再生可能エネルギー

地熱発電のメリットデメリットとは?地熱発電の特徴はコレ!

地熱発電ってあまり聞かないけど、
資源の乏しい日本では注目されてるんだよね?

でもあまり普及してないのは、なにかデメリットでもあるのかな…

 

 

日本における発電には、石油や石炭、
天然ガスや原子力、そして水力によるもののほかに、
再生可能エネルギーがあります。

再生エネルギーとは、
太陽光発電、風力、そして地熱発電のことをさします。

 

このように発電には様々な方法がありますが、
石油などは限りある資源であり、将来的には枯渇する可能性があります。

また日本は石油や石炭、天然ガスなどの資源を輸入に頼っているため、
純国産、そして資源枯渇の心配のない、
自然エネルギーを利用した発電方法に注目が集まっているのです。

 

しかしまだその供給量は十分なものではなく、
認知度も低いことから、様々な課題が残されている地熱発電。

その仕組み、そしてメリットやデメリットについて情報をまとめました。

 

地熱発電の特徴とは?

Original update by : 写真AC

地熱発電は、火山の地下にある、
マグマの熱エネルギーを利用して発電を行う発電方法です。

 

地上で降った雨が地面に浸透し、
高温のマグマ層に浸透すると、熱で蒸気となります。

この蒸気となった雨が、地下1,000m~3,000m付近にたまります。

この蒸気を取り出して、
発電用のタービンを回し発電する仕組みとなっています。

 

地熱発電には、

  • フラッシュ方式 ・・・ 地下の高温の蒸気をそのまま利用します。
  • バイナリ方式 ・・・ 温泉熱や温水井戸を利用して発電を行います。

 

といった、2つの発電方法があります。

 

フラッシュ方式の場合は、熱水を汲み上げるための生産井と、
発電に使われたあとの水を地下に戻すための還元井という、
2つの井戸を掘る必要があります。

バイナリ方式は、すでにある温泉を利用するので、
そのため熱水を汲み上げる井戸を温泉施設と共用することになります。

 

日本は活火山が多い土地であり、
地球の内部に蓄えられている地熱を利用したこの地熱発電は、
純国産エネルギーとしても注目を集めています。

 

では、この地熱発電のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

地熱発電のメリット(長所)はコレ!

[adsense]
地熱発電のメリットには、

  • 資源枯渇の心配がない
  • CO2を排出しない
  • 天候や季節、昼夜などに影響を受けない
  • 再生可能なエネルギーである

 

ことがあげられます。

 

地熱発電でもっとも優れているのは、その環境性能です。

CO2を排出しないので空気を汚すこともなく、
また、設備による汚染などといった心配もありません。

同じ再生エネルギーである太陽光発電や風力発電と違い、
安定した発電が見込めることも大きなメリットです。

 

特に火山が多くある日本には、適した発電方法といえます。

しかし地熱発電の普及には、まだまだ課題が多くあります。

今度は地熱発電のデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

地熱発電のデメリット(短所)はコレ!

Original update by : 写真AC

 

地熱発電のデメリットには、

  • 発電設備に関わる調査や開発には、時間やコストが多くかかる
  • 地熱利用に適した場所が国立公園や温泉である
  • 国や地元行政の支援が少ない
  • 知名度が低い

 

といったものがあります。

 

地熱発電の候補地は、温泉地や温泉地周辺が多く、
知名度の低い地熱発電の理解が得られない
温泉などの影響が危惧されるといったことがあります。

また、温泉地が国立公園や国定公園などに当たる場合は、
発電所の建設が法律により認められていないと言った現実があります。

何よりも大がかりな建設工事を行うため、
施設自体が景観を損ねてしまうことなどもデメリットといえます。

 

このため、日本の地熱発電は、
地熱の資源量のおおよそ2%程度しか利用されていないのが現実です。

しかし今後の発電の未来を考えると、
地熱発電の必要性はさらに高まっていくとも考えられます。

では、地熱発電をさらに普及させるために必要な課題とは、
一体どのようなものなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

地熱発電の課題とは?

地熱発電が今後拡大、活用されるためには、

  • 地熱発電の必要性などに対する理解を得る
  • 環境保全に影響を及ぼさない工法の開発
  • 開発プロジェクトの立ち上げ、国を上げての支援の必要性への理解

 

などが必要です。

 

地熱発電が温泉地などに及ぼす影響が懸念されるため、
事前調査がまず必要です。

しかしその調査には時間がかかり、
また調査の結果地熱のエネルギーが十分に得られない、
また温泉地に影響を及ぼすと言ったことが判明すれば、
プロジェクトは断念せざるを得ません。

こういったリスクから、
「なかなか開発プロジェクトができない、できても進行しない」
といった厳しい現実もあります。

 

しかし原発の見直しや、石油資源の枯渇など、
日本における発電方法は見直しを迫られています。

地熱発電の必要性を、
地熱発電建設候補地の地元に説明し理解を得ることと共に、
さらに多くの人に伝え理解してもらうことも必要です。

また調査や建設、稼働までに10年以上はかかるプロジェクトとなるため、
国や地元地域の支援も今後求めていくことも課題と言えるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

アメリカ、インドネシアについで日本には地熱の資源量が豊富ですが、
その地熱を利用した地熱発電については、
まだ課題も多く、開発が進んでいないのが現状です。

 

地熱発電には、

  • 資源枯渇の心配がない
  • CO2を排出しない
  • 天候や季節、昼夜などに影響を受けない
  • 再生可能なエネルギーである

 

といったメリットがあると同時に、

 

  • 発電設備に関わる調査や開発には、時間やコストが多くかかる
  • 地熱利用に適した場所が国立公園や温泉である
  • 国や地元行政の支援が少ない
  • 知名度が低い

 

といったデメリットがあります。

 

発電のシステムについては、今災害対策など見直しが図られており、
今後地熱発電の必要性はさらに高まっていくことが考えられます。

地熱発電には事前調査や建設など、
実際に稼働するまでに10年以上必要となるプロジェクトです。

地熱発電のメリットとデメリットを理解した上で、
純国産エネルギーとしてなくてはならない地熱発電への理解を、
さらに広げていくことが必要といえますね。