fbpx

2019年以降に太陽光発電を設置を検討されている方が知らなければ損をする、知ってるだけで得をする最新の太陽光発電の情報をシェアするサイト

太陽光発電メリットデメリットnavi

蓄電池

蓄電池のメリットデメリット|失敗しない導入時の注意点とは?

更新日:

節約主婦

蓄電池を導入する時には、どんな点に注意すれば良い?

蓄電池のメリット・デメリットを教えて!

太陽光発電のガイド

地震や台風、洪水など自然災害が多い日本では、電気を貯めておける蓄電池を導入する方が増えています。

ですが、なんの知識もなく業者の言うままに蓄電池を導入すると、大損をするどころか全く使えないなんてことにもなります。

では、蓄電池をこれから導入するとしたらどんな点に注意すればよいでしょうか?

ここでは、蓄電池のメリットとデメリットと共に、導入時に失敗しない為の注意点を解説していきます。

これから、蓄電池を導入するか考えている方は、この記事を読んで損をしないように知識武装をしてください。

蓄電池のメリットとは?

蓄電池にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

金銭面でのメリットと、環境面でのメリットが考えられます。

  1. 電気代を節約できる
  2. 電気代の値上げに対抗できる
  3. 太陽光発電に適している
  4. ピークカット・ピークシフトに役立つ
  5. 停電時のバックアップ電源として使える

 

一つ一つ見ていきましょう。

蓄電池のメリット1.電気代を節約できる

蓄電池の導入を検討している方の一番の関心事だと思います。

夜11時から朝7時までの、
電気代の安い時間帯に蓄電池に電気を蓄えておき、
日中の電気代の高い時間にその電気を使うことが出来れば、
毎月の電気代を確実に節約することができます。

平均で25%程安くなるという試算も出ています。

蓄電池のメリット2.電気代の値上げに対抗できる

電気料金明細書に、
再エネ発電賦課金等」という項目があるのをご存知ですか?

これは、再生可能エネルギーで発電された電気を、
電力会社が買い取るために消費者から集めるお金です。

太陽光発電などの再生可能エネルギーが増えれば増えるほど、
電気代に上乗せされていくのです。

ですから、今後も確実に電気代は上がっていくと考えられます。

その際に、蓄電池を設置している家庭では、
夜の安い電気を蓄えることが出来るので、値上げにも慌てず対抗できるのです。

蓄電池のメリット3.太陽光発電に適している

太陽光発電は日中、
太陽が出ている間しか発電することが出来ません。

その日中の電気を蓄えて、夜に使うこともできます。

太陽光発電で作った電気は、
家で使わずに売電した方がお得なのですが、
それは固定買取制度が続いている最初の10年間だけです。

それ以降は、売電価格と買電価格を比較して、
売電<買電になってしまった場合は、
売電せずに全て自宅で使った方がお得になるのです。

蓄電池のメリット4.ピークカット・ピークシフトに役立つ

「真夏の猛暑日に電力が不足するかも!」
というニュースをよく耳にするようになりました。

日中のピークになる時間帯に
蓄電池に貯めておいた電気を使用することが出来たら、
電力問題を一気に解決することが出来ます。

化石燃料を減らすことにも繋がり、
環境にも非常に良い影響を与えます。

蓄電池のメリット5.停電時のバックアップ電源として使える

停電時や災害時に、貯めておいた電気を使用することが出来るので、
冷蔵庫や照明などを12~18時間稼働させることが出来ます。

太陽光発電と一緒に導入すれば、稼働時間を更に伸ばせます。

蓄電池のデメリットとは?

メリットを見るとすぐにでも導入したくなりますが、
デメリットとしてはどんな点が挙げられるのでしょうか。

  1. 価格が高い
  2. 劣化する
  3. 設置スペースが必要
  4. 電気ロンダリング発生のリスク

詳しく見ていきましょう。

蓄電池のデメリット1.価格が高い

蓄電できる容量やスペックによって金額に幅があります。

補助金が活用出来たとしても、
工事費や諸費用込みで80万円~160万円くらいと、
蓄電池の価格はまだまだ高いのが現状です。

月々5000円ずつ電気代を節約できたとしても、1年で6万円。

10年以内に元が取れることはないのです。

蓄電池のデメリット2.劣化する

家庭用の蓄電池は、
車のバッテリーやスマホの充電器と同じ仕組みで出来ています。

使い続けていると寿命が来てしまうのです。

メーカーにより違いがありますが、想定寿命は10年前後のことが多いです。

蓄電池のデメリット3.設置スペースが必要

蓄電池は意外と大きいです。

小型の本棚くらいの大きさの物をどこに置くのか、
設置スペースが無いと導入自体が難しくなってきます。

蓄電池のデメリット4.電気ロンダリング発生のリスク

太陽光発電システムと一緒に導入する場合に考えられるデメリットです。

電気ロンダリングとは、夜間の安い時間帯に蓄えた電気を、
日中太陽光発電で発電した余剰電力と一緒に売電することです。

太陽光発電での売電価格は、
高い金額で設定されていますので(2017年は30円)、
夜間の安い電気代(約13円)との差額がまるまる儲けになってしまうのです。

このような電気ロンダリングは「不正行為」とみなされます。

蓄電池を導入する時の注意点とは?

上記のメリット・デメリットを踏まえて、
蓄電池を導入する際にはどんな点に注意したら良いでしょうか。

一番肝心なのが、

「購入費用を回収できるかどうか?」

ということです。

では今後、蓄電池はどうなっていくのでしょうか?

蓄電池の今後の価格推移はどうなる?

蓄電池の導入で失敗しないためには、導入時の価格がポイントになってきます。

販売当時は300万円を超えていた蓄電池が、今では200万円を切ってきたように、
価格が下がってきている事は確かです。

では今後、蓄電池の価格は今後どのように推移していくのでしょうか。

 

平成28年9月14日に、資源エネルギー庁 新エネルギーシステム課が出した、
「定置用蓄電池の目標価格設定」という資料に次のような1文があります。

  • 家庭用蓄電池については、
    2015年度実績 約22万円 / kWhから、2020年度9万円 / kWh以下を目指す。

そして令和元年の資料には、2040年には約2万円/kWhまで低減すると予測されています。

国は約5年で、1kWhの価格を半額以下にすることを目指して各メーカーに働きかけ、さらに低コストを目指して方針を立てています。

太陽光発電システムが国主導で年々価格を下げてきたように、
家庭用蓄電池も今後価格は下がっていくとみられています。

蓄電池は太陽光発電と組み合わせるとお得なの?

家庭用蓄電池は「太陽光発電システムと相性が良い」と言われています。

それは何故かというと、高価格である家庭用蓄電池も、
太陽光発電と同時に導入することによって、
13年~15年で初期費用の回収が出来ると言われているからです。

 

他にも次のような理由から、太陽光発電との組み合わせはお勧めです。

  1. 太陽光発電で発電した電気を蓄えて、夜使用する
  2. 電気の自給自足を目指せる

 

1.太陽光発電で発電した電気を蓄電池で蓄えて、夜使用する

夜間の安い電気を蓄えるだけでなく、日中、
太陽光発電システムで発電した電気を蓄えることも可能です。

太陽光発電で発電した電気は、
電力会社に売電して収入を得ることが出来ます。

ですが、そのメリットを大いに享受できるのも
固定買取制度」が続く最初の10年間だけでしょう。

その制度が終了した10年後以降は、
売電価格が大幅に下がることが予想されています。

売電価格と買電価格を比較して、売電<買電になってしまった場合は、
売電せずに、夜間、自宅で使った方がお得になるのです。

2.太陽光発電と蓄電池の組み合わせで電気の自給自足を目指せる

災害時や停電時には、
太陽光発電のパワーコンディショナーを自立運転モードに切り替えます。

天候の悪い時以外は、昼夜を問わず電気を使うことが出来るようになりますので、
長期間停電になっても安心です。

2020年の蓄電池の設置は損?お得?

では、気になる、

「2020年に家庭用蓄電池を設置するのは得なのか?損なのか?」

ということですが、実は2020年は革命的な年になることが予想されています。

 

そのきっかけとなるのが、アメリカのテスラ社(テスラモーターズ)です。

2017年春から日本市場で、
市場価格の3分の1以下の低価格蓄電池を投入しました。

販売も、自社のネット販売のみというモデルを採るので、
既存のメーカーや販売店からみれば脅威的な存在となるでしょう。

このテスラ社に追随する形で、
日本の各メーカーも技術革新し、価格を下げています。

 

「では、2020年は購入を見送って、もう少し待った方が良いのか?」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、導入の初期費用が下がってくると、
太陽光発電システムのように国からの補助金が打ち切りになる事が考えられます。

電気代自体は今後ますます値上がりすることが予想されますので、
2020年に導入することが、損だとは言い切れません。

特に、新築やリフォームのタイミングで導入を検討している方は、
工事費などが節約されることを考えれば、導入を躊躇うことはないと思います。

蓄電池をお得に導入するためにやるべき事とは?

蓄電池をお得に導入するには、下記のポイントを必ず実施しましょう。

  • 見積もりは必ず複数の業者から取ること
  • どのくらいで導入費用を回収できるか計算すること

 

この2点は、最低限でも押さえておきましょう。

複数の見積もりを取ることで、費用が数十万も浮くことがあります。

ぜひめんどくさがらずに、相見積もりを取るようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

蓄電池のメリットとして、

  • 電気代を節約できる
  • 電気代の値上げに対抗できる
  • 太陽光発電に適している
  • ピークカット・ピークシフトに役立つ
  • 停電時のバックアップ電源として使える

 

などが挙げられます。

しかしデメリットとして、

  • 価格が高い
  • 劣化する
  • 設置スペースが必要
  • 電気ロンダリング発生のリスク

 

なども挙げられます。

 

毎月の電気代は確かに節約できますが、
導入コストを回収することは困難であることを認識しましょう。

その上で、導入を検討する場合は、

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 導入コストを回収するのに何年掛かるのかしっかり計算する

 

この2点は絶対に忘れないようにしましょう。

よく読まれている記事

太陽光発電の設置費用 1

太陽光発電の設置費用はどのくらいかかるの? それを回収するにはどんなことに気を付けるべき? 太陽光発電の導入を考え始める人が増えています。 しかし知識のない状態から、いきなり導入するのは不安ですよね。 ...

太陽光発電 損 2

太陽光発電で損をしたと後悔している方の傾向 太陽光発電で損したという後悔ブログや知恵袋の失敗事例などの相談をチェックすると、 太陽光発電で損をするケースのパターンがわかります。 太陽光発電で損をしたと ...

-蓄電池

Copyright© 太陽光発電メリットデメリットnavi , 2020 All Rights Reserved.