オール電化について

オール電化住宅のメリットデメリットとは?欠点を克服する方法は?

オール電化にする家が増えているみたいだけれどお得なの?

オール電化のメリットデメリットを知りたい!

 

 

引越しや家の建て替えなど、家に関する相談をすると、
話題になるのがオール電化住宅です。

「今やオール電化が当たり前!」
というような言い方をする不動産もありますよね。

しかしオール電化住宅と言われても、
いいことばかりではないだろうと疑う点もあります。

そもそもオール電化住宅とは、
どこが良くて、どこが良くないのかわからないという人も多いでしょう。

 

そこで、オール電化住宅のメリットやデメリットを知ったうえで、
欠点を克服する方法までまとめてみました。

 

オール電化住宅とは?

Original update by:紺色らいおん

 

「オール電化住宅」という言葉は知っているけれど、
実際にどういうものをいうのでしょうか。

 〇オール電化住宅とは

 調理・空調・電気・給湯などの熱源を、全て「電気」で賄っている住宅のことをいいます。

 

 

オール電化住宅の大きな特徴は、
安い夜間電力を利用して蓄熱暖房機で蓄熱をしたり、
エコキュートや電気温水器でお湯を作ることができるという点です。

 

それにより、光熱費の大部分を占めるお湯にかかる費用や、
暖房費を安く済ませることができます。

ガスを使わないので、キッチンではIHコンロを使用します。

 

オール電化向けの電気料金プランは、
夜間の電気代が割安に、日中の電気代が割高に設定されています。

オール電化向けのプランはいくつかあり、
プランによって日中の時間帯別の電気の単価が異なる仕組みです。

その中から、「家庭に1番最適な電気料金プラン」を選んで契約することになります。

 

オール電化住宅のメリットとは?

[adsense]
オール電化住宅にした場合のメリットを見ていきましょう。

ガス代がかからない

これが1番大きなメリットと言える部分です。

オール電化住宅はすべてを電気でまかなうので、
ガス代はもちろん、基本使用料もかかりません。

しかもオール電化は、
電気代が安くなる深夜電力を利用するので電気代もお得になります。

  • 電気の単価がガスよりも安くなる夜間にお湯を沸かすエコキュートを使用
  • 夜間に沸かしたお湯をタンクにためてそのお湯を日中に使用

 

そうすることで、大幅な節約が可能になっているのです。

また、基本使用料を1本化できるのも嬉しいですね。

ガス併用住宅の場合は、ガス・電気それぞれに基本使用料がかかります。

オール電化の場合は電気の基本使用料のみとなるので、
基本使用料を一本化できるぶん節約ができます。

震災の際も復旧が早い

地震などの災害の場合に、
電気・ガス・水道の中では電気の復旧が1番早いとされています。

オール電化住宅で使用することになるエコキュートや、
電気温水器の中には貯水タンクがあり、その水を災害時に利用できます。

災害時には給湯器で貯めた水やお湯を、
生活用水として利用できるというメリットがあるのです。

もっというと、ガスよりも火災に対する安全性が高いです。

IHクッキングヒーターは炎が発生しないため、
衣類などへの着火事故が減らせます。

ガスの場合は室内に二酸化炭素を増加させていましたが、
IHクッキングヒーターは室内空気を汚しません。

 

オール電化住宅のデメリットとは?

Original update by:kotoM

 

オール電化住宅にした場合、いくつかのデメリットも発生します。

昼間の電気代が高くなる

オール電化向けの電気料金プランは、夜間の電気の単価が安く設定されている分、
日中の電気の単価が割高に設定されています。

そのため、夜間に使うエコキュートや、
蓄熱暖房機にかかる電気代は安く抑えられますが、
日中に行う調理や家事、テレビやドライヤーなどの家電、
夏場の日中の冷房などにかかる電気代は割高になるのです。

暖房に関しても、蓄熱暖房機は夜間の安い単価が適用されますが、
床暖房やエアコンの暖房などには日中の割高の単価が適用されます。

昼間に電気を使うことが多い家庭では、
デメリットが多くなってしまう可能性があるのです。

設置コストが高額

オール家電住宅にした場合に必要になるエコキュートや蓄熱暖房機は、
本体費用プラス工事費用がかかるため、設置コストが多くかかります。

例えばエコキュートの場合、本体のほかに、
基礎工事費用、水道関連工事費用、電気工事費用というように、
初めに導入する際の費用が多くかかるのが特徴です。

また、エコキュートや蓄熱暖房機などは大きさも重さもあるので、
設置場所の確保、設置場所の補強が必要になることも考慮しなければいけません。

 

オール電化住宅の欠点を克服する方法は?

オール電化住宅といっても、良い部分と悪い部分があります。

デメリットに上げられていた欠点を克服するには、
どんなことに注意すればよいのでしょうか。

安い深夜電力を上手に利用する

オール電化住宅のメリットである、安い深夜電力が適用される
エコキュートや蓄熱暖房機の設定をきちんとすることが大切です。

エコキュートや蓄熱暖房機は、前日に、
翌日分の不足や余分がないよう設定します。

不足があった場合は日中に炊き増しをしなければいけないので、
日中の割高な単価が適用されてしまい、電気代が高くついてしまいます。

安い深夜電力の適用される時間帯を上手に利用して、
タイマーなどが使える家電は単価の安い時間帯に回すように設定すると、
より電気代を安く抑えることができます。

朝の炊飯、洗濯乾燥、食器洗浄など、
タイマーを使える家電の時間帯を安い時間帯にずらして使うと良いでしょう。

最適な電気料金プランを選ぶ

オール電化住宅向けの電気料金プランは、
1種類しかないというわけではありません。

いくつかの種類があり、
それぞれ日中の時間帯別に設定されている電気の単価が異なります。

そのプランの中から、
自分の家庭に1番最適な料金プランを選ぶことも重要です。

オール電化のプランは、
どれも夜間の単価が割安な分、日中の単価が割高に設定されます。

だからこそ、過程で1番電気を使う時間帯と、
プランごとの日中の時間帯別単価をしっかり照らし合わせて、
1番お得に使えるプランを選んでいくようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

オール電化住宅はパッと聞くと良い響きですが、
実際には、メリットもデメリットも同じくらいあります。

大切なのは、
その家庭にあった電気の使い方に合っているかを見極めることです。

 

オール電化住宅のメリットデメリットのポイントは・・・

  • 安い深夜の電気料金を使用することで電気代を抑えられるが、
    プランとしては日中の電気代が割高になる
  • 上手に使えば電気代を大幅に安くできるが、初期設定のコストは高額
  • 上手に使うためにあらかじめ、家庭に合った電気料金プランを見極める必要がある

 

ガスコンロからIHコンロになることで、
使いやすい、使いにくいなどの意見も分かれます。

まずは、オール電化住宅にした時のイメージを明確に持つことから始めましょう。