポイントが貯まる

電源構成:

  • バイオマス ⇒ 37%
  • 水力 ⇒ 1%
  • FIT ⇒ 1%

 

まとめ

いかがでしたか?

再生エネルギーとは、以下の条件を満たしたエネルギーです。

 

  • 自然界に存在する熱
  • 資源が枯れず繰り返し使えるもの
  • 地球温暖化の原因となるCO2をほとんど排出しない

 

日本では、太陽熱・風力・水力・太陽熱・その他の自然界に存在する熱・バイオマスが、
再生エネルギーとして認められています。

送られてくる電力は、色々な電力が一つの送電網を通ってくるため混ざってしまうので、
再生エネルギーだけの電力の使用はできないので注意が必要です。

 

再生エネルギー比率の高い電力会社を選ぶときは、
以下の2点をに注目すると、その会社のエコ率が分かります。

  • 電源構成(発電方法)
  • CO2排出係数

 

FIT電気とは、固定価格買い取り制度(FIT制度)によって買取られた
太陽熱・風力・水力・地熱・バイオマスの、
5つの再生エネルギー源を用いて発電された電気の事です。

電力源は全て再生エネルギーですが、
そのままのクリーンな再生エネルギーと区別され、
「FIT電気」と書かなければなりません。

 

今はまだ、再生エネルギーだけをエネルギー源とした
電気の使用には様々な問題がありますが、
エコを考えている人も増えてきて、色々な取り組もされています。

再生エネルギー源だけの電気を使える時が来るのも、
そう遠くはないかもしれません。

【人気記事】業者泣かせの絶対に損しない導入のコツ

【業者泣かせ1】太陽光発電には蓄電池との併用を考えている方必見

太陽光発電のメリットを最大限に生かすには蓄電池との組み合わせがおすすめ!
損をしない為の5ヶ条をまとめました【必見】

【業者泣かせ2】エコキュートやオール電化で絶対に損をしない導入方法がコレ!

業者は利益重視なので、会社が損をする事は教えてくれません。
業者の利幅を減らし、私たちが得をする業者泣かせのエコキュート導入方法がコレ!【必見】