太陽光発電の基礎知識

太陽電池と太陽光発電の違いはコレ!意外なメリット・デメリット!

更新日:

太陽光発電って太陽電池とは違うの?

ソーラーパネルとかモジュールとか、
様々な言葉があって良く分からない・・・

 

 

太陽光発電について調べていると、太陽光電池やソーラーパネルなどは、
似ているようで意味の異なる単語が入ってくると思います。

それがいくつも入ってくると混乱して、
大元の太陽光発電とは何なのかを理解するのも難しくなってしまいますよね。

 

そこで、太陽電池と太陽光発電のそれぞれの特徴と違いを取り上げて、
しっかりと違いを理解しておきましょう。

 

太陽電池の特徴!メリット・デメリットとは?

Original update by:acworks

 

太陽電池は太陽光発電システムの中でも中心になっている部品です。

太陽電池は太陽の光エネルギーを吸収して、
直接電気に変えるエネルギー変換素子です。

シリコンなどの半導体で作られていて、
この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電します。

電池という名前ですが、「電気を溜める機能」は持っていません。

〇メリット

太陽電池はとにかく種類が多いです。

シリコン系・化合物系・有機系・量子ドット・集光型など、
あらゆるものに対応しています。

地球上に届く太陽エネルギーを電気に変える力を持っているので、
オイルショックを機に代替エネルギーとして注目されてきました。

地球の環境問題の観点からも必要性が高まり、開発が進んでいます。

その開発の進化の結果が太陽光発電です。

 

太陽をエネルギー源として使用するので、
石油などの化石燃料で起きていたデメリットをカバーします。

例えば、燃焼によってCO2などの温室効果ガスを発生させません。

太陽電池は腕時計、電卓、街路灯、宇宙ステーションに至るまで、
様々な分野で利用されている最もクリーンなエネルギーなのです。

 

同じように見えても種類が豊富なので、
やはりそれぞれに性能や特質が異なります。

大きく分別すると「シリコン系」と「化合物系」の2つになります。

住宅用、産業用を問わず最も広く用いられているのが、
単結晶シリコンと多結晶シリコンの2種類です。

発電効率の高い単結晶化合物は、
高価で、人工衛星など特殊用途で用いられています。

身近な所に使われることも多い太陽電池は、
今では生活に欠かせないものとなっています。

〇デメリット

太陽電池という名前の通り、太陽が出ていないと使い物になりません。

太陽電池には電池でありながら、
電気を溜めておくという機能がないのは大きなデメリットです。

夜に太陽がないのは当たり前ですが、
太陽電池を日々の生活に使うとなると季節によって不便なのは否めません。

冬の日没から日の出までは、長い日で12時間近くはあります。

それは1日の半分は太陽がないことを意味し、
太陽電池が可動できないということになるのです。

 

電気を溜めることができないことが、太陽電池の1番のデメリットです。

他にも太陽電池は単体では使うことができないというデメリットもあります。

あくまで時計や街灯などの部品の一部になることで、その力を発揮します。

太陽光電池だけを持っていても役に立たない、といえるのです。

 

太陽光発電の特徴!メリット・デメリットとは?

スポンサーリンク

太陽光発電はその名の通り、太陽電池を利用して、
太陽のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式を指します。

太陽電池が並べられたソーラーパネルを、
屋根などに設置するのが主流です。

パネルが太陽から受けたエネルギーを、
家庭で使用することのできる電気に変換して使います。

〇メリット

太陽光発電のメリットは、太陽光で発電した電力を、
家庭での電力として使うことで電気代を節約できることです。

また、使わなかった電力を、
売電という形で電力会社に買い取ってもらうことができるので、
低いリスクで安定した収益が見込めます。

 

また、石油や石炭などの化石燃料は焼却する時に、
地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出にもつながっています。

太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を排出しないシステムなので、
自然環境にも優しいエネルギーと言われています。

 

また太陽がある限り、そのエネルギーを活用することができるので、
深刻化する資源エネルギー問題の解決に、
有力な答えのひとつとなり得るとされています。

最近では地震災害などの発生時に太陽光発電システムが見直されています。

特に高齢者や小さい子供がいる家庭では、電気は欠かせないものです。

そんな、いざという時にも活躍してくれるのが太陽光発電なのです。

〇デメリット

メリットがある反面、もちろんデメリットもあります。

1番のリスクは日照時間が低下した場合の太陽光不足の部分です。

20年間という長期間にわたって、
収益のシミュレーションを行った上で投資物件を判断しますが、
その時に使用した日照時間が変わってしまうと利回りが悪くなってしまいます。

太陽の光を原料としているので、台風が多い、雪が多いなど、
場合によっては日照時間を確保できないケースも出てくるのです。

ソーラーパネルの劣化により発電量が落ちたり、
パネルが自然災害により壊れてしまうなどの予期せぬリスクも考えられます。

そして、太陽光発電の仕組みが複雑で分かりにくいというのもデメリット。

業者に説明を受けても良く分からない、
理解できないという人の方が多いのではないでしょうか。

 

太陽電池と太陽光発電の違い比較一覧!

Original update by:はなたれ君

 

太陽電池と太陽光発電は、似ているようで異なるものです。

混乱しないように、ここで違いを一覧にしましたので参考にしてください。

 

太陽光電池 太陽光発電
単体で使うことはできない 単体で使うことができる
あくまで太陽光発電の一部 太陽光発電そのもの
種類が多い 種類は少ない
太陽エネルギーを直接電気に変える 太陽のエネルギーを直接的に電力に変換する
エネルギー変換素子 エネルギー発電方式
管理に手間がかかる 管理に手間がかからない
消耗品なので取り換えが必要 基本的に一度の設置で生涯使える
構造や仕組みがシンプル 構造や仕組みが複雑
様々なものに適応できる 太陽光発電としてしか対応できない

 

太陽電池はあくまで、太陽光発電を活用するための一つの部品にすぎません。

ややこしい言葉に惑わされないように、しっかりと覚えておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

太陽電池と太陽光発電は確実に異なるものです。

太陽光電池は太陽光発電の中の部品の一部であり、
なくてはならない重要なものです。

 

大きな違いとしては…

  • 太陽電池は単体では使用できない。何かの部品であること
  • 太陽光発電は太陽電池を含めてシステムそのものをさす
  • 構造や仕組みは太陽光発電の方が圧倒的に複雑

 

どちらにもメリット・デメリットがあります。

心配な場合は、どちらにも対応できる施工業者を探してみましょう。

-太陽光発電の基礎知識

Copyright© 太陽光発電メリットデメリットnavi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.